ファームさきくませ -くりやまさん家のコシヒカリ-

千葉県四街道市でコシヒカリを作っている水稲専業農家です。 日々のことを書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

挨拶

2019年振り返りと2020年の見通し

9月末にようやく2019年度の稲刈りが終わりました。

刈り取り量は昨年より多く感じられたのですが、モミが厚くなっていたのか、結果的には昨年より終了は落ちました。
9月の台風被害というよりは、7月の日照不足、ならびに肥料不足かなと考えられます。

2018年に比べて、満足が図れた点は

 育苗を効率化できたこと
 資材の効率利用が図れたこと
 コンバイントレーラーによる機動力の上昇

などがあげられました。
反対に、問題点としては

 田植同時施肥トラブルによる肥料効果の低下
 畦の軟弱性
 水回りの不満足性

などが上げられます。
やることが多すぎたこともあり 40点 程度の自己採点になります。
悔しいですね。

さて、それを踏まえて来期は、作業の大幅な見直しを図ることにしました。

1:田植同時施肥を止める。
田植同時施肥は、前もって施肥をする必要が無く、田植え時にまとめて作業をすることが出来ます。
が、機械自体のトラブル、雨天では行えない、また面積が多くなると田植作業の効率化が阻害される点が問題になります。

さきくませでは上記の問題点が顕著になっているので、田植同時施肥をやめます。
それに伴い、肥料散布機ブロードキャスター)を導入します。

2:ロータリー耕からスキ耕体系への変更。
圃場内残渣の対応を考え、この秋から導入した草刈機フレールモア)での全圃場の除草を行います。
その後は、ディスクロータリーを利用したスキ耕。
さらに2メートルのドライブハローを利用した表層混和を行い、残渣処理と合わせて天地返し後に代掻きを行いやすい圃場条件を作ります。
現在、1.8mのロータリーを利用していますが、ディスクロータリーのスピードと、2mドライブハローの長さから耕耘作業のスピードアップも予想されます。

以上のことから
2月中に畦塗り機による畦塗りを行い、3月にブロードキャスターによる肥料散布、3月から4月の頭に2メートルのドライブハローによる混和。
そして、4月半ばからウイングハローによる代掻き。
4月20日より田植えを開始とする運びです。

3:肥料の見直し。
施肥体系を変更するにあたり肥料を一発肥料からローコスト資材(オール14)へと変更します。
本来は、ハイコスト資材を導入すべきと思うのですが、肥料効果に疑問がある点(温暖化に伴う狙い通りの効果が得られない問題)、ならびにマイクロプラスチックの問題から変更を決定しました。

なお、今期一定の手応えを感じた有機質資材(鶏糞)については、単肥での使用を増やす予定です。
また、在庫もあるので、2020年の肥料のコストは作付け面積の上昇がありながらも前年同様かもしくは低下させる予定です。

除草剤については、中期・後期剤で一定の成果が見えました。
ただし、水の管理が徹底することによりさらにコストの低廉化が図られるので、人の手当によって圃場の状態をよく出来ないかを検討しています。
初期剤については、本年の発注ミスにより2020年分まで用意できているので、かなりの低コスト化が図れそうです。
ドローンの導入については、資金的な問題から2021年以降へ持ち越し。

4:設備投資。
既に作業機(フレールモア、ブロードキャスター)を購入していますが、さらに機材の導入を予定しています。
トラクターについては60馬力クラスの中型機を検討していましたが、今期の収量低下からの資金不足により見送りし、30馬力クラスの中古トラクターを現在検討中。
田植機はすでに来期の利用は困難な状態ですので、地均しローター付きの中古田植機を物色しているところです。
当初予定よりも大幅に設備投資は縮小させることになりました。

5:人件費の増額。
4~5月期の水回りの困難性を排除するために、パートを受け入れることを考える。
もし難しいようならばシルバー人材センターに相談を行い、人の確保を最重点で考えたい。
その為にも、労働契約書の準備をしなければならない。
この辺りのことは、さきくませのウィークポイントであるため重点的に対応する。

6:その他
育苗関連については、施設が台風によるダメージを受けているので本年と同じ運用は出来ないと思います。
露地プールでの対応も検討する必要が出ています。
が、昨年の時点で露地プールを検討していたので、それほど問題は無いかとも考えています。

以上、2020年は設備投資を縮減し、肥料農薬のコストを低減させ、それらを人件費へ振り替えます。
作付け規模も、さらに増加しますがコストは本年同様にとどめる予定です。
また、秋から春にかけての作業を体系化し、かつ単純化することにより、より効率的な運営を図れるように努力します。


ブログランキング・にほんブログ村へ
 





新年あけましておめでとうございます。

謹賀新年。

久しぶりにゆっくりした新年を迎えています。

まぁ、怒濤の前の静けさなのかな^^;

さて、今年の目標ですが、数年にわたる目標になっています。

 人をしっかりと雇う

とまあ、至極当然すぎてあくびが出てしまうような物ですが、僕としては大きな一歩。

まず今年は、地元のシルバー人材センターを利用してみます。

その後、できれば直接雇用へと舵を切りたいです。

なんでこの順番なのかというと、やっぱり保険関係事務に不慣れと言うことが一番かな。

どうなることやらわかりませんが、本年もどうぞよろしくお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

そういえば さきくませ ってなんなの?

