ファームさきくませ -くりやまさん家のコシヒカリ-

千葉県四街道市でコシヒカリを作っている水稲専業農家です。 日々のことを書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

食糧需給

【備忘録】2020/8 食糧需給の動き(出所:米国農務省)

備忘録として、世界の穀物需給についてアナウンスをしています。

全体の需給見通しは「生産量は消費量を上回る見込み」。


出所:農林水産省大臣官房食料安全保障課国際需給動向把握担当

   米国農務省、8月12日(現地時間)
   2020/21年度の4回目の世界及び主要国の穀物・大豆に関する需給見通し


2020/21年度の穀物の生産量は消費量を上回る見込み


世界の穀物全体の需給の概要(見込み)
(1)生産量   27億3,077万トン(対前年度比 2.4%
(2)消費量   27億411万トン(対前年度比 2.0%増)
(3)期末在庫量 8億5,029万トン(対前年度比 3.2%
(4)期末在庫率 31.4%(対前年度差 0.4ポイント

 
《主な品目別の動向》
 
〈小麦〉
 世界の生産量は、EU で前月より下方修正されたものの、豪州、ロシアで前年度より増加することから、史上最高となる見通し。
 世界の消費量も、EU で減少も中国等で増加することから、史上最高となる見通し。
 世界の生産量が消費量を上回り、期末在庫量は、中国、インドで積み増しされ、史上最高となる見通し。

(1)生産量 7億6,603万トン(対前年度比 0.3%
豪州、ロシア、インド、中国等で増加EU、米国、ウクライナ等で減少
 (前月に比べEUで下方修正)
(2)消費量 7億5,014万トン(対前年度比 0.4%
・中国、インド等で増加、EU等で減少
(3)期末在庫量 3億1,679万トン(対前年度比 5.3%
中国、インド等で増加、米国等で減少
 (前月に比べEUで上方修正)
(4)期末在庫率 42.2%(対前年度差 2.0ポイント


〈とうもろこし〉
 世界の生産量は、米国で単収が史上最高となり生産量が上方修正されたこと等から史上最高となる見通し。
 世界の消費量は、米国で前月より飼料需要が上方修正され、前年度より増加すること等から前年度より増加する見通し。
 世界の生産量が消費量を上回り、期末在庫量は前年度より増加する見通し。

(1)生産量 11億7,103万トン(対前年度比 5.3%増)
米国ブラジル、ウクライナメキシコ等で増加、南ア等で減少
 (前月に比べ米国で上方修正)
(2)消費量 11億6,487万トン(対前年度比  3.9%
米国、EU中国等で増加
 (前月に比べEUで上方修正)
(3)期末在庫量 3億1,746万トン(対前年度比 2.0%増)
米国、ブラジル等で増加、中国等で減少
 (先月に比べ
米国方修正)
(4)期末在庫率 27.3%(対前年度差 0.5ポイント増)

〈米(精米)〉
 世界の生産量は、中国で 6~7 月の長江の洪水被害から前月より下方修正も、タイ等で前年度より増加することから史上最高となる見通し。
 世界の生産量は消費量を上回り、期末在庫量は史上最高となる見通し。

(1)生産量:5億5万トン(対前年度比 0.9%増)
タイ等で増加
 (前月に比べ中国で下方修正)
(2)消費量:4億9,653万トン(対前年度比 1.2%増)
(3)期末在庫量:1億8,519万トン(対前年度比 1.9%増
インド等で増加
(4)期末在庫率:37.3%(対前年度差 0.3ポイント

2.世界の大豆需給の概要(見込み)
 世界の生産量は、米国で単収が上方修正されたこと等により増加し、ブラジル、アルゼンチンでも増産となることから史上最高となる見通し。
 一方、世界の消費量は、中国等で飼料需要が回復すること等により増加することから、前年度より増加する見通し。
 期末在庫量は前年度より減少する見通し。

(1)生産量 3億7,040トン(対前年度比 9.8%増)
米国、ブラジル、アルゼンチン等で増加
 (前月に比べ米国で上方修正)
(2)消費量 3億6,790万トン(対前年度比 4.5%増)
・中国米国、アルゼンチン等で増加
 (前月に比べ中国で上方修正)
(3)期末在庫量 9,536万トン(対前年度比 0.5%
 (前月に比べ米国で上方修正、ブラジルで下方修正)
(4)期末在庫率 25.9%(対前年度差 1.3ポイント


