ファームさきくませ -くりやまさん家のコシヒカリ-

千葉県四街道市でコシヒカリを作っている水稲専業農家です。 日々のことを書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

2015年06月

幼穂の形成を確認しました



今日は、雑草対策で頑張っていました。
明日はまた変な天気だとか。
そんなこといいつつ何事も無いとイイナ^^;

さて、幼穂(ようすい)の確認が出来ました!!
4月28日に植えた田んぼ

WP_20150622_11_27_16_Pro

へ入って、稲を一本抜いてきます。

WP_20150622_11_27_37_Pro


で、これを一枚一枚はがしていきます。
すると、その中からワサワサしたものが出てきました。

WP_20150622_11_32_17_Pro


このワサワサしているのが 幼穂 です。
 
剥いているときに誤って折ってしまったので、ちょこんとワサワサの部分を載せてあります。
このワサワサの部分が、ドンドン大きくなってきて稲になります。
このあと2週間程度で出穂。
出穂とは稲穂が外部露出することです。
そして、それから暫くすると稲の花が咲きます。

なお、生育は千葉県の平均からすると少し遅いようです。
収穫はこの分でいけば8/20以降には収穫ができるのかなと思います。


 

そろそろ幼穂が形成されます



このところ雑草刈りに日々を過ごしています。
先日は友人が手伝いに来てくれて随分とはかどりました。ありがたいものです。

さて、その友人に苗の状態を説明していました。

現在、早稲品種のフサコガネは大体1株が20~26本くらいに分蘖しています。

WP_20150616_10_05_29_Pro

WP_20150616_10_05_18_Pro


1坪60株植えの田んぼでは1㎡で400本程にはなっている計算です。
おおよそ、今週中に幼穂(ようすい)が形成されます。

幼穂というのは稲穂の卵といったものです。
写真は、稲の皮をはいだもので、先のほんのちょっとだけとんがっている部分が幼穂です。

WP_20140708_002

※これは去年のもの


そして、この幼穂が1cmに達するまでに追肥を予定しています。
なので来週中には追肥をすることになります。

なお、コシヒカリはもう1~2週間程度は形成が遅れます。
また、追肥は行わない予定です。


【備忘録】2015/6 食糧需給の動き(出所:米国農務省)


備忘録として、世界の穀物需給についてアナウンスをしています。
精米在庫量は対前年比で安定的に減少し過去最低レベル。 


出所:農林水産省大臣官房食料安全保障課国際需給動向把握担当

   米国農務省、6月10日(現地時間)
   2015/16年度の2回目の世界及び主要国の穀物・大豆に関する需給見通し


2015/16年度の穀物の生産量は消費量を下回り、大豆の生産量は消費量を上回る見込み-
※現時点では、北半球で作付作業中、南半球で未だ作付作業が始まっていないため、本報告は極めて暫定的なものである。
 

世界の穀物全体の需給の概要(見込み)
(1)生産量   24億7,930万トン(対前年度比 0.5%減)
(2)消費量   24億8,978万トン(対前年度比 0.9%増)
(3)期末在庫量 5億2,118万トン(対前年度比 2.0%減)
(4)期末在庫率 20.9%(対前年度差 0.6ポイント減)

 
《主な品目別の動向》
 
〈小麦〉
 生産量は、米国で冬小麦の生育期終盤の降雨により増加、中国等で増加するものの、ロシアで2014年秋の乾燥により減少、インド、EU等でも減少することから、世界全体では史上最高の前年度を下回る見込み。また、消費量は、中国等で減少するものの、EU等で増加することから史上最高となる見込み。
 世
界全体の生産量は消費量を上回り、期末在庫率は前年度より上昇。

(1)生産量 7億2,155万トン(対前年度比 0.7%減)
中国、米国、豪州等で増加、インド、EU、ロシア等で減少
(2)消費量 7億1,956万トン(対前年度比 0.5%増)
・中国等で減少
(3)期末在庫量 2億240万トン(対前年度比 1.0%増)
・中国、米国等で増加、インド等で減少
(4)期末在庫率 28.1%(対前年度差 0.1ポイント増)

〈とうもろこし〉
 生産量は、中国、南アフリカ等で増加するものの、米国、ブラジル、EU等で減少することから、世界全体では史上最高の前年度を下回る見込み。また、消費量は、米国で家畜飼養頭数の増加に伴い飼料用需要が増加すること、中国、ブラジル等でも増加することから史上最高となる見込み。
 世界全体の生産量は
消費量を下回り、期末在庫率は前年度より低下。

