ファームさきくませ -くりやまさん家のコシヒカリ-

千葉県四街道市でコシヒカリを作っている水稲専業農家です。 日々のことを書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

動力散布器

秘密兵器投入


今日は、休耕明けの田んぼに除草剤を撒いていました。

恥ずかしながら畦がシッカリしていないので、水が抜けることもあったためこんな状態です^^;

WP_20150628_17_50_53_Pro


もう、雑草だらけで恥ずかしいのですが、ここで

 アキラメ、ダメ、ゼッタイ

なわけで、ヒエ以外にも効果のある液剤 クリンチャーバスME を散布しました。
希釈倍率100倍での動力噴霧器を利用しての散布。
先日までの手動蓄圧式噴霧器に比べて楽に、多くの量を噴霧出来たのでずっと良く効くのでは無いかと虎視眈々出あります。


それから、昨日のエントリーで今日は 

 秘密兵器を投入する

と書いていたのですが、その秘密兵器を利用して肥料散布を行ってきました。
まぁただの動力散布機のことなのですが、それでも手で蒔くに比べれば非常に楽チンなわけです。


WP_20150628_13_15_58_Pro


近所の爺さんが

 使ってみるか?

と声を掛けてくれ、ちょっと修理をして肥料散布をしました。
で、感想としては

 すっごい楽チン

20mくらい飛んでいくので田んぼの中にわざわざ入る必要がないのはとても嬉しいです。
が、肥料を入れておく容積が少なく、また散布量が少ないので思いの外時間がかかります。
圃場10aに対して肥料20kgを散布するとなると、すくなくとも肥料の補給を2回はしないとなりません。
これよりも一回り大きく、エンジンサイズも大きいモノになればその辺りは解決すると思いますが、お値段が張るのでなかなか購入するのも悩みどころです。

なお、除草剤などの粉剤散布は写真のモノで問題なくバンバン蒔くことが出来ると思います。


今回利用したのはこちら。
10万円は・・・やっぱりちょっと高いっす^^;


で、自分の欲しいのはエンジンが大きくなり、肥料容量も大きいこちら。
でも、やっぱり高いっす^^;

ほしいもの一杯



田植えが終わり早2週間。

てか、そんな最近まで田植えやっていたんだと思うとちょっと複雑な心境。

今年は急激に増えたので仕方が無いのかとも思うのですが、先輩農家と話していたら一気に6ha増えたことがあると話していました。
果たして来年以降どうなるのか戦々恐々としています。

が、恐れているだけではどうしようもないので、装備更新を現在検討しています。

トラクターと田植機。

もちろん、今年と同程度の規模では装備更新も出来ないので、規模の方もさらに拡大しようと考えています。手伝ってくれる人も少しですが見つかってきているので、来年へ向けて色々と頭を悩ませています。


まぁ、直近で考えているのは、そんな中でもお安い背負式の動力散布器




今後、除草剤やら肥料やらを撒く必要がまだまだあるのですが、現在は田んぼの中に入って手動散布器で蒔いています。思いの外遠くまで撒けるのですが、やっぱり大変。
1haほど除草剤を撒いてまわったときは、身体が動かなくなるのでは無いかと心配しました。

動力散布器なら10a程度なら畦から撒くことが出来て、田んぼの中に入らなくて済むのはとても楽チンです。一度使ったことがあるのですが、重いのは応えますが、こんなに薬剤を撒くのが楽なのかとビックリしたことを思い出します。


そんなこんなと、色々と考えていたのですが、こんなアイテムがありました。

農薬散布用の大型ドローン

確かに、農薬散布で色々と頭が痛い思いをしているので、空を飛んで薬剤散布が出来るととても楽です。
もちろん、ラジコンヘリコプターという選択肢もありますが、かなり扱いが難しくかつ高額(1000万円程度)ということもあり現実的ではありません。

一方でドローンは低価格で操作が簡単。
機種によってはGPSでの自動操縦もできるとか。

とはいえ、値段は100万円程度とかなりラジコンヘリに比べれば低価格ですが、やっぱり高額です。
それに散布量がたったの10kg程度というのはネックです。

先日の農業新聞の記事ではJAXAが開発をしているとのこと。

欲しいなと思っていますが、実際に手に入れるのはまだまだ先のことになりそうです。
というわけで、ドローン規制はあまり厳しいモノにはなって欲しくはありません。


ブログランキング
ブログ村
  • ライブドアブログ