ファームさきくませ -くりやまさん家のコシヒカリ-

千葉県四街道市でコシヒカリを作っている水稲専業農家です。 日々のことを書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

百人一首

筑波山に行ってきました

筑波山に、五穀豊穣をお祈りに行ってきました♪

OI000281


今年は、沢山お米を収穫したいです!
なお、この筑波山の山腹には男女川の始流と言われている場所があります。
そう男女川と言えば

 筑波嶺の 峰より落つる 男女川
 恋ぞつもりて 淵となりぬる

 陽成院

です。
百人一首の中でも好きな方が多い一首。
ボクも好き♡

というわけで(?)、頑張りまっす!!

曇天の七夕になにをおもうかな

●----------------●
     お米の注文はこちら
●----------------●
ども、初心忘れるべからず。
千葉県四街道市でコシヒカリを作っている水稲農家の 栗山 です。


今日も暑いですね。
東京都心では37℃を記録したとか。
まったく今夏はどーなっちゃうのよと心配しております。

さて、今日は七夕。
今でも織姫と彦星の話は子供達に語られているのでしょうか?
夜になりあいにくの曇天の下、ふとそんなことを思います。

ちなみに中国では、かささぎが天の川に橋を架けて、二人の逢瀬を助けてくれると言われているそうです。
そう

 かささぎの 渡せる橋の おく霜の
 白きを見れば 夜ぞ更けにける

 中納言家持 

です。
とはいえ、時期的には霜が降る頃の話なので、ちょっとこの時期とは違うんですけれど。

それでも明るすぎるため平地で天の川を見るのは至難の業。
昨夏、北アルプス燕岳で目にした 天の川 の美しさは本当に感動的でした。
ダウンジャケットを着ても寒い山の上、もしかするとその雰囲気を少しは感じていたのかも知れません。

bsMIYAKO85_okatoamanogawa20140725


昔の人って、色々な意味で不便を被っていたかも知れませんが、こんな景色を常に目にしていたのかと思うとなんとも不思議な感じがします。 

ではまた。

ブログランキング・にほんブログ村へ
 
      

花の散るらむ

●----------------●
     お米の注文はこちら
●----------------●
ども、初心忘れるべからず。
千葉県四街道市でコシヒカリを作っている水稲農家の 栗山 です。


昨日は久しぶりの快晴でとても嬉しかったですね。
田植え前には、出来れば晴れの日が続いて欲しいモノです。
そんな中、チラチラと桜の花びらが目の前を過ぎていきます。


 久方の 光のどけき 春の日に
 静心なく 花の散るらむ

 紀友則 


なんて思って、上を見上げたところ桜も随分と散ってしまいました。 


WP_20160412_07_33_36_Pro
 

ちょっと寂しいというのが本音。
ですが、今年は花冷えの時期が長かったのか、桜を楽しめる期間がいくぶん長かったような気もしています。
また来年、綺麗な花を咲かせて欲しいです。
その時、どんな気持ちで居るのかな。

というわけで、来年の桜を気持ちよく眺められるように(?)、頑張っております。 


ブログランキング・にほんブログ村へ
 
  

真っ白な山桜が満開♪

●----------------●
     お米の注文はこちら
●----------------●
ども、初心忘れるべからず。
千葉県四街道市でコシヒカリを作っている水稲農家の 栗山 です。


昨日、早稲品種ふさこがねの種まきを終わりました。
が、計算のミスもあり4日間トータルで938枚を撒きました。 
目標は1000枚だったのですが、うーんちょっと少ないですね。

仕方が無いので、これから播種予定のコシヒカリの作付けを増やして対応しようと考えています。

さて、昨日は久しぶりの晴れ。
私の大好きな桜も満開です。

P4060016


P4060014



 もろともに あはれと思え 山桜
 花より外に 知る人もなし
 
 前大僧正行尊


の句が浮かぶのですが、僕はこの力強い山桜の白さを観ると、なんだか力がわいてきます。
もちろんソメイヨシノや川津桜に比べるとずっとマイナー。
どちらかというと花は大きいですし、真っ白で色気に欠けてしまうかも知れません。
ですが、その大柄で真っ白な力強い姿こそ僕はひかれます。

というわけで、頑張りまっす♪


ブログランキング・にほんブログ村へ
 
 
 

おくやまに

●----------------●
     お米の注文はこちら
●----------------●
ども、初心忘れるべからず。
千葉県四街道市でコシヒカリを作っている水稲農家の 栗山 です。


先日、ボクの数少ない農家仲間から


 もしかして百人一首好きなの?

なんて声をかけられたので、もちろん

 うん♪

と答えたのですが、彼の口から

 おくやまに・・・

と流れ出たのにもかかわらず、

 こえ

決まり字を答えるのが精一杯。
歌が全然出てこなくてちょっと恥ずかしい思いをしてしまいました^^;

で、これがその歌。


 奥山に 紅葉踏みわけ 鳴く鹿の
 声きく時ぞ 秋は悲しき

 猿丸太夫


秋はパートナーを探す鹿の声が寂しいんだよね~、という意味の歌。
ちょっとマイナーな歌なので、すっと出てこなかったんですよね。

WP_20160217_21_27_43_Pro


なんて、最近はあまり百人一首に触れていないので、それが原因ですね^^;
まぁ、この歌を問いかける方もどうかと思いますが(^_^;)

ブログランキング・にほんブログ村へ
 
ブログランキング
ブログ村