ファームさきくませ -くりやまさん家のコシヒカリ-

千葉県四街道市でコシヒカリを作っている水稲専業農家です。 日々のことを書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

肥料

緑肥が芽を出しました~

先日のエントリーで緑肥を撒いたことを書きました。

で、どんな塩梅なのよというと。

P_20181107_145937_vHDR_On

P_20181107_150020_vHDR_On


こんな感じで少々まばら。

P_20181107_145926_vHDR_On


小さな葉をいくつも持っているのが、今回撒いた緑肥 ヘアリーベッチ です。

種類は、早生でじゃっかん水に強いといわれている 藤えもん という品種です。

でも、ちょっと小さいかなという感じもしますが、まぁ伸びては来ているので大丈夫なのかなと考えています。

無耕起に比べると、ロータリーで播種後に軽く耕したこともあり少し遅いのかなという感じもします。

でも、大丈夫でしょ!

きっとね^^;


ブログランキング・にほんブログ村へ
 


平成31年にむけてスタートは緑肥作物だ!

平成30年の収穫が終わり約1ヶ月が経ちました。

あっという間だなと思う反面、新しい期も忙しくスタートしています。

まず、緑肥作物の播種。

緑肥というのは、植物を肥料に使おうっていう話です。

植物だったらなんでもいいわけではなくて、窒素分の固定化がしやすくて、かつ無機化率が早いものが良いです。

 ※無機化率とは有機体窒素が無機態に変容する割合のこと。
  たとえば2週間で8割程度なんて表現がされます。

田圃の場合だとヘアリーベッチという豆科の作物。

養蜂では蜜源としても使われる作物ですね。

これが窒素分を固定化してくれて、うまくいけば反当たり8kg程度の窒素を入れることが出来ます。
無機化も早いので3月の終わりにすき込んで、5月の田植えには間に合っちゃうような存在です。

 ありがたい!

で、だいたい9月の終わりから10月の頭にかけて種まきをします。
去年までは、撒きっぱなしだったのですが、県の担当者から

 播種後、薄くロータリーをかけた方が良い

と指摘されたので、

 1:初期耕耘(ダイヤル3程度)

 2:動力散布機で播種(1反に4kg)

 3:再耕耘(ダイヤル1~1.5程度)

 ※ダイヤルはトラクターの作業機深さ選択ダイヤルのメモリ

で、実施。
初期耕耘は昨年はスピードのみを意識していたので、4速2000回転PTO2速でやっていました。

が、先輩から

 2回目以降ならそれでいいけれど、

 スピードが速すぎるのでトラクターの自動機能が追いつかない

 その為に、耕盤ががたがたになっている。

と指摘されたので、2速2000回転PTO2速でゆっくりと耕しています。

今回は、ロータリーの爪も交換したのでかなりやりやすいです。
ただし、ゼット爪にしたために1セットボルト込みで10万円オーバー
でも、耕耘時の破砕性もよく、さらに燃費も向上しています。

さて、そんなこんななのですが、ヘアリーベッチの姿はまだ見えず。
そろそろ出てきても良いんじゃないのかとヤキモキしていますw


ブログランキング・にほんブログ村へ
 

肥料撒きと祝☆日本代表アジア制覇と

●----------------●
     お米の注文はこちら
●----------------●
ども、初心忘れるべからず。
千葉県四街道市でコシヒカリを作っている水稲農家の 栗山 です。


今日は、いやー疲れた。
午後から鶏糞約1トンを抱えながら撒いてきました。
死ぬかと思った。


WP_20160122_13_25_41_Pro

これは大人買いした鶏糞。
300袋あるので4.5トンになります。

なお、今月に入ってから既に5トンほど撒いているんですけれど、今日は田圃の真ん中で

 こんなことよくやってるよな

なんて、ちょっと苦笑していました。
でも、今年は苦しいけれどコレでいこうと決めていたので、そこはガマン!
あと5トン撒けば終わるので、もうちょっと思い頑張ります!!


頑張ると言えば、昨晩のサッカーAFC・U23選手権決勝
我らが日本代表が韓国代表を下しアジアチャンピオンに輝きました!
おめでとうパチパチ(*^-^*)

前半から後半の頭まで韓国のペース。
しかも、相手はがたいが良いし、落ち着いた感じで試合をコントロールしているしで

 分が悪いな~

なんて思いながら眺めていました。
正直、後半の韓国側の得点シーンにかなりガッカリしていました。
もちろん、韓国代表は強くなくちゃ困るので、悔しいけれど仕方がありません。

と、思っていたところ、なんと僅か1分で2点を日本が返し同点!
さらに13分後には勝ち越しゴールが突き刺さる!