ブログランキング・にほんブログ村へ
 

【備忘録】2020/7 食糧需給の動き(出所:米国農務省)

備忘録として、世界の穀物需給についてアナウンスをしています。

全体の需給見通しは「生産量は消費量を上回る見込み」。


出所:農林水産省大臣官房食料安全保障課国際需給動向把握担当

   米国農務省、7月10日(現地時間)
   2020/21年度の3回目の世界及び主要国の穀物・大豆に関する需給見通し


2019/20年度の穀物の生産量は消費量を上回る見込み


世界の穀物全体の需給の概要(見込み)
(1)生産量   27億3,034万トン(対前年度比 2.4%
(2)消費量   27億370万トン(対前年度比 2.0%増)
(3)期末在庫量 8億4,722万トン(対前年度比 3.2%
(4)期末在庫率 31.3%(対前年度差 0.4ポイント

 
《主な品目別の動向》
 
〈小麦〉
 世界の生産量は、EU や米国、ロシアでの冬小麦の減産により前月より下方修正されたものの、豪州やインドで増産となること等から、史上最高となる見通し。
 世界の消費量も EU で減少も、中国、インド等で増加し史上最高となる見通し。
 世界の生産量が消費量を上回り、期末在庫量は、中国、インドで積み増しされ、前年度より増加し、史上最高となる見通し

(1)生産量 7億6,931万トン(対前年度比 0.6%
豪州、インド、ロシア、中国、カザフスタン等で増加EU、ウクライナ、米国等で減少
(2)消費量 7億5,159万トン(対前年度比 0.5%
・中国、インド等で増加、EU等で減少
(3)期末在庫量 3億1,484万トン(対前年度比 6.0%
中国、インド等で増加、米国等で減少
(4)期末在庫率 41.9%(対前年度差 2.1ポイント


〈とうもろこし〉
 世界の生産量は、米国で 6 月の作付面積調査により収穫面積が下方修正されたものの、依然として生産量が史上最高となること等から史上最高となる見通し。
 世界の消費量は、前月より米国で飼料需要が下方修正されたが、前年度より増加すること等から前年度より増加する見通し。
 世界の生産量が消費量を上回り、期末在庫量は前年度より増加する見通し。 

(1)生産量 11億6,321万トン(対前年度比 4.5%増)
米国ブラジル、ウクライナメキシコ等で増加、南ア等で減少
 (前月に比べ米国で下方修正)
(2)消費量 11億6,012万トン(対前年度比  3.4%
米国、EU中国等で増加
 (前月に比べ米国で下方修正)
(3)期末在庫量 3億1,504万トン(対前年度比 1.0%増)
米国、ブラジル等で増加、中国等で減少
 (先月に比べ
米国、中国で下方修正)
(4)期末在庫率 27.2%(対前年度差 0.7ポイント増)

〈米(精米)〉
 
 世界の生産量は、タイと中国等で増加することから史上最高となる見通し。
 世界の生産量は消費量を上回り、期末在庫量は前年度より増加する見通し。

(1)生産量:5億263万トン(対前年度比 1.5%増)
タイ、中国等で増加
(2)消費量:4億9,847万トン(対前年度比 1.7%増)
・中国等で増加
(3)期末在庫量:1億8,583万トン(対前年度比 2.3%増
インド等で増加
(4)期末在庫率:37.3%(対前年度差 0.2ポイント

2.世界の大豆需給の概要(見込み)
 世界の生産量は、米国で6月の作付面積調査により収穫面積が上方修正されたこと等により増加しブラジル、アルゼンチンでも増産となることから史上最高となる見通し。
 一方、世界の消費量は、中国等で飼料需要が回復すること等により増加することから、前年度より増加する見通し。
 期末在庫量は前年度より減少する見通し。

(1)生産量 3億6,252トン(対前年度比 7.5%増)
米国、ブラジル、アルゼンチン等で増加
(2)消費量 3億6,356万トン(対前年度比 4.3%増)
・中国米国、アルゼンチン等で増加
(3)期末在庫量 9,508万トン(対前年度比 4.6%
米国等で減少
 (前月に比べブラジルで下方修正)
(4)期末在庫率 26.2%(対前年度差 2.5ポイント


