ファームさきくませ -くりやまさん家のコシヒカリ-

千葉県四街道市でコシヒカリを作っている水稲専業農家です。 日々のことを書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

食糧需給

【備忘録】2019/8 食糧需給の動き(出所:米国農務省)

備忘録として、世界の穀物需給についてアナウンスをしています。

全体の需給見通しは「生産量は消費量を下回る見込み」。


出所:農林水産省大臣官房食料安全保障課国際需給動向把握担当

   米国農務省、8月12日(現地時間)
   2019/20年度の4回目の世界及び主要国の穀物・大豆に関する需給見通し


2019/20年度の穀物の生産量は消費量を下回る見込み
※現時点では、南半球では未だ作付作業が始まっていないため、
 本報告は極めて暫定的なものである。

世界の穀物全体の需給の概要(見込み)
(1)生産量   26億6,478万トン(対前年度比 1.5%
(2)消費量   26億7,019万トン(対前年度比 1.3%増)
(3)期末在庫量 7億9,639万トン(対前年度比 0.7%
(4)期末在庫率 29.8%(対前年度差 0.6ポイント減)

 
《主な品目別の動向》
 
〈小麦〉
 世界の生産量は、6月以降の高温・乾燥等によりトルコ、EU、ロシア等で下方修正されるも、米国で単収の上方修正により生産量が前年度を上回ることから増産となる見通し。
 世界の生産量は消費量を上回り、期末在庫量は前年度より増加する見通し。

(1)生産量 7億6,807万トン(対前年度比 5.1%
EU、ウクライナ、豪州、米国等で増加
(2)消費量 7億5,816万トン(対前年度比 3.0%
EU、中国、インド、米国等で増加
(3)期末在庫量 2億8,540万トン(対前年度比 3.6%
中国インド等で増加
(4)期末在庫率 37.6%(対前年度差 0.2ポイント


〈とうもろこし〉
 世界の生産量は、ウクライナで天候に恵まれ史上最高の生産量となるものの、米国での減産
等から前年度を下回る見通し。なお、米国では8月の面積調査において収穫面積で下方修正されたが単収で上方修正されたため、生産量は上方修正された。世界の消費量は前年度より減少する見通し。
 世界の生産量が消費量を下回ることから期末在庫は減少する見通し。なお、米国では、生産量の上方修正により期末在庫量は上方修正され、期末在庫率は 15.4%となる見通し。

(1)生産量 11億824万トン(対前年度比 1.3%
南ア等で増加、米国、中国等で減少
 (前月に比べ、ウクライナで上方修正)
(2)消費量 11億2,909万トン(対前年度比  0.4%
中国、ブラジル等で増加、EU等で減少
 (前月に比べ、中国で下方修正)
(3)期末在庫量 3億772万トン(対前年度比 6.3%減)
・中国、米国で減少
(前月に比べ米国、中国で上方修正)
(4)期末在庫率 27.3%(対前年度差 1.7ポイント減)

〈米(精米)〉
 世界の生産量は、中国で作付面積の減少等から前年度より減少する見通し。
 世界の生産量は消費量を上回り、期末在庫量は前年度より増加する見通し。

(1)生産量:4億9,786万トン(対前年度比0.2%減)
中国等で減少
(2)消費量:4億9,450万トン(対前年度比1.0%増)
(3)期末在庫量:1億7,466万トン(対前年度比2.0%増
中国等で減少
(前月に比べ中国で上方修正)
(4)期末在庫率:35.3%(対前年度差0.3ポイント

2.世界の大豆需給の概要(見込み)
  世界の生産量は、前年度減産となったブラジルで史上最高となるも、米国で8月の面積調査において収穫面積で下方修正され減産となること等から減少する見通し。
 世界の生産量が消費量を下回るため、期末在庫量は前年度を下回る見通し。

(1)生産量 3億4,183万トン(対前年度比 5.8%減)
ブラジルで増加、米国、アルゼンチンで減少。
 (前月に比べ米国で下方修正)
(2)消費量 3億5,432万トン(対前年度比 2.2%増)
アルゼンチン等で増加。
(3)期末在庫量 1億174万トン(対前年度比 11.2%
・米国、アルゼンチン等で減少。
(前月に比べ中国で下方修正)
(4)期末在庫率 28.7%(対前年度差 4.3ポイント


