ファームさきくませ -くりやまさん家のコシヒカリ-

千葉県四街道市でコシヒカリを作っている水稲専業農家です。 日々のことを書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

食糧需給

【備忘録】2017/6 食糧需給の動き(出所:米国農務省)

備忘録として、世界の穀物需給についてアナウンスをしています。
精米付いては、北米等での作付面積の拡大等もあり需給は改善。


出所:農林水産省大臣官房食料安全保障課国際需給動向把握担当

   米国農務省、6月9日(現地時間)
   2017/18年度の2回目の世界及び主要国の穀物・大豆に関する需給見通し


2016/17年度の穀物の生産量は消費量を下回り、大豆の生産量は消費量を上回る見込み
※現時点では、北半球は作付作業中、南半球では未だ作付作用が始まっていないため、本報告は極めて暫定的なものである

世界の穀物全体の需給の概要(見込み)
(1)生産量   25億3,090万トン(対前年度比 2.6%減)
(2)消費量   25億6,398万トン(対前年度比 0.2%減)
(3)期末在庫量 6億272万トン(対前年度比 5.2%減)
(4)期末在庫率 23.5%(対前年度差 1.2ポイント減)

 
《主な品目別の動向》
 
〈小麦〉
 生産量は、インド、EU、中国等で増加するものの、米国で冬小麦の収穫面積が100年以上ぶりの低水準となることから減少、豪州、ロシア等でも減少が見込まれることから、世界全体では前年度を下回る見込み。
 また、消費量は、
中国等で減少することから前年度を下回る見込み。世界全体の生産量は消費量を上回り、期末在庫率は前年度より上昇。

(1)生産量 7億3,953万トン(対前年度比 1.9%減)
・インド、EU、中国等で増加米国豪州ロシア等で減少
(前月に比べ、ロシア等で上方修正)
(2)消費量 7億3,477万トン(対前年度比 0.7%減)
中国等で減少
(3)期末在庫量 2億6,119万トン(対前年度比 1.9%増)
・中国等で増加、米国、カナダ等で減少
(4)期末在庫率 35.5%(対前年度差 0.9ポイント増)

〈とうもろこし〉
 生産量は、米国で、中国等で減少が見込まれることから、世界全体では前年度を下回る見込み。
 また、
消費量は、中国、EU等で増加することから史上最高となる見込み。世界全体の生産量は消費量を下回
り、期末在庫率は前年度より低下。
 なお、カナダでは、オンタリオ州及びケベック州で5月に湿潤型の天候に見舞われ、播種作業の遅れや単収の低下が見込まれることから、2017/18年度の生産量が前月から80万トン下方修正された。
 また、ブラジルでは、5月に平年を超える降雨に恵まれ単収の上昇が見込まれることから、2016/17年度の生産量が前月から100万トン上方修正された。

(1)生産量 10億3,186万トン(対前年度比 3.3%減)
米国、中国、南アフリカ、ブラジル、メキシコ等で減少
(2)消費量 10億6,212万トン(対前年度比  0.7%増)
・中国、EU等で増加
(3)期末在庫量 1億9,433万トン(対前年度比 13.5%減)
中国、米国等で減少
(4)期末在庫率 18.3%(対前年度差 3.0ポイント減)

〈米(精米)〉
 生産量は、タイ等で増加するものの、インド等で減少が見込まれることから、世界全体では前年度を下回る見込み。
 また、消費量は、中国等で減少するものの、
インド、タイ等で増加することから史上最高となる見込み。世界全体の生産量は消費量を上回り、期末在庫率は前年度より上昇。
 
(1)生産量 4億8,104万トン(対前年度比 0.4%減)
・インド等で減少 
(2)消費量 4億7,972万トン(対前年度比 0.0%増)
(3)期末在庫量 1億2,055万トン(対前年度比 1.1%増)
・中国等で増加
(4)期末在庫率 25.1%(対前年度差 0.3ポイント増)
 

2.世界の大豆需給の概要(見込み)
 生産量は、中国等で増加するものの、ブラジル、米国等で減少が見込まれることから、世界全体では前年度を下回る見込み。
 また、消費量は、中国、
米国等で増加することから史上最高となる見込み。世界全体の生産量は消費量を上回るものの、期末在庫率は前年度より低下。

(1)生産量 3億4,467万トン(対前年度比 1.9%減)
・ブラジル等で減少
(2)消費量 3億4,421万トン(対前年度比 3.9%増)
・中国等で増加 
(3)期末在庫量 9,222万トン(対前年度比 1.1%減)
(4)期末在庫率 26.8%(対前年度差 1.3ポイント減)