●----------------●
     お米の注文はこちら
●----------------●
ども、初心忘れるべからず。
千葉県四街道市でコシヒカリを作っている水稲農家の 栗山 です。


今日はトラクターのアタッチメントを調整して先日肥料を撒いた田んぼの耕耘。
さらに、草刈り、肥料撒き、野焼き、土嚢積み、とまあ頑張りました。
おかげさまでかなり疲れてしまいましたとさ^^; 

なお、肥料はすでに1.5トン程撒いたのですが、たぶんあと6トンくらいは撒くことになりそうです。
オレ大丈夫かな~(-_-;)

さてさて、気がついた方も多いかと思いますが、元旦から ファームさきくませ という屋号をつけました。
その為、このブログの名前もちょっと変わりました。
で、このさきくませって言葉は僕のとても好きな言葉です。

いわゆる古語のひとつで新明解古語辞典によると

 さきく【幸く】(副詞)
  無事に。つつがなく。

それに助動詞の「がつく形です。
日本書紀では 行矣 と記されています。

それほど多く出てくる言葉では無いのですが、
万葉集に収められている歌(※)に出てくるのですが、さっぱりわかりません^^;

なので最近の歌から。
平成16年の歌会始で皇后陛下が歌われた

 幸くませ 真幸くませと 人びとの
 声渡りゆく 御幸の町に

という歌が有名かと思います。

ここでは歌の感想などについては触れませんが、さきくませの意味合いとしては

 お幸せに

という様な意味合いですが、どちらかというと旅立たれる人へ向けての餞別の言葉というか、なんというか。
相手の背中を押すような言葉という感じですかね。
英語の Godspeed もニュアンスが近いのかなと思います。

そもそも、初めてボクが収穫をしたときに感じたのは、ただただ感謝だったんです

IMG_1237


天の恵み、地の恵み、そして人の恵み。
それが、このお米に凝縮されている。

もう、すっごい勘違いなのかも知れないのですが、この収穫したお米を多くの人に届けることが出来たらと思ったんです。
そして、このお米が届いた先の人達が、その周囲が幸せになってくれたらなんて嬉しいんだろう、と思ったんです。

もうそれって、つまり さきくませ ことじゃない、って訳です。

なにがだよって突っ込まれそーなんですが、そういう訳なんですキッパリ!
だからこそ、このお米の売り上げの一部を あしなが育英会 へも寄付しているわけです。

というわけで、その思いを忘れないようにファームさきくませと名付けました。
どうぞよろしくお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

   

※万葉集 巻十三 

 葦原の 水穂の国は 神ながら 
 言挙せぬ国 しかれども 言挙ぞわがする 
 言幸く まさきくませと つつみなく 
 さきくいまさば 荒磯波 ありても見むと 
 百重波 千重波にしき 
 言挙げす吾は 言挙す吾は

    反歌
 しきしまの日本の国は言霊のさきはふ国ぞまさきくありこそ

 柿本人麻呂

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。
皆様はいかがお過ごしでしょうか?
抜けるような青空の下、うららかな一日に心ゆったりと過ごしていました。

bsPPO_akaihaikeitomatukazari


本年は、ホップステップジャンプでいえばステップの年と位置づけております。
その為、かなり負荷がかかる一年になりそうですが、それはそれでまた楽しみでもあります。
果たしてボクは何処まで歩みを進めていけるのか。
全くわかりませんが、この日々を楽しんで過ごしていきたいと思います。

また、今期の山行については

 富士山0合目からの登頂

 北アルプス縦走(燕岳~大天井岳~常念岳)

を考えています。
槍ヶ岳に行きたいなと思っていたのですが、なかなか練習登山などの日程が詰められないので今期は諦めました。
生きてこそですからね^^;

こんな私ですが、どうぞ本年もよろしくお願いいたします!

   

平成27年も、もう大晦日

●----------------●
     お米の注文はこちら
●----------------●
ども、初心忘れるべからず。
千葉県四街道市でコシヒカリを作っている水稲農家の 栗山 です。


皆さん、こんばんは。
今年もいよいよあと1時間です。

bsPAK85_mangetutokumo20140713 (1)


色々あった一年でしたが、あっという間の一年でした。

今年の始まりは粉雪が舞うスタート


 新しき 年のはじめに 豊の年
 しるすとならし 雪の降れるは

 葛井諸会

なんて万葉集の歌があるもので

 今年は豊作間違いなし!

なんて暢気な話をしていたのですが、 初夏には温度の低い時期が続き生育に影響が出るわ、刈り取り時期は連日の雨に頭を抱えていました。

というわけで、けっこう大変な一年でした。

一方で、クラウドファンディングでの資金調達の成功、それに目標にしていた 北アルプス燕岳 に登ることが出来ました。

大変な一年でしたが、新たな一年に向けての良い助走になったのかなとも思っています。

さてさて来年がどんな年になるのかまだまだわかりませんが、ボクにとっても、皆様にとっても素敵な一年になることを祈りながら、レベッカの「フレンズ」を聞いています。

  
ブログランキング
ブログ村
  • ライブドアブログ