ブログランキング・にほんブログ村へ
 

【備忘録】2019/7 食糧需給の動き(出所:米国農務省)

備忘録として、世界の穀物需給についてアナウンスをしています。

全体の需給見通しは「生産量は消費量を下回る見込み」。


出所:農林水産省大臣官房食料安全保障課国際需給動向把握担当

   米国農務省、7月11日(現地時間)
   2019/20年度の3回目の世界及び主要国の穀物・大豆に関する需給見通し


2018/19年度の穀物の生産量は消費量を下回る見込み
※現時点では、北半球では作付作業中、南半球では未だ作付作業が始まっていないため、
本報告は極めて暫定的なものである。

世界の穀物全体の需給の概要(見込み)
(1)生産量   26億6,479万トン(対前年度比 1.5%
(2)消費量   26億7,854万トン(対前年度比 1.6%増)
(3)期末在庫量 7億8,716万トン(対前年度比 1.7%
(4)期末在庫率 29.4%(対前年度差 1.0ポイント減)

 
《主な品目別の動向》
 
〈小麦〉
 世界の生産量は、6月の高温によりロシア、EU等で下方修正されるも、前年度を上回ることから増産となる見通し。
 世界の生産量は消費量を上回り、期末在庫量は前年度より増加する見通し。なお、ロ シア、EU等の生産量の下方修正及び、米国の飼料用需要と輸出量の上方修正から、世界、米国と も期末在庫量は前月より下方修正された。 

(1)生産量 7億7,146万トン(対前年度比 5.5%
EU、ウクライナ、豪州、ロシア等で増加
 (前月に比べロシア、EUで下方修正)
(2)消費量 7億6,015万トン(対前年度比 3.2%
EU、中国、インド等で増加
(3)期末在庫量 2億8,646万トン(対前年度比 4.1%
中国インド等で増加
 (前月に比べEUで下方修正)
(4)期末在庫率 37.7%(対前年度差 0.3ポイント


〈とうもろこし〉
 世界の生産量は、米国で6月の作付面積調査で面積が前年度より増加することから前月より上方修正され、前年度を上回る見通し。
 世界の消費量は前年度並みの見通し。世界の生産量が消費量を下回ることから期末在庫は減少する見通し。なお、米国では、生産量の上方修正により期末在庫量 は上方修正され、期末在庫率は 14.1%となる見通し。

(1)生産量 11億514万トン(対前年度比 1.6%
南ア、ロシア等で増加、米国、中国等で減少
 (前月に比べ、米国で上方修正)
(2)消費量 11億3,497万トン(対前年度比  0.2%
中国、ブラジル等で増加、EU等で減少
(3)期末在庫量 2億9,892万トン(対前年度比 9.1%減)
・中国、米国で減少
(前月に比べ米国で上方修正)
(4)期末在庫率 26.3%(対前年度差 2.7ポイント減)

〈米(精米)〉
 世界の生産量は、中国で作付面積の減少等から前年度より減少する見通し。
 世界の生産量は 消費量を上回り、期末在庫量は前年度より増加する見通し。

(1)生産量:4億9,782万トン(対前年度比0.2%減)
中国等で減少
(2)消費量:4億9,608万トン(対前年度比1.2%増)
(3)期末在庫量:1億7,265万トン(対前年度比1.0%増
(4)期末在庫率:34.8%(対前年度差0.1ポイント

2.世界の大豆需給の概要(見込み)
 世界の生産量は、前年度減産となったブラジルで史上最高となるも、米国で6月の作付面積調査で面積が減少すること等から減少する見通し。
 世界の生産量が消費量を下回るため、期末在庫量は前年度を 下回る見通し。
(1)生産量 3億4,704万トン(対前年度比 4.4%減)
ブラジルで増加、米国、アルゼンチンで減少。
 (前月に比べ米国で下方修正)
(2)消費量 3億5,506万トン(対前年度比 2.1%増)
アルゼンチン等で増加。
(3)期末在庫量 1億453万トン(対前年度比 7.5%
アルゼンチン等で減少。
(前月に比べ米国で下方修正)
(4)期末在庫率 29.4%(対前年度差 3.1ポイント


ブログランキング・にほんブログ村へ
 

【備忘録】2019/6 食糧需給の動き(出所:米国農務省)