ブログランキング・にほんブログ村へ
 

【備忘録】2020/6 食糧需給の動き(出所:米国農務省)

備忘録として、世界の穀物需給についてアナウンスをしています。

全体の需給見通しは「生産量は消費量を上回る見込み」。


出所:農林水産省大臣官房食料安全保障課国際需給動向把握担当

   米国農務省、6月11日(現地時間)
   2020/21年度の2回目の世界及び主要国の穀物・大豆に関する需給見通し


2019/20年度の穀物の生産量は消費量を上回る見込み


世界の穀物全体の需給の概要(見込み)
(1)生産量   27億6,013万トン(対前年度比 3.6%
(2)消費量   27億842万トン(対前年度比 2.3%増)
(3)期末在庫量 8億7,253万トン(対前年度比 6.3%
(4)期末在庫率 32.2%(対前年度差 1.2ポイント

 
《主な品目別の動向》
 
〈小麦〉
 世界の生産量は、EU、ウクライナで生育期の乾燥により生産量が減少する一方、2年間干ばつが連続した豪州で生産量が回復することに加え、インドで生産量が史上最高となること等から、史上最高となる見通し。
 世界の消費量も中国、インド等で増加し史上最高となる見通し。
 世界の生産量が消費量を上回り、期末在庫量は前年度より増加し、史上最高となる見通し。

(1)生産量 7億7,343万トン(対前年度比 1.2%
豪州、インド、ロシア、中国、カザフスタン等で増加EU、ウクライナ等で減少
 (前月に比べインド、豪州で上方修正、EUで下方修正)
(2)消費量 7億5,319
万トン(対前年度比 0.6%
・中国、インド等で増加、EU等で減少
(3)期末在庫量 3億1,609万トン(対前年度比 6.8%
中国、インド、豪州等で増加
 (先月に比べインドで上方修正)
(4)期末在庫率 42.0%(対前年度差 2.4ポイント


〈とうもろこし〉
 世界の生産量は、米国で収穫面積の増加により生産量が初めて4億トンを上回ること等から史上最高となる見通し。
 世界の消費量は、米国でコロナウイルスの感染拡大による前年度のバイオエタノール向け及び飼料需要減から回復すること等から前年度より増加する見通し。
 世界の生産量が消費量を上回り、期末在庫量は前年度より増加する見通し。

(1)生産量 11億8,848万トン(対前年度比 6.7%増)
米国ブラジル、ウクライナメキシコカナダ等で増加、南ア等で減少
(2)消費量 11億6,351万トン(対前年度比  3.8%
米国中国、EU等で増加
(3)期末在庫量 3億3,787万トン(対前年度比 8.0%増)
米国、ブラジル等で増加、中国等で減少
 (先月に比べ中国で下方修正)
(4)期末在庫率 29.0%(対前年度差 1.1ポイント増)

〈米(精米)〉
 
 世界の生産量は、タイと中国等で増加することから史上最高となる見通し。
 世界の生産量は消費量を上回り、期末在庫量は前年度より増加する見通し。

(1)生産量:5億209万トン(対前年度比 1.6%増)
タイ、中国等で増加
(2)消費量:4億9,799万トン(対前年度比 1.7%増)
・中国等で増加
(3)期末在庫量:1億8,535万トン(対前年度比 2.3%増
インド等で増加
(4)期末在庫率:37.2%(対前年度差 0.2ポイント

2.世界の大豆需給の概要(見込み)
 世界の生産量は、米国で収穫面積の増加により増加し、ブラジル、アルゼンチンでも増産となることから史上最高となる見通し。
 一方、世界の消費量は、中国等で飼料需要が回復すること等により増加することから、前年度より増加する見通し。
 期末在庫量は前年度より減少する見通し。

(1)生産量 3億6,285トン(対前年度比 8.2%増)
米国、ブラジル、アルゼンチン等で増加
(2)消費量 3億6,174万トン(対前年度比 3.8%増)
・中国、アルゼンチン等で増加。
(3)期末在庫量 9,634万トン(対前年度比 2.9%
米国等で減少。
(4)期末在庫率 26.6%(対前年度差 1.8ポイント


