ファームさきくませ -くりやまさん家のコシヒカリ-

千葉県四街道市でコシヒカリを作っている水稲専業農家です。 日々のことを書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

北海道

北海道馬紀行

週末は天気が悪かったですね。
田んぼにも水たまりが出来ており、トラクターで入るのには勇気が必要。というか、しばらくはトラクター作業はお休み。なので、事務作業だったり畦周り の修繕や草刈りを頑張ろうと思っております。

さて、先日の北海道行きについて、もう少し書きます。
ボクは実は馬が好きです。


色々と思い悩むことがあった時。
土砂降りの日曜日。
息をするのさえも面倒で鬱々としていた、そんなある日。

ほの暗い居間でテレビの明かりだけが煌々とともる午後。
画面には雨に濡れる競馬場。
その中に、負けたことが無い馬が映っていました。

でも、その馬は

 血統が良くない
 体型が良くない

そう口にされ、血統も出自も良い他の馬が人気になっていました。

ボクも、

 あぁ、きっとこの馬は負けてしまうんだ。
 競馬って言うのは残酷な物だな。
 努力に意味なんて有るのだろうか。

そんなことを暗い中でごろりと転がって、ぼんやりと思い浮かべていました。

そして、レースがスタートしました。
良くないと言われた栗毛の馬が後続を従えてスタートを切ります。
雨に煙る中山競馬場。
いつか捕まる。
しかし、そういった周囲の評価をあざ笑うかのように、その馬は止まりませんでした。
後続を突き放し決勝線を駆け抜けた時、ボクの身体は起きていました。

 もしかすると、ボクは大きな勘違いをしていたのかもしれない。
 周囲の評価なんて絶対では無い。
 事実はそんな評価とは異なるところにある。
 それにも関わらず、自分がその声に従ってどうなるものか。

それからですね、紆余曲折を経ながら自分の生き方を模索しました。
で、気がついたら今ここにいるわけです。

 もし、あの時あの馬に会わなかったら。
 果たして今を生きていることが出来たのだろうか。
 そう思うと今でもぞっとします。 
 
出会いって本当に奇跡みたいな物です。
というわけで、今回久しぶりにその馬に会ってきました。

北海道の馬農家も随分減ったそうで、今では最盛期の4割程度とのこと。
確かに、チラチラと荒れた牧草地が見えもします。

さて、まず 競走馬のふるさと案内所 へ架電。
その後、牧場へ直接連絡してアポイントをとります。
牧場によって、見学方法が違うので、必ず 競走馬のふるさと案内所 へ連絡する必要があります。

そして、青空の下に生える栗毛の馬がいました♪

IMG_1296


もちろん、彼には 

 ありがとう

と小さく声をかけました。

IMG_1293


でも、のんびり草を食んでいるばかりで牛みたいな馬だなと再確認^^;
現在は専用厩舎に住まわれており、道路沿いの放牧地は彼のための専用だそうです。
経済動物故に、引退後寿命を全うすることがなかなか出来ない馬の世界。
その世界で、彼が悠々自適の時を過ごせるのは奇跡みたいな物なんだよなとしみじみ。


IMG_1300



なお、もうお爺ちゃん馬になっているのであばらも浮いていましたが、それでも手入れをして貰っていることがよくわかります。
彼専用の厩舎にはノートが置かれていて、多くの人が彼のもとを訪れていることが伺えました。
これはファンとしてはとっても嬉しいことです。