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

生産調整に関する一考察

今日は、友人とお米の話をしていました。 色々と考えを巡らせることでしたので、ちょっとばかりシェアをさせていただきます。 みなさんも減反政策というお話を耳にしたことがある思います。
要は、おコメの生産を減らして、おコメの値段が下落するのを避ける政策です。
現在は、減反という言葉はなくなっていますが、政策の一環として
生産調整という形で残っています。強制的なものではありませんが、飼料米などの形で食用米の生産を調整しています

その概要に対して、友人から

 お米の値段が下がったから、なんとかお米の需要が残っているのではないか?
 20年前に比べて、確かに米価は下落している。
 もし、20年前と同じ価格だった場合には、もっともっとおコメの消費は減っていたのではないか?

という問いがありました。
それに対して僕は、

 そうではないのではないか?
 そもそも現在は、家族の形が変わり、自炊をする人たちが減っている。
 一人暮らしの大学生なら、炊飯器や鍋などを買うお金がないため、自炊をしていない。
 でも、一方で中食でのコメ消費は増えている。
 だから、価格による問題よりも、核家族化による炊事環境の変化が大きいのでは無いか?

 ※自炊が選択肢から外れていることを指した。
  でも、振り返ると確かに米価が下落していなかったら、需要がもっと減っていた可能性はある。
  と今は思っています。


という言葉を発していましたが、一方で彼の指摘した視点は面白いなと思えました。
確かに、主食とはいえ現在はパンなど小麦の消費量が増えており、お米の需要が減り続けているのは事実。
僕は、米よりパンや麺の方が単価が高いために、より安い食料に流れたということではないと思っていました。高齢化がお米の消費に影響していることがありますが、一方で核家族化によるコメ消費の変化は、お米を食べられるようにする手間のコストが大きいのかもしれないと今は考えています。

なら、手間というコストを補う為にコメはもっと安くなるべきなのか?

たとえば、彼の指摘するように生産調整を廃し市場にすべて任せたときにどうなるのか?

現在、水稲農家の方々は60代以上の方が中心になっています。
年金受給者である方々が多く、生業として行っているよりも、営々と続けてきた稲作を使命感で行っているケースが多いのではないかと思います。
そのため、生業として行っている方との間では、コストに対する意識にかなりのズレが存在しています。

現在の平均的な水稲農家の作付規模は1ha。
多くの農家が生業で行っている規模とは言えないのが実情です。
水稲生産だけで食べていくには最低でも10haの規模が必要と言われていますので、大きなズレがそこには存在しています。

そして、基本的にそのズレの上に市場が存在しているといえます。

ですが、営農のメインプレイヤーである高齢者から、その下の世代へ営農のバトンが渡っているとはいいがたいのが現状です。
そうであるのならば、このズレのある市場を維持することは、早晩難しくなると思われます。

であれば、現時点で市場による需給調整機能に完全に依存すると、生業で稲作をしている農家が退出していく可能性が高いといえるでしょう。
そうではないかもしれないですが、その可能性が大きく存在します。

そして、時が進み供給サイド(農家)の退出者が続出した際に、残念ながら新規参入が簡単には行えません。
荒れた水田は元に戻るには時間がかかりますし、多くの資本(高額のトラクターや多くの圃場)が必要になります。

それはつまり、主食であるおコメの供給が悪化するということでしょう。

その際に、海外から米であったり小麦であったり穀物を輸入することにしたとしても、それも簡単には行えなえないでしょう。北欧の小国であればいざ知らず、日本は1億人も暮らしていて人口が多すぎるんです。
現在、アジアの国々が豊かになり、穀物の消費量が多くなっています。
それはつまり、世界の食糧需給のバランスは消費が多くなっているといえます。
そして、各国が豊かになっているということは、日本にとって安い価格で食料を確保できるのかは不透明ということです。

だからこそ、日本は自国での供給を維持する必要があるといえます。

それらのことが相まって、生産調整が存在しているのだと思います。
しかし、使命感で営農している方々がリタイヤしたときには、大きく供給が崩れる可能性があります。
その時は、生産調整もなくなるのではないでしょうか。



ブログランキング・にほんブログ村へ
 

【備忘録】2017/5 食糧需給の動き(出所:米国農務省)

