ファームさきくませ -くりやまさん家のコシヒカリ-

千葉県四街道市でコシヒカリを作っている水稲専業農家です。 日々のことを書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

田植え

もうすぐ田植えが終わります♪

昨年は6月まで田植えをしていましたが、

 今年は5/15まで、延長戦で20日まで

と心に決めて田植えを始めました。
昨年はGWに入ってからのメンテナンスで田植機が壊れ、5月の頭にほとんど田植えが出来ませんでした。

今年は、4/29から田植えがスタート。
昨年、補助機でスタートした5/5には4町歩以上の田植えを実施。
そして、本日5/17の時点で約11町歩の田植えを終わりました。
明日、乗用田植機で行う田植えは終了。
5/20に歩行型田植機で何枚か田植えをして本年の田植えは終了します。

ちょっと写真で振り返ります。


3月に耕耘できず、代掻きなんとかしようとした図

received_1705043609612507


七条植田植機が頑張るの図

received_1700977386685796


雨にも負けず(肥料撒き機構がつまる・・・雨の日はやっちゃダメ)

IMG_20180511_060224_141


代掻き終わらないよぉ

IMG_20180505_190145_565


田植機が田圃のぬかるみで身動きがとれなくなりトラクターで救出!

received_1702988419818026


晴れの日は気持ちが良い

IMG_20180511_060224_138


とか思ったら車輪が折れる(゜Д゜)

P_20180516_170323_vHDR_On


で、直す(先輩に溶接してもらいました。ありがとうございます)

P_20180517_064144_vHDR_On


ということで、あともうちょっと!

received_1702988406484694


がんばりまっす!!
ずーずーしいですが、応援よろしくお願いいたします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
 
 

田植え終了しました~

ご無沙汰いたしております。
恥ずかしいことに、田植えに随分と難儀していました。

遅くとも5/25には終わるだろうと思っていたのですが、全く段取りが立てられずに6/1までかかってしまいました。

中干しまで、あと15日。
分けつが間に合うはずも無く、低収量に陥ることは間違いなし。
試しに、中干し直前くらいに追肥を実施してみようかと思うのですが、どんなものかな~。

振り返ってみると、機械のパワーを求めることによって、何とかしようと思っていました。
けれど、それよりも人が必要だということを強く意識させられました。

全部は一人じゃ出来ないよね(´Д`)

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

田植機の修理完了

昨日、ようやく田植機の修理部品が届きました。
農機具メーカーはゴールデンウイークも仕事をしているのですが、エンジンは別のメーカーのモノ。
その為、ゴールデンウイークが明けるまでグッと堪えておりました。

さて、朝から田植機の修理開始!

P5111249


カバー類を外します。

P5111251


エンジンオイルを抜いている間に、部品を並べます。

P5111250


まずは、テンションを外して動力ベルトを外し、さらにオルタネーターのボルトを緩めてベルトを外します。

P5111252


つぎに燃料タンクを外して、オルタネーターを取り外します。

P5111254


さらに、マフラーを外して、さらにプーリーを外します。
プーリーはインパクトドライバーを利用すると外すことが出来ますが、レンチではプーリーがまわってしまうので外すことが出来ません。

そうしてようやくエンジンカバーを外します。
この時、プラスチックハンマーで叩くと良いようです。

P5111256


油脂を落とす為にブレーキクリーナーを吹きつけ、拭き取ります。

P5111257


上の写真は新品のエンジンカバー。
ベアリングなどをハンマーではめ込んでおきました。

念のため、接合が出来るのか確認。
確認した後に液状ガスケットを接合面に伸ばしてガスケットを貼り付けます。
さらに液状ガスケットを貼り付けたガスケットに伸ばして、ようやくエンジンカバーを取り付けます。

もちろんボルトはたすき掛けでしめます。
仲間から聞いたとおり、ちょっとづつ締め付けていき、均等に力がかかるようにすすめます。

オルタネーターやマフラーを取り付けていき、エンジンをかけます。

P5111260


 かかった!
 アイドリングも安定!

というわけで、お昼頃に修理完了。
ようやく今年の田植えがスタートするような気になりました。

その後、試運転をするのですが、4条植えとは全く異なりました。
まず、準備に時間がかかる。

4条植えは苗をセットするだけですが、7条植えのマシンの場合には苗のほかに、肥料をセットし、さらに除草剤もセット。
さらにガードフレームを延長して、植え付け部レールも延長

次に、やっぱり重い。
4条植えよりもタイヤが随分大きくなっているのにぐぐっと潜ります。
それでも、全然落ちないんですけれどね。

それからフロントウエイトが更に必要そう
進入部分から出ようとすると、そんなに高低差があるわけでは無いのに前が浮いてバンザイしてしまいます。
仕方が無いので、フロント部分に自分が移動する形で脱出。
これは怖かった~。

あとは、施肥と除草剤散布量の調整が難しいですね。

まだ慣れていないのでおっかなびっくりですが、とにかく植え付けが早い!
4条植えの3倍程度のスピードで植え付けます。
その分準備に時間がかかるのと、取り回しに慣れていないですね。
明日は雨の予報が出ているので、明後日もしくは月曜日からいよいよ本格的に田植えをスタートします。

もう、随分遅れちゃったよ(>_<。)
というわけで頑張りまっす!!


ブログランキング・にほんブログ村へ
 
 

遅ればせながら田植えスタート

連日トラブルだらけですが、ようやく田植えをスタート。
昨年までの主力機(4条植え)で対応することになりましたが、それでもなんとかスタートが切れました。
軽トラに乗る小型田植機はやっぱり心強いです。
ありがたい!

ですが、午後の代掻きではトラクターが田んぼにハマってしまいましたorz
焦りすぎですかね。

明日も頑張ります!!

鉄コーティング

先日、鉄コーティングをしてきました。

 ???

 で、鉄コーティングって何よ?

という人いるでしょうね。
鉄コーティングというのは 湛水直播 用に種籾を鉄粉でコーティングするものです。

 湛水直播?

えっと、タンスイチョクハと読みます。
湛水直播というのは代掻きを行った田んぼに、直接種籾を撒いて稲作をするというモノです。

で、直播きの場合には鳥による食害をうけるので、鉄粉で水につけた種籾(積算60℃)をコーティングします。なお、割合は

 種籾  4kg
 鉄粉  2kg
 焼石灰  200g

で、混ぜる際には種籾は湿らせておく必要があります。
正直、水をふきかける必要もあります。
そして、上手い具合にコーティングが出来たら

 シリカゲル 60g

を混ぜます。
これを混ぜないと、鉄粉が固まり種籾がくっついてしまいます。
また、熱を持つ為に苗箱などに広げておく必要があります。だいたい4kgで4~5枚。

P_20170309_142558


数日すると参加して茶色くなります。
コーティングした種籾は半年程度は持つそうです。

P_20170309_133901


わかりづらいですけれど、このミキサーにかけてコーティングしました。

面積も増えてきたので、直播の拡大を検討しています。
今年は試しにちょっとだけ行います。

現在、直播は専用の田植機を利用するケースが多いのですが、試しなので動力散布器を利用して撒きます。
その場合には、水をある程度張った状態で撒く必要があるそうです。
水が緩衝材にならないと、田面に深く潜ってしまうので発芽しない可能性があるとのこと。

というわけで、今年は直播にチャレンジ。
温度に敏感なので、5月(暖かく)になってからになります。

どうか、上手く行きますように!!


ブログランキング・にほんブログ村へ
 
 

 
ブログランキング
ブログ村