ブログランキング・にほんブログ村へ
 

【備忘録】2020/5 食糧需給の動き(出所:米国農務省)

備忘録として、世界の穀物需給についてアナウンスをしています。

全体の需給見通しは「生産量は消費量を上回る見込み」。


出所:農林水産省大臣官房食料安全保障課国際需給動向把握担当

   米国農務省、5月12日(現地時間)
   2020/21年度の1回目の世界及び主要国の穀物・大豆に関する需給見通し


2019/20年度の穀物の生産量は消費量を上回る見込み


世界の穀物全体の需給の概要(見込み)
(1)生産量   27億5,189万トン(対前年度比 3.3%
(2)消費量   27億550万トン(対前年度比 2.2%増)
(3)期末在庫量 8億6,774万トン(対前年度比 5.6%
(4)期末在庫率 32.1%(対前年度差 1.0ポイント

 
《主な品目別の動向》
 
〈小麦〉
 世界の生産量は、EUで収穫面積・単収の減少見通し、米国で単収の低下から減産も、数年間干ばつが連続した豪州で生産量が回復することに加え、他の主要輸出国のロシア、カザフスタン等でも増産となること等から、史上最高となる見通し。
 世界の消費量も中国、インド等で増加し史上最高となる見通し。
 世界の生産量が消費量を上回り、期末在庫量は前年度より増加し、史上最高となる見通し。

(1)生産量 7億6,849万トン(対前年度比 0.5%
豪州、ロシア、カザフスタン等で増加、カザフスタンEUで減少
(2)消費量 7億5,349万トン(対前年度比 0.7%
・中国、インドで増加、EUで減少
(3)期末在庫量 3億1,012万トン(対前年度比 5.1%
中国、インド、ロシア等で増加
(4)期末在庫率 41.2%(対前年度差 1.7ポイント


〈とうもろこし〉
 世界の生産量は、米国で収穫面積の増加により生産量が初めて4億トンを上回り史上最高となること等から史上最高となる見通し。
 世界の消費量は、米国でコロナウイルスの感染拡大によるバイオエタノール向け需要減から回復すること等から前年度より増加する見通し。
 世界の生産量が消費量を上回り、期末在庫量は前年度より増加する見通し。

(1)生産量 11億8,686万トン(対前年度比 6.5%増)
米国ブラジル、ウクライナメキシコカナダ等で増加、南ア等で減少
(2)消費量 11億6,196万トン(対前年度比  3.7%
米国中国、EU等で増加
(3)期末在庫量 3億3,962万トン(対前年度比 7.9%増)
米国等で増加、中国等で減少
(4)期末在庫率 29.2%(対前年度差 1.2ポイント増)

〈米(精米)〉
 
 世界の生産量は、タイと中国で増加することから史上最高となる見通し。
 世界の生産量は消費量を上回り、期末在庫量は前年度より増加する見通し。

(1)生産量:5億196万トン(対前年度比 1.7%増)
タイ、中国で増加
(2)消費量:4億9,812万トン(対前年度比 1.6%増)
(3)期末在庫量:1億8,418万トン(対前年度比 2.1%増
インド等で増加
(4)期末在庫率:37.0%(対前年度差 0.2ポイント

2.世界の大豆需給の概要(見込み)
 世界の生産量は、米国で収穫面積の増加により増加し、ブラジル、アルゼンチンでも増産となることから史上最高となる見通し。
 一方、世界の消費量は、中国でアフリカ豚熱の影響で減少した飼料需要が回復すること等により増加することから、期末在庫量は前年度より減少する見通し。

(1)生産量 3億6,276トン(対前年度比 7.9%増)
米国、ブラジル、アルゼンチン等で増加
(2)消費量 3億6,073万トン(対前年度比 3.7%増)
・中国等で増加。
(3)期末在庫量 9,839万トン(対前年度比 1.9%
・中国等で増加、米国等で減少。
(4)期末在庫率 27.3%(対前年度差 1.6ポイント


ブログランキング・にほんブログ村へ
 

【備忘録】2020/4 食糧需給の動き(出所:米国農務省)