(1)生産量 9億8,930万トン(対前年度比 1.0%減)
中国、南アフリカ等で増加、米国、ブラジル、EU等で減少
(2)消費量 9億9,112万トン(対前年度比  1.5%増)
中国、米国、ブラジル等で増加
(3)期末在庫量 1億9,519万トン(対前年度比 0.9%減)
・中国等で増加、ブラジル、米国等で減少
(4)期末在庫率 19.7%(対前年度差 0.5ポイント減)

〈米(精米)〉
 生産量は、ブラジルで作付面積の減少が見込まれ減少するものの、インド、中国等で増加することから、世界全体では前年度を上回り史上最高となる見込み。また、消費量も、中国等で増加することから史上最高となる見込み。
 世界全体の生産量は消費量を下回り、期末在庫率は前年度より低下し、2006/07 年度以来最低の水準。

(1)生産量 4億8,174万トン(対前年度比 1.2%増)
(2)消費量 4億8,899万トン(対前年度比 0.9%増)
・中国等で増加
(3)期末在庫量 9,144万トン(対前年度比 7.3%減)
・インド、タイ等で減少
(4)期末在庫率 18.7%(対前年度差 1.7ポイント減)

散歩でインターミッション(今夏の目標は北アルプス)



梅雨入りし、しっかりと雨が降るようになりました。
おかげで、ちょっと休めてもいるのですが、雑草のことを思うと・・・。
まぁ、コレばっかりは季節柄、仕方が無いですね。

さて、というわけで現在すこしばかりゆっくりしています。
で、暮れから計画しているのですが今夏、北アルプスに登ろうと考えています。
目指すのは、長野県の中学生達も林間学校で登るという

 燕岳

tubakuro


を目指しています。
この燕岳の頂上付近にある山小屋燕山荘(えんざんそう)は、なんと600人も収容出来る大型山小屋。


 泊まって良かった山小屋ランキング第1位


に輝き、併設のカフェではなんとケーキ❤を食べることが出来るとか。
標高2763mにも関わらず、イチゴとブルーベリーノケーキが食べられるんですよ。
もちろん生ビールもあるとか。 
すばらしい景色を眺めながらのケーキと生ビール。
贅沢♪

もちろん、予約もしました。
あとは体調を万全にして、向かうだけ・・・。 

といいたいのですが、 まだまだ装備に不安があります。

まず、リュックサック
現在、私が持っているバックで一番大きいのは20Lの小さいモノ。流石に山小屋泊には足りません。
秋に東海道も予定しているので40Lサイズのものを予定しています。

最初は、安ければいいや、と思っていたのですが、しっかりしたものを用意しないと身体にダメージが蓄積します。蓄積すると注意力が落ちるので危険性がぐっと高まります。
もちろん山での危険、ということは命の問題になりますので重要です。

次にアンダーウェア
夏山は日差しがあればすぐに汗ばみますし、ちょっと天気が悪くなれば真冬の環境。
基本は重ね着。
アウターは雨具利用を考えているのでダウンやフリースを併用すれば問題ないかと考えています。
が、一番下は速乾性のあるものを検討すべきかなと悩んでいるところです。

その他は・・・小物がいくつかありますが、まずは上記の2点ですかね。

では、また。

草刈り頑張っています


今日は晴れ。昨日の寒さがウソのような暑さ。
曇り空の方が身体にとっては楽なのですが、天気が良いとやっぱり気分が良いです。
熱中症には気をつけて頑張って行きます!!

さて、今日は草刈りをしていました。
この暑さの中ドンドンと伸びる草、草、草。

WP_20150610_10_43_37_Pro


で、大体1時間程度で1反歩の畦周りの草刈りが行えます。
安売りの刃を使っているのですが、すぐにダメになるのでもう少し値段の張るものにしようか検討中。

WP_20150610_12_17_36_Pro


薄植えの田んぼ故に、ちょっと寂しい感じです。
なお、こちらは4/28に植えた田んぼ。

WP_20150610_12_21_36_Pro


植え付け直後はこんな感じです。

WP_20150511_09_28_56_Pro


結構、分蘖も進みました。
しかし、この暑さ故に例年に比べて随分と生育が早いようです。
千葉県によると稲の生育は、例年よりだいたい1週間程度早いそうです。

今年は、ここまでのところ順調に成長しているようです(*^-^*)


おまけ:近所のお社にいたニャンコ。

WP_20150608_12_27_45_Pro


 
ブログランキング
ブログ村
  • ライブドアブログ