ファームさきくませ -くりやまさん家のコシヒカリ-

千葉県四街道市でコシヒカリを作っている水稲専業農家です。 日々のことを書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

つぶやき

近況報告

ご無沙汰いたしております。
今日は思いの外、雨が強くて種まきを予定していましたが見送り。

悔しい思いもあるのですが、そのおかげで事務仕事がはかどっています。
でも、全然終わらない・・・orz

後回し後回ししていたツケですね。
週明けには、役所に提出できそうです。 

【雑感】おにぎりが小さくなる!?日本農政のひずみ

今日の大雨でまたしばらく田んぼに入れなくなりました。
あと少しで畦塗りが終わって、5日ほどかけて最後の田起こしをして代掻きにのぞもうと思っていたのですが、ちょっとヤバそうです。

まぁ、なんとかしますよ。

さて、今日はちょっと気になった記事があったので、少し書かせて頂きます。

NHK NEWS WEB 記載の記事

 おにぎりが小さくなる!?日本農政のひずみ (H29/3/23

無題


内容としては

 ・店頭販売されているおにぎりが小さくなっている

 ・農家は消費者がもとめる米を作っていない

 ・消費者を無視する農業政策が間違っている

 
というようなものです。
個人的には非常に大きな違和感を抱いています。

この記事からは、

 牛の餌にするような米なんて作らないで、もっと安い米をドンドン流通させれば良いだろう。

というコトになると思います。 
そして、

 減反政策のような補助金による市場の歪みを作り出す政策は良くないのではないのか。 

というコトもあわせて出てくると思います。
でも、本当にそうなのでしょうか。

そもそも、なんで農業って助成金が必要なんだろう。
それって儲からないからだよね。

 じゃあ辞めれば良い。

でも、そうはいかないよ。
なんでかっていったら農業には特殊性があって、普通の商品とは違うから。
農作物って

 日本人の胃袋を満たすもの

でしょ。
国内である程度の生産を維持出来ないと、それはつまりボクたちの胃袋を満たすことが難しくなるかもしれないということ。
たとえば、食べ物を海外に頼ったときに、ボクたちの胃袋を満たす量を維持することが出来るのかというのが大きな問題になる。

現在、アジアの人口が多い地域に食料が集まっています。
それは経済成長が著しいからだし、人口増加もあってのこと。
そのため、海外に日本が農作物を求めたとして、ボクたちが求める種類と品質の農作物を安定的に確保することが出来るのかが不透明です。

一方で、日本国内では現状、どんどん農家がいなくなっています。
ボクの住んでいる地域でも、そりゃあ凄い勢いで農家は居なくなっています。
どうやったら、そんな中で農作物の生産を確保できるのか。
ものすごく厳しい状況に居ると思います。
だからこそ政策が必要とも言えるんです。

そしてもうひとつ、

 そんなにお米って高いですかね。

正直、こんなに安いものってあります?
1.5kgで大体600円程度。
それで20膳。

そもそも、お米の卸売価格は20年をかけて3分の2まで減少しています。
でも、おにぎりの価格って3分の2になっていますか。
スーパーで販売しているお米も3分の2になっていないですよね。

この問題って、お米の問題だけとはいえないと思います。
人件費や、設備費、米以外の材料費、それら全ての話でしょ。
それを無視して、米政策のみにスポットライトを当てていることに違和感を持ちます。

ただ、だからこそ思うんです。
米農家が弱いからこんなことになっているんじゃないのか。
バカにされているんだよ。
もっと強くなって、自分たちで価格交渉力を有して、市場への影響力を持つ。

小麦は米が消費を落としている中で消費を伸ばしている。
まだ日本人の胃袋は大きいんだから、やりようがある。
チャンスはあると思う。



ブログランキング・にほんブログ村へ
 
  

なんで、そんなに頑張れるの?

いきなりですが、ときおり

 なんで、そんなに頑張れるんですか?

