ファームさきくませ -くりやまさん家のコシヒカリ-

千葉県四街道市でコシヒカリを作っている水稲専業農家です。 日々のことを書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

百人一首

揚水路の補修と離農する友人を送る今日

●----------------●
     お米の注文はこちら
●----------------●
ども、初心忘れるべからず。
千葉県四街道市でコシヒカリを作っている水稲農家の 栗山 です。


この時期は

 田圃の修理
 肥料撒き(有機質肥料)
 トラクター耕

などを行っております。
今日は、また地権者にはんこを押してもらいに行った後、田圃の修理をしてきました。

今回は、揚水側から田圃に入る場所の修繕。
なにもしておかないと、ドンドン壊れてしまい、トラクターの乗り入れも出来なくなりますし、水のコントロールも出来なくなります。

これは330mm幅のU字溝を裏返したモノ。

WP_20160207_16_46_01_Pro


でも、単純に裏返しただけだとドンドン埋まっていってしまうので、2×4の木を下に引き、砂で埋めた上にU字溝を置いて沈まないようにしています

他にも、壊れきっている揚水路に土嚢を積んで補修しました。

WP_20160207_16_46_33_Pro

 
手前側が水が流れる部分です。
まるっきり壊れてしまった箇所なのでこのあと土を盛っていきます。


で、まぁけっこうヘロヘロになっていたのですが、その後は離農する友人のお見送り会。
近所のおそば屋さんで集まったのですが、やっぱり正直寂しいというのが本音。


 これやこの 行くも帰るも 別れては
 知るも知らぬも 逢坂の関

 蝉丸


出会いがあれば別れもあるのは当然の話な訳で、それでもそれを寂しく思えるのも当然なわけですよね。
そういうわけで、そういう瞬間にいられるって事がスペシャルなのでしょうね。


なお、彼女は子供が出来て離農し旦那も職人を辞めて営業職になるとか。
サラリーマンでないと 普通の生活=幸せな生活 って出来ないのだろうかと考えてしまった。

でも、そういうのって今の農業の資本効率が悪いって事なのかも知れないなぁ、なんてぼんやりと考えていました。

頑張って、農家のイメージを払拭してやろうと気持ちを新たにした夜でした。


 ブログランキング・にほんブログ村へ

  

別れ

●----------------●
     お米の注文はこちら
●----------------●
ども、初心忘れるべからず。
千葉県四街道市でコシヒカリを作っている水稲農家の 栗山 です。


先日、今年最後の軽登山に行こうと考えていたのですが、仲良くさせて頂いている方が急に旅立たれてしまいました。

bsPPO_hagaochitaikitotori


昨秋のエントリーで、

 うーん、仕事の借りは仕事で返すしか無いね。
 旅行に行ったり、美味しいモノ食べても、仕事は仕事じゃないとね。
 
と言われた方。
このほかにも色々な話をさせて頂いていて、仕事のアイディアを貰ったり、人生の楽しみ方などを垣間見せて貰っていました。

身体はそれほど丈夫では無かったようですが、パワフルな方だったのでまさかという思いが強いです。
昨日、お通夜に伺ってきたのですが、それでもまだまだ信じることが出来ません。

祭壇を見ながらふと思ったのは

 これやこの 行くも帰るも 別れては
 知るも知らぬも 逢坂(あふさか)の関

 蝉丸

見知った方もいれば、初めての方も。
そして、今まで生きてきた全ての人々が経験し、そしてこれからも経験していく別れ。
切ないけれど、世の常を感じていました。

そして、その場に佇んで思ったことは

 生きている限り頑張らなければ

ということ。
現在、色々な話が来ており尻込みしている自分がいたのですが、なんだか背中を押されたような気がしています
来年は、もっともっと頑張ります!
見ていて下さいね。 


 
 

秋ですね

●----------------●
     お米の注文はこちら
●----------------●

いよいよ寒くなったな~、と思ったら今日は随分と暖かいですね。
ですが、やっぱり朝晩は冷え込むわけで、まわりにも風邪引きがチラホラみえています。
どうぞ、みなさまご自愛下さいませ。

