ファームさきくませ -くりやまさん家のコシヒカリ-

千葉県四街道市でコシヒカリを作っている水稲専業農家です。 日々のことを書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

田植え

田植機の修理完了

昨日、ようやく田植機の修理部品が届きました。
農機具メーカーはゴールデンウイークも仕事をしているのですが、エンジンは別のメーカーのモノ。
その為、ゴールデンウイークが明けるまでグッと堪えておりました。

さて、朝から田植機の修理開始!

P5111249


カバー類を外します。

P5111251


エンジンオイルを抜いている間に、部品を並べます。

P5111250


まずは、テンションを外して動力ベルトを外し、さらにオルタネーターのボルトを緩めてベルトを外します。

P5111252


つぎに燃料タンクを外して、オルタネーターを取り外します。

P5111254


さらに、マフラーを外して、さらにプーリーを外します。
プーリーはインパクトドライバーを利用すると外すことが出来ますが、レンチではプーリーがまわってしまうので外すことが出来ません。

そうしてようやくエンジンカバーを外します。
この時、プラスチックハンマーで叩くと良いようです。

P5111256


油脂を落とす為にブレーキクリーナーを吹きつけ、拭き取ります。

P5111257


上の写真は新品のエンジンカバー。
ベアリングなどをハンマーではめ込んでおきました。

念のため、接合が出来るのか確認。
確認した後に液状ガスケットを接合面に伸ばしてガスケットを貼り付けます。
さらに液状ガスケットを貼り付けたガスケットに伸ばして、ようやくエンジンカバーを取り付けます。

もちろんボルトはたすき掛けでしめます。
仲間から聞いたとおり、ちょっとづつ締め付けていき、均等に力がかかるようにすすめます。

オルタネーターやマフラーを取り付けていき、エンジンをかけます。

P5111260


 かかった!
 アイドリングも安定!

というわけで、お昼頃に修理完了。
ようやく今年の田植えがスタートするような気になりました。

その後、試運転をするのですが、4条植えとは全く異なりました。
まず、準備に時間がかかる。

4条植えは苗をセットするだけですが、7条植えのマシンの場合には苗のほかに、肥料をセットし、さらに除草剤もセット。
さらにガードフレームを延長して、植え付け部レールも延長

次に、やっぱり重い。
4条植えよりもタイヤが随分大きくなっているのにぐぐっと潜ります。
それでも、全然落ちないんですけれどね。

それからフロントウエイトが更に必要そう
進入部分から出ようとすると、そんなに高低差があるわけでは無いのに前が浮いてバンザイしてしまいます。
仕方が無いので、フロント部分に自分が移動する形で脱出。
これは怖かった~。

あとは、施肥と除草剤散布量の調整が難しいですね。

まだ慣れていないのでおっかなびっくりですが、とにかく植え付けが早い!
4条植えの3倍程度のスピードで植え付けます。
その分準備に時間がかかるのと、取り回しに慣れていないですね。
明日は雨の予報が出ているので、明後日もしくは月曜日からいよいよ本格的に田植えをスタートします。

もう、随分遅れちゃったよ(>_<。)
というわけで頑張りまっす!!


ブログランキング・にほんブログ村へ
 
 

遅ればせながら田植えスタート

連日トラブルだらけですが、ようやく田植えをスタート。
昨年までの主力機(4条植え)で対応することになりましたが、それでもなんとかスタートが切れました。
軽トラに乗る小型田植機はやっぱり心強いです。
ありがたい!

ですが、午後の代掻きではトラクターが田んぼにハマってしまいましたorz
焦りすぎですかね。

明日も頑張ります!!

鉄コーティング

先日、鉄コーティングをしてきました。

 ???

 で、鉄コーティングって何よ?

という人いるでしょうね。
鉄コーティングというのは 湛水直播 用に種籾を鉄粉でコーティングするものです。

 湛水直播?

えっと、タンスイチョクハと読みます。
湛水直播というのは代掻きを行った田んぼに、直接種籾を撒いて稲作をするというモノです。

で、直播きの場合には鳥による食害をうけるので、鉄粉で水につけた種籾(積算60℃)をコーティングします。なお、割合は

 種籾  4kg
 鉄粉  2kg
 焼石灰  200g

で、混ぜる際には種籾は湿らせておく必要があります。
正直、水をふきかける必要もあります。
そして、上手い具合にコーティングが出来たら

 シリカゲル 60g

を混ぜます。
これを混ぜないと、鉄粉が固まり種籾がくっついてしまいます。
また、熱を持つ為に苗箱などに広げておく必要があります。だいたい4kgで4~5枚。

P_20170309_142558


数日すると参加して茶色くなります。
コーティングした種籾は半年程度は持つそうです。

P_20170309_133901


わかりづらいですけれど、このミキサーにかけてコーティングしました。

面積も増えてきたので、直播の拡大を検討しています。
今年は試しにちょっとだけ行います。

現在、直播は専用の田植機を利用するケースが多いのですが、試しなので動力散布器を利用して撒きます。
その場合には、水をある程度張った状態で撒く必要があるそうです。
水が緩衝材にならないと、田面に深く潜ってしまうので発芽しない可能性があるとのこと。

というわけで、今年は直播にチャレンジ。
温度に敏感なので、5月(暖かく)になってからになります。

どうか、上手く行きますように!!