備忘録として、世界の穀物需給についてアナウンスをしています。
精米付いては、北米等での作付面積の拡大等もあり需給は改善。


出所:農林水産省大臣官房食料安全保障課国際需給動向把握担当

   米国農務省、5月11日(現地時間)
   2017/18年度の1回目の世界及び主要国の穀物・大豆に関する需給見通し


2016/17年度の穀物の生産量は消費量を下回り、大豆の生産量は消費量を上回る見込み
※現時点では、北半球は作付作業中、南半球では未だ作付作用が始まっていないため、本報告は極めて暫定的なものである

世界の穀物全体の需給の概要(見込み)
(1)生産量   25億3,095万トン(対前年度比 2.4%減)
(2)消費量   25億6,491万トン(対前年度比 0.1%減)
(3)期末在庫量 5億9,944万トン(対前年度比 5.4%減)
(4)期末在庫率 23.4%(対前年度差 1.3ポイント減)

 
《主な品目別の動向》
 
〈小麦〉
 生産量は、インド、EU、中国等で増加するものの、米国で冬小麦の収穫面積が100年以上ぶりの低水準となることから減少、豪州、ロシア等でも減少が見込まれることから、世界全体では前年度を下回る見込み。
 また、消費量は、インド等で増加するものの、
中国等で減少することから前年度を下回る見込み。世界全体の生産量は消費量を上回り、期末在庫率は前年度より上昇。

(1)生産量 7億3,783万トン(対前年度比 2.0%減)
・インド、EU、中国等で増加米国豪州ロシア等で減少
(2)消費量 7億3,489万トン(対前年度比 0.7%減)
・インド等で増加、中国等で減少
(3)期末在庫量 2億5,829万トン(対前年度比 1.2%増)
・中国等で増加、米国、カナダ等で減少
(4)期末在庫率 35.1%(対前年度差 0.6ポイント増)

〈とうもろこし〉
 生産量は、EU、カナダ等で増加するものの、米国で収穫面積の減少により減少、中国、南アフリカ等でも減少が見込まれることから、世界全体では前年度を下回る見込み。
 また、消費量は、中国、EU
等で増加することから史上最高となる見込み。世界全体の生産量は消費量を下回り、期末在庫率は前年度より低下。

(1)生産量 10億3,366万トン(対前年度比 3.0%減)
EU、カナダ等で増加、米国、中国、南アフリカ等で減少
(2)消費量 10億6,230万トン(対前年度比  0.8%増)
・中国、EU等で増加
(3)期末在庫量 1億9,527万トン(対前年度比 12.8%増)
中国、米国等で減少
(4)期末在庫率 18.4%(対前年度差 2.9ポイント減)

〈米(精米)〉
 生産量は、タイ、ベトナム等で増加するものの、エジプト、米国、インド等で減少が見込まれることから、世界全体では前年度をわずかに下回る見込み。
 また、
消費量は、インド等で増加することから史上最高となる見込み。世界全体の生産量は消費量を上回り、期末在庫率は前年度より上昇。
 
(1)生産量 4億8,130万トン(対前年度比 0.0%減)
(2)消費量 4億8,009万トン(対前年度比 0.3%増)
・インド等で増加 
(3)期末在庫量 1億1,977万トン(対前年度比 1.0%増)
・中国等で増加
(4)期末在庫率 24.9%(対前年度差 0.2ポイント増)
 

2.世界の大豆需給の概要(見込み)
 生産量は、中国等で増加するものの、ブラジル、米国等で減少が見込まれることから、世界全体では前年度を下回る見込み。
 また、消費量は、中国、
米国等で増加することから史上最高となる見込み。世界全体の生産量は消費量を上回るものの、期末在庫率は前年度より低下。

(1)生産量 3億4,468万トン(対前年度比 1.0%減)
・ブラジル等で増加
(2)消費量 3億4,421万トン(対前年度比 3.9%増)
・中国等で増加 
(3)期末在庫量 8,881万トン(対前年度比 1.5%減)
(4)期末在庫率 25.8%(対前年度差 1.4ポイント減)


ブログランキング・にほんブログ村へ
 

【備忘録】2017/3 食糧需給の動き(出所:米国農務省)

備忘録として、世界の穀物需給についてアナウンスをしています。
精米付いては、北米等での作付面積の拡大等もあり需給は改善。


出所:農林水産省大臣官房食料安全保障課国際需給動向把握担当

   米国農務省、3月9日(現地時間)
   2016/17年度の11回目の世界及び主要国の穀物・大豆に関する需給見通し


2016/17年度の穀物及び大豆の生産量は消費量を上回る見込み

世界の穀物全体の需給の概要(見込み)
(1)生産量   25億7,312万トン(対前年度比 4.7%増)
(2)消費量   25億5,300万トン(対前年度比 4.9%増)
(3)期末在庫量 6億2,261万トン(対前年度比 3.3%増)
(4)期末在庫率 24.4%(対前年度差 0.4ポイント減)