備忘録として、世界の穀物需給についてアナウンスをしています。

全体の需給見通しは、前年度までとは異なり「生産量は消費量を上回る見込み」。


出所:農林水産省大臣官房食料安全保障課国際需給動向把握担当

   米国農務省、6月11日(現地時間)
   2019/20年度の2回目の世界及び主要国の穀物・大豆に関する需給見通し


2018/19年度の穀物の生産量は消費量を上回る見込み
※現時点では、北半球では作付作業中、南半球では未だ作付作業が始まっていないため、
本報告は極めて暫定的なものである。

世界の穀物全体の需給の概要(見込み)
(1)生産量   26億6,792万トン(対前年度比 1.6%
(2)消費量   26億8,041万トン(対前年度比 1.6%増)
(3)期末在庫量 7億8,595万トン(対前年度比 1.6%
(4)期末在庫率 29.3%(対前年度差 0.9ポイント減)

 
《主な品目別の動向》
 
〈小麦〉
 界の生産量は、ロシア、ウクライナで天候に恵まれ上方修正され、増産となる見通し。
 世界の生産量は消費量を上回り、期末在庫量は前年度より増加する見通し。また、米国では、とうもろこし減産による飼料向けの代替需要により、消費量は増加し、期末在庫量は前月より下方修正されたが、51.7%と高い水準を維持する見通し。

(1)生産量 7億8,083万トン(対前年度比 6.7%
EU、ロシア、豪州、ウクライナ、カナダ等で増加
(2)消費量 7億6,306万トン(対前年度比 3.7%
EU、中国、米国、インド等で増加
(3)期末在庫量 2億9,434万トン(対前年度比 6.4%
中国、EU、インド等で増加
(4)期末在庫率 38.6%(対前年度差 1.0ポイント


〈とうもろこし〉
 世界の生産量は、米国で降雨過多で作付けが遅れ、作付面積、単収が低下することから、生産量で前月から3,460万トン下方修正され、前年度を下回る見通し。
 世界の消費量は、
前年度並みの見通し。世界の消費量が生産量を上回ることから、期末在庫は減少する見通し。なお、米国では、生産量の減少により期末在庫量は低下し、2013/14年度以来の低水準の11.8%となる見通し。

(1)生産量 10億9,919万トン(対前年度比 1.9%
南ア、ロシア等で増加、米国、中国、ウクライナ等で減少
(前月に比べ、米国で下方修正)
(2)消費量 11億3,405万トン(対前年度比  0.0%
中国、ブラジル等で増加、EU米国等で減少
(前月に比べ、米国で下方修正)
(3)期末在庫量 2億9,052万トン(対前年度比 10.7%減)
・中国、米国で減少
(前月に比べ米国、アルゼンチンで下方修正)
(4)期末在庫率 25.6%(対前年度差 3.1ポイント減)

〈米(精米)〉
 世界の生産量は、中国に加え、米国で降雨過多による作付面積の減少から前年度より減少する見通し。
 世界の生産量は消費量を上回り、期末在庫量は前年度より増加する見通し。

(1)生産量:4億9,762万トン(対前年度比0.3%減)
中国等で減少
(2)消費量:4億9,595万トン(対前年度比1.0%増)
(3)期末在庫量:1億7,187万トン(対前年度比1.0%増
(4)期末在庫率:34.7%(対前年度差0.0ポイント

2.世界の大豆需給の概要(見込み)
 世界の生産量は、前年度減産となったブラジルで史上最高となるも、米国、アルゼンチンで減少となることから減少する見通し。
 世界
の生産量と消費量がほぼ同じとなるため、期末在庫量は前年度並となる見通し。米国では降雨過多により作付けが遅れているが、作付け可能な期間がまだ残っているため、前月の生産量見通しを据え置いた。なお、米国の期末在庫量は前年度の中国向け輸出の減少から上方修正された。

(1)生産量 3億5,539万トン(対前年度比 1.8%減)
ブラジルで増加、米国、アルゼンチンで減少。
(2)消費量 3億5,531万トン(対前年度比 2.3%増)
アルゼンチン等で増加。
(3)期末在庫量 1億1,266万トン(対前年度比 0.1%
アルゼンチン等で減少。
(前月に比べ米国で上方修正)
(4)期末在庫率 31.7%(対前年度差 0.8ポイント


ブログランキング・にほんブログ村へ
 

【備忘録】2019/5 食糧需給の動き(出所:米国農務省)

