ファームさきくませ -くりやまさん家のコシヒカリ-

千葉県四街道市でコシヒカリを作っている水稲専業農家です。 日々のことを書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

2016年09月

落としそうで落とさない

今日は午後から稲刈りをはじめて 4000㎡ の刈り取りを行いました。
もうちょっと頑張りたかったのですが、なかなか難しいモノですね。

さて、今回刈り取りを行っていて、結構コンバインの扱いが上手くなってきたと感じています。

特に昨年。
あの酷い雨のおかげで、コンバインを落とす感覚がかなりつかめていたようです。
おかげさまで、今年はギリギリまで突っ込むことが出来ています。

WP_20160902_17_57_04_Pro


これは先日、稲刈りをした田圃。
昨年、落としたところです^^;

コンバインのエンジン音と、ほんのちょっとですがスピードの減速、そして沈み込んでいく感覚。
それらに注意を払ってコンバインを操作しています。
大体、落ちそうなときはググッと沈み込んでいきます。

ただし、今日はもうちょっと行けたかな?と思うときもアリました。
でも、あんまり突っ込みすぎると落としちゃうし、なかなか難しいですね。

というわけで、この不順な天候には辟易しておりますが、色々と楽しんで作業を進めています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
 
    


 

どーしたもんじゃろの~

連日、稲刈りをしております。
今日は詰まることも無く快調に刈り取りを進めていました♪

rps20150915_174528


コレは去年の写真。
しかし、昨年より一気に倍になりましたので、3条刈りのコンバインでは少々力不足になってしまいました。

購入した頃は、2条とは全然違って感動していたのですが、いかんせんサイズに合わなくなってきています。
来年は10ヘクタール以上になるため、これでは難しいというのが本当のところ。
田植機も、もう4条植えでは力不足。

それぞれ更新しなければならなくなってしまったようです。
あっ、もちろん中古ですよ^^;
欲しい機械は新車だと、田植機は300万弱。コンバインは、おめでとう1000万円!
そんなお金無いっすよw

 さーて、どうしたもんじゃろの~(*_*) 

中古を購入するか・・・
それとも、外注するか・・・

そういう問題よりも、考え方の枠組みを変えないと上手く行かなそうですね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
 
    



ユニバーサル農業交流会に参加してきました

また、台風が来ています。
というか熱帯低気圧に変わったそうですが、雨どうですかね?
刈り取りも残り2/3なのですが、天気予報に一喜一憂は今期も変わらないですね。

さて、本日は稲刈りはお休み。
ユニバーサル農業の交流会に参加していました。

 ん?

 ユニバーサル農業ってなに?

ボクも初めて耳にしたときは

 うさんくさいんじゃないの?

なんて思っていました。
だって、全然想像がつかないですもんね^^;

で、ユニバーサル農業っていうのは

 ユニバーサル農業は、みんなで関わる農業
 これまで長く農業に携わってきた人、
 新しく就農した人、
 福祉施設で農作物をつくる人、
 農業に取り組む若者、
 農作物を加工する人、
 おいしく料理する人、
 食べる人
 など、みんなで参加し支える農業です。

とのこと。
今回の交流会では実行委員長から

 この農地をどう守っていくのか

というキーワードも登場。
ユニバーサル農業って言葉が本当は何を意味しているのかよくわからないところがありますが、それでも

 農業を通じて、色々な人が関わり、そこに居場所が出来るのなら
 それで良いんじゃ無いかな?

と思っています。
でもって、今日はその交流会で事例発表をさせて頂きました。

WP_20160907_13_44_54_Pro


いわゆるプレゼンになります。
こういう場所でプレゼンをするのは初めて。
緊張するのですが、場数を踏んでいないため、ヘタにパワーポイントの資料を用意しても失敗するだろうなと思い、印刷物2枚で登壇します。

途中で、息が続かなくなってしまうなど恥ずかしいシーンもありましたが、まぁなんとかやりきれました。

その後、参加者がそれぞれのテーブルに別れて交流会を開きます。
2ラウンドあるのですが、そのいずれでも

 農地の集約が難しいのではないか?

という質問がありました。
確かに、その問題は否定出来ないところもあるのですが、現在の農業行政もそこに目を向けています。
ちょっと難しい話なのでキーワードだけになりますが

 ・認定農業者
 ・人農地プラン
 ・中間管理機構

というものがあります。
そういったものを組み合わせることにより、農地の集約や効率化を図る施策を用意しています。
もちろん、それぞれを組み合わせることはそんなに簡単なことではありませんが、そういった話をさせて頂きました。

とても勉強になる機会をいただけて、嬉しい限りでした。
なお、我が四街道市

 ちばユニバーサル農業フェスタ2016
  日時:12月4日(日)10:00~15:00
  場所:四街道市文化センター

が執り行われます。
一般の方向けには物販がメインになりますが、お気になる方はどうぞ足を運んでみて下さいませ♪ 

ブログランキング・にほんブログ村へ
 
     

毎年恒例のスタック引き出しとか色々w

今朝は雲は多いモノの陽の光がさんさんと降り注ぎ、これは

 稲刈り日和♪

と田圃に向かう足取りも軽いモノでした。

WP_20160905_08_26_56_Pro


この田圃は去年コンバインを入れることが出来なかったところ。
それもあって、ちょっといい加減にやってしまったため、全然収量が期待出来ないのはご愛敬。
本年は快調に稲を刈っていきます!