ブログランキング・にほんブログ村へ
 
 

 

田植え終わりました!

●----------------●
●----------------●
ども、初心忘れるべからず。
千葉県四街道市でコシヒカリを作っている水稲農家の 栗山 です。
現在、クラウドファンディングを利用して資金調達を行っております。
残り約1ヶ月。
ご支援、ご紹介などよろしくお願いいたします。


いやー、辛かった~。
でも、楽しかった~。

というわけで、昨日ようやく田植えを終わらせることが出来ました。
色々とトラブルもアリ、予想よりも1週間程度遅くなってしまいましたが、良くやりきったと思っております。

失敗多いのに満足していてイイノかよ!

なんて声もあるかも知れませんが、なんとか倒れることも無く、やりきることが出来たことを素直に評価しています。
まぁ、ボクの場合には前のエントリー(ブログを始めました!よろしくお願いいたします。)にも書きましたが師匠もいないですし

 失敗し放題!!

なので、たかだか失敗くらいでボクにストップかけることは無理ですねw

ちなみに、昨日は僕の評価を上げてくれた田圃の田植えを行いました。

WP_20160601_10_23_10_Pro


畦の草がボーボーなのは目をつむって下さい(-_-;)

ここは、多くの人がトラクターを落として、結果的に撤退することになった田圃。
たしかに深いですし、部分部分で土質がピートモスのような緩い土質になります。
色々な方から、

 あの田圃大丈夫だったか?

なんて声をかけられます。
他にも、深い田圃を何枚かやっているのですが、そういった田圃へ作付けしていることを周りの方はみんな知っています。だから、

 大したもんだね

と言われるのだと思います。
とはいえ、まだまだ上手くいかないことばかりなので、課題は課題として改善に取り組んでいかなければなりません。

 除草をどうするか
 稲刈りをどうするか
 秋の基盤整備をどうするか

などなど考えなければならないことばかりです。

さて、上記した田圃にですが、昨年は外周部分への作付けは深くて出来ず、また植えたはずなのに田圃の真ん中部分の稲は腐ってしまったのか無くなってしまいました。
多分、土中に有機物が埋まり、それが発酵してガスを出していたからだと思います。

今期も

 深いな~

と思いながら代掻きも田植えを行っていましたが、田植え作業中に田植機を落としてしまいました。

WP_20160601_13_37_46_Pro

これは別の田圃ですが、こんな風に落とすと埋まってしまいます。
これをトラクターで引っ張って脱出させます。

今期は合計で3回落とすことになりましたが、ショックは当然あるのですけれど、段々となれてきて

 まぁ、しょうがないか

ぐらいですむようになってきました。
脳みそは 辛いことなんてしたくない楽をしよう と信号を送っていますが、ボクは自分の脳みそ信用してないので、勝手に言わせて僕自身が僕自身をコントロールするようにしています。

とはいえ脳みそに負けるときもありますが、それはご容赦下さいませ^^;

さてさて、ちょっぴり楽をして、まだまだ頑張ります♪


※作付け後の写真は取り忘れました^^;


ブログランキング・にほんブログ村へ
 
   
 

田植機を落としちゃいました

●----------------●
●----------------●
ども、初心忘れるべからず。
千葉県四街道市でコシヒカリを作っている水稲農家の 栗山 です。
現在、クラウドファンディングを利用して資金調達を行っております。
残り約1ヶ月。
ご支援、ご紹介などよろしくお願いいたします。


昨日は、午後から晴れるという話でしたが、晴れ間の一つも見えずカッパを着たまま田植え。
当てにならない天気予報はともかく、途中から雨の中作業をしているのが楽しくなってしまったのはナイショw

深い田圃もあって、さすがにヤバそうなので体重移動を駆使して、なんとか落とさないように頑張っていました。


rps20160503_184123


これは田圃から脱出するシーンですけれど、田植機の前に身体を移動させてバランスを取ることも。
これを田圃の中でやる訳なんですけれど、最近は慣れてしまいましたが、最初の頃はやっぱり怖かったですね。

で、なんとかかんとか落とさずにいたのですが、

残念ながら、あとちょっとで田圃から出られるというところで見事に落ちてしまいました。

あとちょっとで農道なのに、むなしく空転するタイヤorz

軽トラで引き出そうともしてみましたが、一人しか居ない状況では角度をつけて引っ張ることが出来ないため断念。

角度をつけないで引っ張っても、ちゃんと舵を切って田植機を操作出来る人間が居れば、引っ張る方にだ出することは出来るのですけれど・・・まぁ、一人でやっているのでこのあたりは致し方有りませんね。 

というわけで、急ぎトラクターを持ってきて、小回りをきかせ真っ直ぐに引き出せるように段取り、見事に脱出成功。

WP_20160530_17_37_07_Pro

 
とはいえ時間がかかってしまったので、結局一枚は今朝へと持ち越し。
それでも、思いの外早く作業が終わり、なんだかトラクターで引き出した後は

 良い方向へ

潮目が変わったような気がしています。
まぁ、気持ちの問題かも知れませんけれどね^^;

さてさて、頑張りまっす!!

 
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
   
ブログランキング
ブログ村