 
《主な品目別の動向》
 
〈小麦〉
 生産量は、EUで多雨(フランス)により減少するものの、ロシアで良好な作柄と高単収に恵まれ増加、豪州で単収の上昇から増加、豪州で単収の上昇から増加、米国で冬小麦の単収が史上最高となり増加すること等から、世界全体では史上最高となる見込み。
 また、消費量は、インド、中国、
カナダ、ロシア等で増加することから史上最高となる見込み。世界全体の生産量は消費量を上回るものの、期末在庫率は前年度より低下。

(1)生産量 7億5,107万トン(対前年度比 2.2%増)
ロシア、豪州米国、アルゼンチン等で増加、EU等で減少
(前月に比べ、豪州等で上方修正)
(2)消費量 7億4,142万トン(対前年度比 4.1%増)
・インド中国、カナダ、ロシア等で増加、EU等で減少
(3)期末在庫量 2億4,994万トン(対前年度比 4.0%増)
・中国、ロシア、米国等で増加、インド、EU等で減少
(4)期末在庫率 33.7%(対前年度差 0.0ポイント減)

〈とうもろこし〉
 生産量は、中国で国家備蓄政策廃止及び国内価格低下に伴う播種面積減により減少するものの、米国で単収の上昇、ブラジルでは夏とうもろこし、冬とうもろこし共に播種面積及び単収の増加、アルゼンチンでも早植えとうもろこしの播種面積及び単収の増加が見込まれること等から、世界全体では史上最高となる見込み。
 また、消費量は、米国、
中国、ブラジル等で増加することから史上最高となる見込み。世界全体の生産量は消費量を上回るものの、期末在庫率は前年度より低下。

(1)生産量 10億4,924万トン(対前年度比 9.1%増)
米国、ブラジル、アルゼンチン等で増加、中国等で減少
(前月に比べ、ブラジル等で上方修正)
(2)消費量 10億3,943万トン(対前年度比  8.2%増)
・米国、中国、ブラジル等で増加
(3)期末在庫量 2億2,068万トン(対前年度比 4.7%増)
・米国等で増加、中国等で減少
(前月に比べ、中国等で下方修正)

(4)期末在庫率 21.2%(対前年度差 0.7ポイント減)

〈米(精米)〉
 生産量は、タイで降雨により乾季米の灌漑用水量が十分確保され作付面積が拡大、インドでは収穫面積が増加、米国でも長粒種米の生産量が2010/11年以来最高となることから、世界全体では前年度を上回り史上最高となる見込み。
 また、消費量は、
インド等で増加することから史上最高となる見込み。世界全体の生産量は消費量を上回るものの、期末在庫率は前年度より低下。

(1)生産量 4億8,035万トン(対前年度比 1.7%増)
・タイ、インド等で増加 
(2)消費量 4億7,884万トン(対前年度比 1.7%増)
・インド等で増加 
(3)期末在庫量 1億1,765万トン(対前年度比 1.3%増)
・中国等で増加
(4)期末在庫率 24.6%(対前年度差 0.1ポイント減)
 

2.世界の大豆需給の概要(見込み)
 生産量は、米国で単収の上昇から増加、ブラジルでは生育期間を通じて十分な降雨に恵まれたことによる単収の上昇から増加、中国では政策変更によりとうもろこしから大豆への播種転換の促進等から、世界全体では前年度を上回り史上最高となる見込み。
 また、消費量は、
中国、アルゼンチン等で増加することから史上最高となる見込み。世界全体の生産量は消費量を上回り、期末在庫率は前年度より上昇。

(1)生産量 3億4,079万トン(対前年度比 8.9%増)
・ブラジル、米国等で増加
(前月に比べ、ブラジル等で上方修正)
(2)消費量 3億3,170万トン(対前年度比 5.3%増)
・中国、アルゼンチン等で増加 
(3)期末在庫量 8,282万トン(対前年度比 8.1%増)
・米国、ブラジル等で増加、アルゼンチン等で減少
(4)期末在庫率 25.0%(対前年度差 0.6ポイント増)


ブログランキング・にほんブログ村へ
 

【備忘録】2017/2 食糧需給の動き(出所:米国農務省)