 嬉しい♪

と鼻歌交じり二枚目の田圃に入ろうとしたところ、またも

 2番


の警告が鳴り響きます。

 また1番か?

とも思ったのですが、1番らせんも2番らせんも問題がある感じがしません。
他の部分も確認したのですが、やっぱり不明。

なら、また1番2番共にバラしてみるけれど、やっぱり詰まっていません。

 えっ?どこ?
 どこが詰まっているの?

ちょっと手詰まりな感じだったのですが、ひょんなところから詰まっている場所を発見。
2番らせんへ籾などを送り込む部分が詰まっていました。

1時間半ほどのロスで次の田圃の刈り取りを開始。
快調に進んでいたのですが、刈り終わったのとほぼ同時に豪雨に・・・もうびしょ濡れ。

WP_20160905_11_55_26_Pro


ダンプに避難しましたが、みるみる田圃に水が溜まっていきます。

WP_20160905_12_46_29_Pro


ご近所の田圃にはシッカリと水が張っています。

WP_20160905_12_59_22_Pro


そして、しばらくした後にダンプを動かそうとしたところ・・・

 あれ?動かない。

ということは、毎年恒例のあれですね。

 2014年 曇天の下JAFに感謝する
 2015年 コンバインを落とした話

そうです。
毎年恒例のスタックです^^;

コンバインで引き出せば問題ないのですが、一人でやっていたので応援を呼びます。
3tダンプだと多分、JAFでも有料になるハズ。
なので、今回は自分でなんとかします。

でもって、その応援を呼んでいる間に、コンバインの掃除をしていたところ・・・
ネジを締め込んでいたところ、ネジがネジ切れてしまいました

仕方が無いので針金で補強
まぁ、これでなんとかなるでしょう。
時間が出来たら、インパクトドライバーにドリルビットを取り付けて、残っているネジを粉砕する予定です。


そうこうしている内に友人が到着。
コンバインで引き出しし農道を行きます。
泥濘んでいるため途中で何度かスタックするのですがコンバインで引き出し引き出し進みます。

が、狭いところであやまってコンバインの先についている分草杆(ぶんそうかん)を曲げてしまいました


photo021


これはイセキのwebサイトから拝借したものですが、1・2・4番の部分が分草杆です。
コレが曲がってしまうと、キレイに刈り取ることが難しくなってしまいます。
というか、かなり大変です。特に外周は全く上手く刈り取りが出来ません!

仕方が無いので、ハンマーでバンバン叩いてなんとかします

そして、最後の最後に1枚田圃を刈り取って本日の刈り取りは終了。
いやー、農家を6年もやっていると随分と逞しくなるもんですね。

昔なら、2番が詰まっただけでシュンとしていました。
そこに大雨、ネジが切れて、スタックして、分草杆が曲がって、目標の半分も刈り取りが出来なくて。

 もう、なんだよコレ(-_-;)

それでも、折れないもんね~。
いやー、農家やっているとホント逞しくなります。
ヘタレな自分だったけれど、この仕事について本当に良かったと思っています。


ブログランキング・にほんブログ村へ
 
    

2番じゃなくて1番なの?

今朝は、天気予報とは異なりさんさんと照りつける太陽がまぶしいかった。
もちろん、色々と用意をして9時過ぎに稲刈り開始!

ところが・・・

稲刈り開始後直ぐに2番の警報が鳴り始めます。
2番というのは、コンバインの処理機構のことです。

コンバインは、まず刈り取り部で稲の刈り取りをします。
それを処理胴へ送り籾を稲から分離します。
それが振動板上で比重により選別され、種籾は1番穀粒搬送管を通りタンクへ送られます。
そして、選別があまいものは2番穀粒搬送管(2番)を通り、もう一度振動板へ送られます。

以上のことから、雑草などの異物が多いときには2番が詰まることがあります。
詰まったまま、無理矢理動かすと雑草などの異物が圧縮されて、最悪モチのようになってしまうことがあります。
こうなると半日は直せません。

でも、掃除口を開けてもダメ。
仕方が無いので、2番らせんをひらいてみました。

WP_20160903_10_30_58_Pro

 わかりにくいですけれど、斜めのらせん部分が2番をひらいたところです。

ですが・・・

 あれ?
 2番、そんなに詰まってないぞ?

 あれ?
 もしかして、2番じゃ無くて1番?
 1番なの?

1番は白い上に伸びる筒のこと。
でも、1番の掃除口は全部開けたのに、それなのに動かない・・・。

これって、この筒を外さなきゃならんじゃないのさ(-_-;)

WP_20160903_12_57_28_Pro


ということで、ええ外しましたさ。
もう、なんやかやで3時間も炎天下で修理作業を行いました。

その後は快調に稲刈りをすることが出来ましたが、今度は4時半頃から雨が降り出す始末。

もうちょっと出来るはずだったのに残念無念。
まぁ、こんなこともありますよね。

その後、友人からのアドバイスで、処理胴の処理量を上回っていそうなので、1回に刈る稲の量を少し減らした方が良いと言われました。

 確かに(-_-;)



ブログランキング・にほんブログ村へ
 
    

 
ブログランキング
ブログ村
  • ライブドアブログ