ファームさきくませ -くりやまさん家のコシヒカリ-

千葉県四街道市でコシヒカリを作っている脱サラ農家の 栗山治 です。 日々、感じたことなどを書いていきます。

2014年10月

散歩でインターミッション(箱根越え)

みなさん、こんばんは。

最近は全然、散歩に行っておらず悶々とした日々を過ごしていました。

が、ようやく散歩部の活動に参加することが出来ました!


※散歩部というのは、行きつけのBarのメンバーで始めた長距離散歩の会です。


さて、今回は、1泊2日で 

 小田原から箱根峠を越えて三島まで約40km

旧東海道を歩きました。 

散歩部の副部長が、今年の3月に旧東海道を約20日かけて歩きました。
しかし、箱根峠にはまだ雪が残っていたために箱根越えだけは果たすことが出来ませんでした。
そして、ようやく今回、その箱根峠を越えるということで、散歩部のメンバーで一緒に箱根関を越えることとなりました。


ええ、バカです。
大ばかもん野郎です。


でも、小田原から三島まで約40km。
天下の険、箱根峠を越えていく。
普通じゃ味わえない箱根を行く!

これって、実はすっごく贅沢じゃ無いですか?

も、もちろん大変ですけれど^^;


さて、行程ですが、小田原からまずは小田原城で箱根を望みます。
そして、線路沿いに旧東海道をすすみ箱根湯本に到着はお昼。
つづいて、国道1号線を離れ、旧道の石畳を歩いて行きます。
石畳は滑りやすいのですが、ついぞ観たことの無い箱根の姿に感激!!

IMG_0518


IMG_0521


IMG_0530


芦ノ湖到着はもう夕暮れといったときでしたが、ものすごい充実感!

1781993442256



歩いて芦ノ湖まで来ちゃうって凄いな~と。

さて、翌日は芦ノ湖から富士山を望み、もう二度と登らない、と再び心に誓います。

IMG_0537


そして、箱根神社に行って。

IMG_0540


箱根関でランチをして、いざ三島まで。

IMG_0550


三島までは下りで、そんなに距離も無いので、この時点では余裕の表情を浮かべていました。
が、そんなに簡単に三島までたどり着けるわけでも無く、石畳の坂道に手を焼きます。

IMG_0559

IMG_0557


途中何カ所か旧道の修復工事(?)がありましたが、なんとかかんとか17:30に三島大社に到着!

IMG_0565


二日間で約40kmを歩きました。
正直、滑りやすい石畳と、高低差に随分と体力を削られました。
が、箱根を越えたという達成感は、大したものです。
コレでまた仕事も頑張れそうです!
 

正論はヤッパリ伝わるという話

今日は午前中にちょっとした打ち合わせをしてきました。

当然のことですが、水田は水が無いと水田になりません。
現在は、昭和20~40年代にかけて日本全国で耕地整理が行われ、水が行き渡るように水利が整えられています。

しかし、水をあげれば泥も溜まるし草も生える。
なので、それを地域の人達が年に2回掃除をします。
そういう意味では、水田の世界はやっぱり集落営農といえます。

子供の頃を思い出すと、綺麗になっていた水田地域ですが、現状は少しずつ荒れてきています。
また、どこの管轄になるかはわかりませんが、河川につながる水門が壊れているところが多いです。
 
そして、田舎から人が減っている中で水利の管理は難しくなってきています。
ボクの住んでいる地域はまだ良い方ですが、管理が出来なくなり、水が回らなくなってきている地域も出ていると聞きます。 

そんな中で、ボクの住んでいる地域でも

 このままだと水利の管理もままならなくなる

という声がチラホラと出ています。

ボクはたまたま今年、チョットした寄り合いの親分をやらせてもらっているので、そういう声が出ていれば、それを伝えないわけにはいかない訳です。
ということで、メンドクサイと思われるかな~、どんなもんかな~と思っていたのですが、

 まずは現状把握から進めよう

という話になりました。
ガタガタ言う人もおらず、みんなが同じ方向を向いているコトを確認ができて、ちょっと嬉しかった。
まあ、現状を見渡せば正論ともいえるので当たり前な気もしますが、これが集落の良いところかも。

もちろん、集落というモノを堅苦しいと考える人も多いかもしれませんが、

 そういうモノもあるんだな~

と思って接して頂ければ助かります。 


※おまけ:アキアカネの姿を前に秋をどっしりと感じていました^^;

WP_20141024_003
 

ちょっと考え事をしている話

色々な方から、田圃を観に行きたいと問い合わせを受けます。

といっても、なかなかセッティングをするのが難しくて、というか敷居が高くて躊躇しまくって幾年月。

いかんなー、と思い空を見上げることが多くなっていました。



 来てもらって、さて何を見てもらう?

 綺麗にしておかないとかっこつかないな~。

 あー、それにトイレどうする?

 うーん、うーん、うーん。


てな感じです。

が、ここで発想の転換。

ボクの方から何かをするというのは、そもそもおこがましい。

なので、毎月1回決まった日の決まった時間に、田圃に必ずボクがいるようにしてみようかと考えている。

その時は農作業は止めて、コーヒーでも飲んでゆっくりまったりしていようかと思う。

で、そこにアポ一切必要なしで遊びに来てもらうというのはどーかなと。


どーかな?

ご意見募集しております!!

まめ助 の種まきをした話

今日も良い天気。

秋晴れ真っ盛りの中、ようやく緑肥の種まきができました。

IMG_0512



商品名は まめ助 !

IMG_0514


中身はこんなの。

IMG_0516


ちょっとネーミングとしてどーなのよ、と突っ込みたいところですが、そこはぐっとガマン^^;


さて、緑肥というのは、植物を肥料として使うもの。

稲刈りの後、秋に種を蒔き、冬の間に成長し、春に田植えの前に田圃にすき込んでしまいます。

もう来年の用意が始まっています。

で、今回種を蒔いたのは豆科の ヘアリーベッチ という植物。

だいたいみんなは ベッチ といいます。


 - 以下、テクニカル -


1kgで約1000円となかなかお高め。

10aに対して4kg蒔き。

今年は試験という位置づけなので50aに対して作付け。

草高が40cmになると窒素量は10kgを越えるようです。

なので、コシヒカリを作付けする場合には利用できません。

現在の作付け予定は フサコガネ か アキヒカリ。

とくにアキヒカリは必要窒素量が10~15kgにもなるので、できれば作付けをしたいと考えています。

また、雑草(1年草)の抑草効果もあるそうなので、除草剤の使用数も減らせそうです!




※アキヒカリはまだ割り当てが決まっていないので流動的。

ようやく緑肥の種まきが出来そうな話

二週連続で台風襲来。

そして、散歩の予定は全て流れてしまいました、トホホorz


それはともかく、前回の台風では、田圃が海になりトラクターを入れることが出来なくなり仕事が遅れてしまいました。

なんとか日曜日は天候が持ってくれたので、再度襲来する台風を前にトラクター耕を行えました。

急いで耕耘を行ったのは、緑肥を試験的に導入するからです。

緑肥というのは、レンゲ草に代表される植物を作付けし、それを春に田圃にすき込むことによって肥料の代わりにするというモノ。

正直、窒素量の計算が難しいのですが、色々とチャレンジしてみたいのでやってみることにしました。

なんとか週末には撒くことが出来そうです。



大きな被害が出ませんように。 
ブログランキング
ブログ村