と聞かれることがあります。
聞かれるとかなりビックリするのですが、あんまり考えたことも無かったので、ちょっと考えてみました。 

頑張るって、けっこう苦行ですよね。
上手く行くのかどうかなんて、わかならないです。
報われるかどうかなんて、たとえ強く信じていても、あっけなくフラれることも沢山。

ホント、運命の女神に愛されたいモノです。

じゃあ、頑張らないでいれば、そういうことに傷つかなくていいのかな。
頑張らなくても楽しいことは一杯有るし。
そうやって日々を過ごすのも、実際にはアリだと思います。
なんの問題も無い。


ただ、これまで

 頑張って、
 失敗して、
 たまに上手く行って、

というのを経験してきた中で思ったことは

 頑張るって積み重ね

なんだということ。
つまり、失敗しても、その頑張った過程はなくならない。
目指したモノがゼロになったとしてもね。

それに、残念だけれど運も相当に大きい。
努力不足の時もあるけれど、運によるものもかなり多い。 

だから、頑張るって数式で書くと

無題2

   l=運
   x=頑張ること

になると思うんです。

Σは積、つまり積み重ねね。
単純に頑張ったことの積み重ねでは無くて、運に左右された頑張りの積み重ねだと思う。
より細かく言えば


無題

   i=想像力
   e=努力

になると思うんです。
頑張るって、想像力を働かせた努力のこと。
単に、努力するだけでは無く、そこに想像力が入ってこそ、さらに意味のある頑張りになります。


だから、失敗しても頑張り続けた方が得
失敗すれば、成功したときよりもより考えるでしょ。
なら失敗した後の努力こそ、より意味のある頑張りになります。

そして、運に見放されていたとしても、積み重ねがどこかで生きる。

まぁ、途中で死んじゃったら仕方が無いけれど、諦めて世の中を恨むなんて全く損。
失敗に意味がないわけじゃない、それさえも積み重ねになる。

だから、頑張った方が絶対に得

とくに、自分になんにも無いならね(^_-)-☆ 
 


ブログランキング・にほんブログ村へ
 
 

トラクターの体験乗車会を行いました

今日はヒドイ天気でしたね。
朝のウチは穏やかだったので野焼きをしたのですが、みるみるまに風が強くなってきて、残念ながら途中で中止してしまいました。

残念。

さて、先日の土曜日。
トラクターの体験乗車会を行いました。

P_20170218_154448
 

トラクターを運転して、
たき火で焼き芋を作って、
語らうという感じ。

でも、雰囲気としては異業種交流会になっていました^^;

寒い中、遠路来て頂いた方々に感謝♪ 

糖質制限ってどうよ

ここ数年、ちまたで

 糖質制限

という言葉が一定の市民権を得ています。
まぁ、要は

 お米とかパンを食べるの制限して痩せよう

的な話です。
毎年毎年、消費量が少なくなっているお米を食べないだと!
米農家的には 檄オコぷんぷん丸 ですよ ( `Д´)ノ

com-assets_c-2015-05-LOK_gohantomisoshiru-thumb-1000xauto-13790


と、しばらく前までは思っていたのですが、最近は

 糖質制限ありだな

という風に考えが変わっています。
なぜか

 ・太っている人が多すぎる

という一点。

やっぱり、農家ってさ、その仕事のどこかに

 みんなの為

っていう視点が少なからずあります。
みんなが食べる商品を作っているけれど、その食べるって行為は健康があってこそだと思うんです。
なら、やっぱり太りすぎはNG!
でも、食事は食事でしっかりと取る必要もあります。

だったらさ、糖質制限をして健やかな生活を送って、その中で

 美味しいお米を食べてほしい! 

と思うにいたったわけです。 
だから、糖質制限=米農家の敵ではないわけで、糖質制限も含めた中にお米があるのだと思うんです。

で、そんなことを糖質制限の専門家に聞いてみたところ

 糖質制限って、単に糖質を取らないって話では無くて、食のバランスの話。
 人によっては糖質はNGって人もいるし、糖質は取るべきって人もいる。
 単純なモノではないですね。

という風な話をされました。

 ねっ、オレ良いとこついてるでしょ!

バランスの取れた食生活をアピールして、是非ボクたちのお米をみなさんに食べて頂きたいです。
そういう意味で、ボクたちも糖質制限を含めた食のことについて知るべきなのだと改めて思った次第です。

みなさん、どうぞ お米 をよろしくお願いいたします! 

ブログランキング・にほんブログ村へ
 
  
ブログランキング
ブログ村