さて、山の方はすっかり紅葉がすすんでいるとか、ですがまだ平地では彩りが見えるわけでもありません。
それでも季節は進んでいるわけで、秋風になんだかもの悲しくなっていたりします。
 

月みれば ちぢにものこそ 悲しけれ
わが身一つの 秋にはあらねど

大江千里 


曇っていますが、その雲を通してなお月明かりが照らす明るい夜。
夜道を歩きながら、ふとオセンチにもなります。
まるで自分一人の下に秋が訪れたかのように思う勘違いは、遠い昔も今も変わりはしないようです。

bsPAK85_mangetutokumo20140713 (1)

なお大江千里は おおえせんり じゃないですよ。
おおえのちさと ですからね。

 
  

田植え終わりました

●-----------------●
   田圃開放日 6月7日(日)14:00~
   
販売サイト(売り切れ中)    
●-----------------●

みなさん、こんばんは。
今日はやけに暑かったですね。ニュースによると東京では5月の夏日数が過去最多の19回とか。
ボクも、草刈りをしていたのですが、ノドがカラカラになっていました。
これから先は熱中症の危険性が飛躍的に高くなるのですが、季節が移っていくのはヤッパリ嬉しいモノです。早く秋が来れば良いのにと、少しばかり早い夏の日差しをまぶしく見上げていました。

もちろん

 春すぎて 夏来にけらし 白妙の 
 衣ほすてふ 天の香具山

 持統天皇

を思い出していたのは言うまでもありません^^
青い空がまぶしくて、とっても好きな季節です。


さて、ということで田植えが終わりました。
5/10くらいまでには終わらせたいと思っていたのですが、気がつけば2週間も延びてしまいました。
いつ終わるのだろうかと倒れそうになっていたこともありました。

が終わらない仕事は無いわけでありまして、昨年の倍以上の

 約4.5ha

の作付けを完了いたしました。
満足のいかないところも多いのですが、よくやったと言い切らせて頂きます。
そう、少しずーずーしい位で無いと何かをやるってのは難しいですからねw

自分で自分を褒めることも大切です^^
みなさんも自分の最大のパートナーの自分自身を褒めて下さい。
きっと良いことあります。

たぶん^^


竜田揚げってなんで竜田揚げなの

●-----------------●
  田圃開放日 5月17日(日)14:00~
     
タケノコの注文はこちら
 出資者(クラウドファンディング)募集中   
●-----------------●

昨日の風は本当にスゴかった。
おかげで苗箱の上にかけた保温シートがめくれてしまい大変でした。

もう(+_+)


ところで、全く関係ない話ですが

 竜田揚げって、なんで竜田揚げって言うの?

か知っていますか?

11008


なんでも

 醤油で味付けをするので揚げると赤い色が付く。
 それを紅葉で有名な竜田川になぞらえたとのこと。

恥ずかしながらボクは全然知りませんでした。 
でも、竜田川と言えばもちろん百人一首の

 千早ぶる 神代もきかず 龍田川
 からくれなゐに 水くくるとは

 在原業平朝臣(17番)

を思い出します。
正直、昨日この話を聞いた瞬間に、スゴく気分が上がりました!

でも、揚げ物故に落語の方の「千早振る」の方も思い出してしまいます。
関取には揚げ物が似合いますものね~^^; 




※小さん師匠いいよね~♪


そんなことに思いを巡らせながら、お昼に一人でご飯を食べているとふと

 奥山に 紅葉踏みわけ 鳴く鹿の
 声きく時ぞ 秋は悲しき

 猿丸太夫(5番)

を、まだ春だって~のに思ってしまったり。
また、竜田川が出てくるもう一首

 嵐吹く 三室の山の もみぢ葉は
 龍田の川の 錦なりけり

 能因法師(69番)

を思い出してみたり。
秋の寂しさもしみじみと良いのですが、やはり秋は紅葉の綺麗さもとっても素敵です。
嵐吹く 三室の山の、と豪快に始まる辺りはとても素敵ですが、業平の方は 千早ぶる 神代も聞かず ともう豪快どころの騒ぎじゃ無い。
などなど、色々と思いが巡ります。

というわけで、なんだか竜田揚げを食べるのが楽しくなっています♪


ブログランキング
ブログ村
  • ライブドアブログ