備忘録として、世界の穀物需給についてアナウンスをしています。
精米付いては、北米等での作付面積の拡大等もあり需給は改善。


出所:農林水産省大臣官房食料安全保障課国際需給動向把握担当

   米国農務省、2月9日(現地時間)
   2016/17年度の10回目の世界及び主要国の穀物・大豆に関する需給見通し


2016/17年度の穀物及び大豆の生産量は消費量を上回る見込み

世界の穀物全体の需給の概要(見込み)
(1)生産量   25億5,740万トン(対前年度比 4.1%増)
(2)消費量   25億4,341万トン(対前年度比 4.6%増)
(3)期末在庫量 6億1,724万トン(対前年度比 2.3%増)
(4)期末在庫率 24.3%(対前年度差 0.5ポイント減)

 
《主な品目別の動向》
 
〈小麦〉
 生産量は、EUで多雨(フランス)により減少するものの、ロシアで良好な作柄と高単収に恵まれ増加、豪州で単収の上昇から増加、米国で冬小麦の単収が史上最高となり増加すること等から、世界全体では史上最高となる見込み。
 また、消費量は、インド、中国、
カナダ、ロシア等で増加することから史上最高となる見込み。世界全体の生産量は消費量を上回るものの、期末在庫率は前年度より低下。

(1)生産量 7億4,824万トン(対前年度比 1.7%増)
ロシア、豪州米国、カナダ等で増加、EU等で減少
(前月に比べインド等で下方修正)
(2)消費量 7億4,040万トン(対前年度比 3.9%増)
・インド中国、カナダ、ロシア等で増加
(3)期末在庫量 2億4,861万トン(対前年度比 3.3%増)
・中国、ロシア、米国等で増加、インド、EU等で減少
(4)期末在庫率 33.6%(対前年度差 0.2ポイント減)

〈とうもろこし〉
 生産量は、中国で国家備蓄政策廃止及び国内価格低下に伴う播種面積減により減少するものの、米国で単収の上昇、ブラジルで収穫面積の増加が見込まれること等から、世界全体では史上最高となる見込み。
 また、消費量は、米国、
中国等で増加することから史上最高となる見込み。世界全体の生産量は消費量を上回るものの、期末在庫率は前年度より低下。

(1)生産量 10億4,021万トン(対前年度比 8.3%増)
米国、ブラジル、アルゼンチン等で増加、中国等で減少
(2)消費量 10億3,303万トン(対前年度比  7.6%増)
・米国、中国等で増加
(前月に比べ、中国等で上方修正)

(3)期末在庫量 2億1,756万トン(対前年度比 3.4%増)
・米国等で増加、中国等で減少
(前月に比べ、中国等で下方修正)

(4)期末在庫率 21.1%(対前年度差 0.9ポイント減)

〈米(精米)〉
 生産量は、タイで降雨により乾季米の灌漑用水量が十分確保され作付面積が拡大、インドでは収穫面積が増加、米国でも長粒種米の生産量が2010/11年以来最高となることから、世界全体では前年度を上回り史上最高となる見込み。
 また、消費量は、
インド等で増加することから史上最高となる見込み。世界全体の生産量は消費量を上回るものの、期末在庫率は前年度より低下。

(1)生産量 4億8,013万トン(対前年度比 1.7%増)
・タイ、インド等で増加 
(2)消費量 4億7,863万トン(対前年度比 1.7%増)
・インド等で増加 
(3)期末在庫量 1億1,796万トン(対前年度比 1.3%増)
・中国等で増加
(4)期末在庫率 24.6%(対前年度差 0.1ポイント減)
 

2.世界の大豆需給の概要(見込み)
 生産量は、米国で単収の上昇から増加、ブラジルでは適期の降雨による単収の上昇から増加、中国では政策変更によりとうもろこしから大豆への播種転換の促進等から、世界全体では前年度を上回り史上最高となる見込み。
 また、消費量は、
中国等で増加することから史上最高となる見込み。世界全体の生産量は消費量を上回るものの、期末在庫率は前年度より低下。
 なお、アルゼンチンの生産量は、多雨により前月から150万トン下方修正された。

(1)生産量 3億3,662万トン(対前年度比 7.6%増)
・米国・ブラジル等で増加
(前月に比べ、ブラジル等で上方修正)
(2)消費量 3億3,075万トン(対前年度比 5.0%増)
・中国、アルゼンチン等で増加 
(3)期末在庫量 8,038万トン(対前年度比 4.1%増)
・米国等で増加、アルゼンチン、中国等で減少
(前月に比べアルゼンチン等で下方修正)
(4)期末在庫率 24.3%(対前年度差 0.2ポイント減)


ブログランキング・にほんブログ村へ
 
ブログランキング
ブログ村