で、その後は新冠まで足を伸ばします。
優駿スタリオンステーションでは、ナリタブライアンとオグリキャップのお墓参り。
その脇にマヤノトップガンが佇んでいます。

その後は、馬に乗ってきました。
うかがったのは新冠ホロシリ乗馬クラブ
初心者でも外乗りが出来て、自然の中を馬と行くのはとても素晴らしいです。

初心者の方なら50分のコースで7500円。
なお、経験者になると100分でも15500円くらいと非常にリーズナブル。

供用馬も

ナリタセンチュリー  京都大賞典優勝
クーリンガー 平安ステークス優勝
フォーカルポイント 京阪杯優勝
メイショウトウコン 東海ステークス優勝

と競馬ファンの方には おっ! と思わせるのでは無いでしょうか。
なおクーリンガーは白毛の馬体もあいまってとても人気があるとか。

なお、ボクは久しぶりだったので、駈足をだせないは、軽速歩さえもままならないはと惨憺たる有様。
それでも、最後の方には山中を駈足で進むことも出来てとても楽しかった。
やっぱり馬は本当に素晴らしい!

ボクも彼らに負けないように頑張って行きます!

IMG_1313

※笑顔がだらしなくなっているのはご愛敬です。
※キタサンキングオー




1992年:スプリングステークスGⅡ(中山 芝1800m 重)

 

ミホノブルボン 栗毛 牡 1989年生
8戦7勝2着1回
東京優駿(日本ダービー) 優勝
皐月賞 優勝
朝日杯3歳ステークス 優勝


 

青春☆こんぶ

ところで、先ほどのエントリーに記載した、お世話になった方は北海道の えりも に住んでいます。 

えりもと言えば、、あの森進一の歌がずっと流れていると言われている襟裳岬が有名です。

が、もう今では

 森進一では観光客を呼び込めない 

ということで、岬に行っても森進一の歌声は流れては来ません。
そして、今あの風の吹きすさぶ襟裳岬には、なんと萌えキャラが登場しています。


konbutake3

 株式会社藤田昆布加工場

 
なんでも 青春☆こんぶ という名前で展開しているそうで、今年の春には幕張のイベントでブースを設けたそうです。

cmksp

 株式会社藤田昆布加工場


このイラストを描いている人の人気が出れば、

 聖地巡礼で観光客アップ!

狙えるとかで、果たしてどうなるのかはわかりませんが、かなり攻めています。
たしかに5年前に帰った際に、もちろん気がついてはいました。

WP_20151102_10_04_57_Pro


えりも風の館内にある等身大イラスト


こういうの色物と言えば色物なんですが、それでも

 なんでも利用してやろう

という姿勢はとても好きです。
どんなことを言われても、どんなに後ろ指を指されたとしても、それで目的が達成出来るのなら悪いことをしているわけじゃ無いんだから良いじゃない♪
そして、どんな形でもいいから えりも や 日高 に光が当たることを強く願っています。

さて、次回はウマのことを書きます。


 

お世話になった方に会ってきました

先日、このブログの最初のエントリーに取り上げた お世話になった方 に会ってきました。

最後にお会いしたのが5年前。
久しぶり感はあんまり無かったのですが、風景はほとんど変わっていなかったのですが、それでも色々なことが変わっていました。
それらを目にするにつけ

 もしかしたらボクも随分変わっているのかもしれない。

そうハッとしました。
以前は馬の生産をしており地方競馬で大活躍したダイコウガルダン(※)を送り出しています。

※1990年、1991年の地方競馬年度代表得馬

曰く

 他の馬がバテるところを3周してもケロリとしてるんだ。
 あんな馬いないな。

と話されていたのを思い出すと、なんだか嬉しくなりますね。

しかし、息子が大学を卒業し帰ってくるにあたり馬をやめ牛一本にしたそうです。
ダイコウガルダンが駆けた調教コースに牛が草を食んでいるシーンは少し寂しいというのが本音

ですが、TPPをチャンスと捉えるなど後ろなぞ振り返らないその姿は、本当に色々なことを教えてくれます。

お話をする時間はそれ程無かったのですが、お会いすることが出来て本当に嬉しかった。
おかげで、随分と気が抜けていた自分にムチをシッカリと入れることが出来ました。

5年の節目には色々なことがありましたが、その節目にしっかりと自分の向かうべき先を再度意識することが出来たと思います。


 
ブログランキング
ブログ村
  • ライブドアブログ