あれよあれよの逆転劇に寝るのも忘れてしまいました。

だから、寝不足の影響もあって疲れてしまったのかも知れませんね^^;


 ブログランキング・にほんブログ村へ


もう持たないだろうな

●----------------●
     お米の注文はこちら
●----------------●
ども、初心忘れるべからず。
千葉県四街道市でコシヒカリを作っている水稲農家の 栗山 です。


今日も暖かくて、というか熱くて、なんだか変な感じ。

sun


きっと虫が死んでくれなかったり、雑草が痛めつけられなかったり、困ったことになりそうですよね~。

で、そんな中、今日は肥料15kg袋を77袋撒いていました
1日かけて約8000㎡ほどしか撒けませんでした。

現在は、

 フサコガネを植える田んぼへは 窒素分 9.36kg (7.49kg)
 コシヒカリを植える田んぼへは 窒素分 4.68kg (3.74kg)

 ※()内は無機化率勘案後の値


を与えることとしています。
なお、今回はほとんどを鶏糞で撒くため、無機化率を考えるとおおよそ80%程度が基肥として利用出来るものと考えています。
無機化率とは、有機質肥料がある一定期間で無機質になる割合のことです
また、この無機化に時間がかかる肥料の場合には、微生物が有機質肥料を無期分解するために大量の窒素を使うので窒素飢餓の症状を呈することがあります。
とはいえ、鶏糞の場合には素早く無機化されるのであまり窒素飢餓の症状は考えなくても良いのかなと思っています。

今月中にあと6haほど撒く予定です・・・死にそう^^;

で、近くでトラクター耕をしていた爺さんがやってきて、ちょっと話をしていました。
その中で、こんな話が出ていました。


 この先、農家は持たないだろうな。
 やる奴がいないよ。
 家は倅がまだやってくれるから良い。
 けれど、オレが手伝えなくなったら、借りているのは返すといっているよ。


正直、寂しいというのが本音です。
オレが始めた頃に頑張っていた爺さんも、何人かはその姿を見なくなりました。
オレくらいの年齢でやっている奴もほとんどいません。

これが農家の実情ともいえるのですが、でも今までの形が持たないと言うことは、これイノベーションの余地があることだと思うんです。
ドローンの技術や、農家へもITの波が少なからず届き始めています。

寂しいを寂しいで終わらせるのでは無く、寂しいからハッピーへと変えられるように頭を向けようと思った次第です。
というわけで、頑張りますよ~♪

   

秘密兵器投入


今日は、休耕明けの田んぼに除草剤を撒いていました。

恥ずかしながら畦がシッカリしていないので、水が抜けることもあったためこんな状態です^^;

WP_20150628_17_50_53_Pro


もう、雑草だらけで恥ずかしいのですが、ここで

 アキラメ、ダメ、ゼッタイ

なわけで、ヒエ以外にも効果のある液剤 クリンチャーバスME を散布しました。
希釈倍率100倍での動力噴霧器を利用しての散布。
先日までの手動蓄圧式噴霧器に比べて楽に、多くの量を噴霧出来たのでずっと良く効くのでは無いかと虎視眈々出あります。


それから、昨日のエントリーで今日は 

 秘密兵器を投入する

と書いていたのですが、その秘密兵器を利用して肥料散布を行ってきました。
まぁただの動力散布機のことなのですが、それでも手で蒔くに比べれば非常に楽チンなわけです。


WP_20150628_13_15_58_Pro


近所の爺さんが

 使ってみるか?

と声を掛けてくれ、ちょっと修理をして肥料散布をしました。
で、感想としては

 すっごい楽チン

20mくらい飛んでいくので田んぼの中にわざわざ入る必要がないのはとても嬉しいです。
が、肥料を入れておく容積が少なく、また散布量が少ないので思いの外時間がかかります。
圃場10aに対して肥料20kgを散布するとなると、すくなくとも肥料の補給を2回はしないとなりません。
これよりも一回り大きく、エンジンサイズも大きいモノになればその辺りは解決すると思いますが、お値段が張るのでなかなか購入するのも悩みどころです。

なお、除草剤などの粉剤散布は写真のモノで問題なくバンバン蒔くことが出来ると思います。


今回利用したのはこちら。
10万円は・・・やっぱりちょっと高いっす^^;


で、自分の欲しいのはエンジンが大きくなり、肥料容量も大きいこちら。
でも、やっぱり高いっす^^;
ブログランキング
ブログ村