備忘録として、世界の穀物需給についてアナウンスをしています。

全体の需給見通しは、前年度までとは異なり「生産量は消費量を上回る見込み」。


出所:農林水産省大臣官房食料安全保障課国際需給動向把握担当

   米国農務省、5月10日(現地時間)
   2019/20年度の1回目の世界及び主要国の穀物・大豆に関する需給見通し


2018/19年度の穀物の生産量は消費量を上回る見込み
※現時点では、北半球では作付作業中、南半球では未だ作付作業が始まっていないため、
本報告は極めて暫定的なものである。

世界の穀物全体の需給の概要(見込み)
(1)生産量   27億159万トン(対前年度比 3.0%
(2)消費量   26億8,935万トン(対前年度比 1.9%増)
(3)期末在庫量 8億885万トン(対前年度比 1.5%
(4)期末在庫率 30.1%(対前年度差 0.1ポイント減)

 
《主な品目別の動向》
 
〈小麦〉
 世界の生産量は、アルゼンチン、豪州、カナダ、EU、ロシア、ウクライナの主要輸出国で増産となる見込み。
 世界の消費量
は史上最高となり、特に飼料需要が増加する見込み。
 世界の生産量
は消費量を上回り、期末在庫量は前年度より増加する見込み。また、米国では、収穫面積が減少するものの、単収が増加することから生産量がわずかに増加。消費量は増加するものの、輸出量が減少することから期末在庫量が増加し、期末在庫率は56%と高い水準を維持する見通し。

(1)生産量 7億7,749万トン(対前年度比 6.3%
EU、ロシア、豪州、ウクライナ、カナダ等で増加
(2)消費量 7億5,946万トン(対前年度比 2.9%
EU、中国、インド等で増加
(3)期末在庫量 2億9,301万トン(対前年度比 6.6%
中国、EU、インド等で増加
(4)期末在庫率 38.6%(対前年度差 1.3ポイント


〈とうもろこし〉
 世界の生産量は、米国で作付面積の増加により前年度より増加することから、史上最高となる見通し。
 世界の消費量は、中国で増加することから増加する見通し。中国では国内産の価格に比べ輸入価格が低いため、輸入が増加する見通し
 世界の消費量が生産量を上回ることから期末在庫は減少する見通
し。米国では、生産量の増加に加え、輸出量が減少することから、期末在庫量は増加する見通し。

(1)生産量 11億3,378万トン(対前年度比 1.3%増)
米国、南ア等で増加、中国、ウクライナ等で減少
(2)消費量 11億4,501万トン(対前年度比  1.1%増)
米国、中国、ブラジル等で増加、EU等で減少
(3)期末在庫量 3億1,471万トン(対前年度比 3.4%減)
米国で増加、中国等で減少
(4)期末在庫率 27.5%(対前年度差 1.3ポイント減)

〈米(精米)〉
 世界の生産量は、中国、インドで前年度より減産となることから、前年度より減少する見通し。
 世界の生産量は消費量を上回り、期末
在庫量は前年度より増加する見込み。

(1)生産量:4億9,842万トン(対前年度比0.3%減)
中国等で減少
(2)消費量:4億9,613万トン(対前年度比0.8%増)
(3)期末在庫量:1億7,222万トン(対前年度比1.4%増
・中国等で増加
(4)期末在庫率:34.7%(対前年度差0.2ポイント増

2.世界の大豆需給の概要(見込み)
 世界の生産量は、前年度減産となったブラジルで史上最高となるも、米国で収穫面積の減少、アルゼンチンで単収の低下により減少となる見通し。
 世界の生産量と消費量がほぼ同じとなるため、期末在
庫量は前年度並となる見込み。米国では生産量が減少することから期末在庫量は減少するが、2017/18 年度より高水準となっている。

(1)生産量 3億5,566万トン(対前年度比 1.8%減)
ブラジルで増加、米国、アルゼンチンで減少。
(2)消費量 3億5,542万トン(対前年度比 2.4%増)
アルゼンチンで増加。
(3)期末在庫量 1億1,309万トン(対前年度比 0.1%
アルゼンチン等で減少。
(4)期末在庫率 31.8%(対前年度差 0.8ポイント


ブログランキング・にほんブログ村へ
 

【備忘録】2019/4 食糧需給の動き(出所:米国農務省)