備忘録として、世界の穀物需給についてアナウンスをしています。

全体の需給見通しは「生産量は消費量を下回る見込み」。


出所:農林水産省大臣官房食料安全保障課国際需給動向把握担当

   米国農務省、4月9日(現地時間)
   2019/20年度の12回目の世界及び主要国の穀物・大豆に関する需給見通し


2019/20年度の穀物の生産量は消費量を下回る見込み


世界の穀物全体の需給の概要(見込み)
(1)生産量   26億6,431万トン(対前年度比 1.4%
(2)消費量   26億5,842万トン(対前年度比 0.6%増)
(3)期末在庫量 8億781万トン(対前年度比 0.7%
(4)期末在庫率 30.4%(対前年度差 0.0ポイント

 
《主な品目別の動向》
 
〈小麦〉
 世界の生産量は、EUで増加、インドで史上最高となること等から、前年度より増加する見通し。
 世界の消費量は中国、インド等で下方修正されたが前年度より増加する見通し。
 世界の生産量が消費量を上回り、期末在庫量は前年度より増加し、史上最高となる見通し。なお、輸出規制の導入によりロシアの輸出量が減少するものの、EUで増加する見通し。

(1)生産量 7億6,446万トン(対前年度比 4.5%
EU、ウクライナインド、中国等で増加、カザフスタン豪州で減少
(2)消費量 7億4,978万トン(対前年度比 1.7%
EU等で増加
 (前月に比べ中国で下方修正)
(3)期末在庫量 2億9,278万トン(対前年度比 5.3%
中国、インド等で増加、米国で減少
 (前月に比べ中国で上方修正)
(4)期末在庫率 39.0%(対前年度差 1.3ポイント


〈とうもろこし〉
 世界の生産量は、EU等で上方修正されたものの、前年度より減少する見通し。
 世界の消費量は、米国でのガソリンの消費減に伴うエタノール生産の減少見通しから下方修正され、前年度より減少する見通し。
 世界の生産量が消費量を下回り、期末在庫量は前年度より減少する見通し。

(1)生産量 11億1,302万トン(対前年度比 0.9%
南ア中国、ロシア、EU等で増加、米国、メキシコ等で減少
(2)消費量 11億3,079万トン(対前年度比  1.2%
中国等で増加、EU、米国等で減少
 (前月に比べ米国で下方修正)
(3)期末在庫量 3億317万トン(対前年度比 5.5%減)
中国、米国、メキシコ等で減少
 (前月に比べ米国で上方修正)
(4)期末在庫率 26.8%(対前年度差 1.2ポイント減)

〈米(精米)〉
 
 世界の生産量は、ベトナム等東南アジア諸国で下方修正されたことから、前年度より減少する見通し。
 世界の生産量は消費量を上回り、期末在庫量は前年度より増加する見通し。なお、ベトナム、ミャンマー、カンボジアで国内供給確保のため、輸出規制の導入により輸出量が減少する見通し。

(1)生産量:4億9,608万トン(対前年度比 0.6%減)
タイ等で減少
(2)消費量:4億9,019万トン(対前年度比 0.9%増)
インド等で増加
(3)期末在庫量:1億8,160万トン(対前年度比 3.4%増
・インド、中国等で増加
(4)期末在庫率:37.0%(対前年度差 0.9ポイント

2.世界の大豆需給の概要(見込み)
 世界の生産量は、ブラジル南部、アルゼンチンで乾燥天候の影響により生産量が下方修正され、前年度より減少する見通し。
 世界の生産量が消費量を下回るため、期末在庫量は前年度より減少する見通し。

(1)生産量 3億3,808トン(対前年度比 5.7%減)
ブラジル、中国等で増加、米国、アルゼンチン等で減少
 (前月に比べアルゼンチンで下方修正)
(2)消費量 3億4,841万トン(対前年度比 1.5%増)
・ブラジル等で増加。
 (前月に比べアルゼンチンで下方修正)
(3)期末在庫量 145万トン(対前年度比 9.3%
・中国等で増加、米国等で減少。
 (前月に比べブラジルで下方修正)
(4)期末在庫率 28.8%(対前年度差 3.5ポイント


ブログランキング・にほんブログ村へ
 
ブログランキング
ブログ村
  • ライブドアブログ