ファームさきくませ -くりやまさん家のコシヒカリ-

千葉県四街道市でコシヒカリを作っている水稲専業農家です。 日々のことを書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

作業機

レーザーレベラーがほしいです

いよいよ忙しなくなって日々を過ごしています。

でも、そんなときに田圃でボーッとすることもあるのですが、やっぱりレーザーレベラーがほしいなんて思ってしまいます。

products_leveler_ph_01

※スガノ農機webサイトより


P_20181028_101635_vHDR_On


だってさ、あの凸凹の田圃が、真っ平らになるんだぜ!

ちなみに、僕もトラクターダンプやロータリーやらを使ってなんとか平らにしようとしているのだけれど、兎に角時間がかかる。

もう本当に嫌になるくらい時間が必要なの。

それがレーザーレベラーなら簡単に平らになる。

そう真っ平らに!

でも、でかくて重い。

そして、激烈に値段が高い。

単体では利用できないので、引っ張るためのトラクターが必要。

レーザーレベラーは重い(1000kg程度)のでトラクターも最低でも2000kg、できれば2500kg以上の重量がほしいところ。

我が家のトラクターはたったの1600kgとやせっぽち

まず引けない(>_<。)

そして、前提としてプラウ体系で使うことになる。

ロータリー耕ではなくてプラウ耕でないとならない。

だから、プラウが必要

出来ることなら、さらにパワーハローもしくはバーチカルハローがほしいところ。

というわけで導入するとなると

 ハーフクローラーの中型トラクター

 水田用ワンウェイプラウ

 牽引式レーザーレベラー

の三点が最低でも必要。

全部新品で揃えると・・・・・・1500~2000万円くらい必要なんじゃ無いか

レーザーレベラーの中古は出ないけれど、その他ならなんとか見つけられるかな、どうかな?

それでも1000万円は越えちゃうよ~T_T

しかし、それに目をつぶってもあまりある見返りがあるのがレーザーレベラー

直播無代掻き移植などの新技術利用が可能になりますし、代掻きをする場合にも素早く作業を終えられるのでどうしても導入したいところです。

ていってもまだまだ先ですw



スガノwebサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
 

フレールモアはいいね♪

ちょっとばかり前ですが、地元の団体で休耕田の草刈りを毎年行っているのですが、今年は僕もお手伝いをしてきました。

フレールモアというトラクターで利用する草刈り機を使っての作業です。

IMG_20190226_084217_719


初めての作業機なので、正直いうとかなりドキドキしていました。

が、その作業機の実力はものすごくって、あっという間に伸び放題の草をやっつけていきました。

今まで、チマチマと草刈りをやっていたあれはなんだったのか?

この伸び放題の草が

P_20190225_130844


こうですよ!

P_20190225_163201


まじすごいっす!!


ブログランキング・にほんブログ村へ
 

トラクターダンプでの均平作業終了!

こんばんは。

もう二月も半ば。千葉の水稲農家は忙しくなってくる頃合いでしょうか?

ということで、昨日ようやくトラクターダンプを利用しての整地作業を一段落させました。

IMG_20190217_154617_325


P_20190216_141403


キャビン内からのビュー。
表は寒かったw

IMG_20190212_162536_080


溝のようになっているところが、このアタッチメント(トラクターダンプ)で削り取った跡です。

けっこう土を持ってこれるので、なかなか頼りになります♪

今年は、昨年一枚にしたけれど段差がまだ残っているところの修繕もしました。

なんとかキッチリとした田圃になってほしいところです。

この後は、畦が崩壊しているところの修繕などをして、2月末頃から一気に耕起を実施します。

そろそろ畦塗りもしたいのですが、もうしばらく先かな。

がんばりまっす!!


ブログランキング・にほんブログ村へ
 

コンバインクローラー交換(3)

というわけで、週明けイセキに部品が入ったので交換作業再開!

グリスを塗ったり、潤滑油を差したり、転輪をくみ上げたりバタバタと進みます。

その後、くみ上げた転輪をセットし、フォークリフトで新しいクローラーを運んで、はめ込みます。

簡単に入る物では無いので力技

まずはスプロケット(ギザギザのついている転輪で、クローラーを駆動させるもの)にはめ込みます。

ただ、一本80kg程度あるので、そうそう簡単には入りません。

フォークリフトでグイグイ押し込んで、スプロケットにかんだら、今度は後ろの転輪にはめ込みます。

はい、もちろん人間の力ではいるはずも無く、ここでもチェーンブロックを利用。

ようは、ワイヤーなりで内側に引っ張ってやって強引にかませるという感じ。

そうして、ジャッキアップされた状態でクローラーを回転させる。

ゆっくりゆっくり回転させてやると

 ガコッ!

と入るんですよ^^;

というわけで、傾いて揺れるコンバインにドキドキしながらもクローラーの交換作業は終了!

P_20190130_164721

P_20190130_164713


正直、一人でやるのはムリですね。

しかも、道具も必要だし、命の危険を感じるし。

今回は先輩達のおかげでなんとかなりました。

やっぱり先輩はすごいっす!

そして、もう二度と自分では交換作業など行いません、そう決断しました。

だって大変だもんw

で、古いクローラーはカッターとサンダーを利用して切断!

IMG_20190130_170921_400


ゆるい場所にもっていって再利用を図ります。

つか、これも重いw



ブログランキング・にほんブログ村へ
 





 

コンバインクローラー交換(2)

さて、引き渡し重量が190kgあったクローラーを用意して、まずはコンバインからクローラーを外します。

IMG_20190125_161847_021


あっという間に外したようにみえますが・・・まったく外せなくて、お世話になっている農家の方に相談して、その方の作業ブースへ搬入。

最初はボトルジャッキで上げようと思っていたのですが、

 死んじゃうからよせよ

とたしなめられ、ガレージジャッキを利用して、ブロックチェーンで引っ張って、フォークリフトで支えて何とか取り外せました。

車両重量2トンのコンバインが揺れるたびに

 ほんと死ぬかと思った^^;

IMG_20190125_161847_028


取り外したクローラーはこんなに切れていて、いつ破断してもおかしくない状況。

しかし、予想外だったのはこのクローラーを外れないように抑えている転輪がダメになっていました。

IMG_20190125_161847_027


これがその転輪を外したものですが、ボールベアリングが完全に破壊されていて、ボールのボの字もありませんでしたw

しかも、転輪自体もベアリングが無くなりながらも働いていたために、中身が完全に削られていて、新しいベアリングを入れてもベアリングを保持することができない有様。

ということで、イセキに急いで連絡してメーカー在庫をチェック。

その後、近隣のイセキへと車を飛ばして部品の注文に走りました。

入荷は週明け・・・治せるのか心配になっていたのは内緒ですT_T


ブログランキング・にほんブログ村へ
 




ブログランキング
ブログ村
  • ライブドアブログ