備忘録として、世界の穀物需給についてアナウンスをしています。

全体の需給見通しは、前年度に引き続き「生産量は消費量を下回る見込み」。


出所:農林水産省大臣官房食料安全保障課国際需給動向把握担当

   米国農務省、4月9日(現地時間)
   2018/19年度の11回目の世界及び主要国の穀物・大豆に関する需給見通し


2018/19年度の穀物の生産量は消費量を下回る見込み

世界の穀物全体の需給の概要(見込み)
(1)生産量   26億1,142万トン(対前年度比 0.2%
(2)消費量   26億3,755万トン(対前年度比 1.5%増)
(3)期末在庫量 7億8,826万トン(対前年度比 3.2%減)
(4)期末在庫率 29.9%(対前年度差 1.4ポイント減)

 
《主な品目別の動向》
 
〈小麦〉
 世界の生産量は、旧ソ連諸国やEUの乾燥の影響から前年度より減少する見込み。世界の消費量は、
EU 等で飼料用需要の減少により下方修正され、前年度より減少する見込み。
 世界の消費量は生産量を上回り、期末在庫量は前年度より減少する見込み。また、米国では、飼料用需要の減退や輸出ペースの減速等から消費量及び輸出量で下方修正されたため、期末在庫量が上方修正された。

(1)生産量 7億3,287万トン(対前年度比 4.0%減)
米国等で増加、EU、ロシア、豪州、中国等で減少。
(2)消費量 7億3,915万トン(対前年度比 0.6%
中国で増加、EU、ロシア等で減少
(3)期末在庫量 2億7,561万トン(対前年度比 2.2%減)
中国、インド等で増加、ロシア、EU等で減少。
 (前月に比べ、インドで上方修正)
(4)期末在庫率 37.3%(対前年度差 0.6ポイント減)


〈とうもろこし〉
 ブラジルで冬とうもろこしの単収の改善、アルゼンチンで作付面積の上方修正や EU での生産量の上方修正等から、世界の生産量は上方修正され、前年度より増加する見込み。
 EU で消費量が上方修正され、世界の消費量は生産量を上回り、期末在庫量は前年度より減少の見込み。米国では、バイオエタノール向け需要の下方修正や、南米諸国等との輸出競争による輸出量の下方修正から期末在庫量が上方修正された。 

(1)生産量 11億738万トン(対前年度比 2.9%増)
アルゼンチン、ブラジル、ウクライナ等で増加、米国、南アで減少
(前月に比べ、EUで上方修正)
(2)消費量 11億3,377万トン(対前年度比  4.3%増)
中国、EU、ブラジル等で増加、米国等で減少
(前月に比べ、EUで上方修正、米国で下方修正)
(3)期末在庫量 3億1,401万トン(対前年度比 7.8%減)
・アルゼンチンで増加、中国、EU、米国等で減少
(前月に比べ、米国で上方修正)
(4)期末在庫率 27.7%(対前年度差 3.6ポイント減)

〈米(精米)〉
 世界の生産量は、インドで夏期の降雨に恵まれ史上最高となる見通しから、前年度より増加する見通し。
 世界の生産量は消費量を上回り、期末在庫量は前年度より増加する見込み。

(1)生産量:5億139万トン(対前年度比1.2%増)
・インド等で増加
(2)消費量:4億9,239万トン(対前年度比1.9%増)
・インド等で増加
(3)期末在庫量:1億7,137万トン(対前年度比5.5%増
・中国、インド等で増加
(4)期末在庫率:34.8%(対前年度差1.2ポイント増

2.世界の大豆需給の概要(見込み)
 世界の生産量は、ブラジル中西部等での乾燥による単収の低下の影響が、南部のリオグランデ・ド・スル州での好天による生産量の上方修正により緩和されたことや、アルゼンチンでの生産増等から、前年度より増加する見込み。
 世界の生産量は消費量を上回り、期末在庫量は前年度より増加する見込み。

(1)生産量 3億6,058万トン(対前年度比 5.5%増)
アルゼンチン、米国等で増加、ブラジルで減少
(2)消費量 3億4,911万トン(対前年度比 3.1%増)
アルゼンチンで増加。
(3)期末在庫量 1億736万トン(対前年度比 8.4%増)
米国、アルゼンチン等で増加、ブラジル等で減少。
(4)期末在庫率 30.8%(対前年度差 1.5ポイント増)


ブログランキング・にほんブログ村へ
 
ブログランキング
ブログ村
  • ライブドアブログ