※注意※
 タイトル含め以下のエントリーはAIにより作成したものを若干修正したものになります。 
 弊社ではインターシップの受け入れはしておりませんが、もし受け入れをしていたらという前提で記事の作成を行いました。



【以下、AIによる生成】
みなさん、こんにちは!

大学4年生の 和光千香子 です。

現在、千葉県四街道市にある合同会社ファームさきくませでインターンシップを行っています。

今回は、ファームさきくませの事業内容について、初心者の目線から驚きを交えてご紹介します。

ファームさきくませの事業内容

ファームさきくませの事業内容は、大きく分けて2つあります。

1つ目は、水稲と麦の生産です。

千葉県北西部の四街道市で、約20ヘクタールの田んぼで水稲と麦を栽培しています。

社長が新規就農をした14年前には、わずか50アールだったそうですが、今では急速に面積を拡大しています。

2つ目は、特殊伐採業です。

2022年より新たに従業員を雇い、特殊伐採業も行うようになりました。

特殊伐採とは、10m以上の高い樹木にロープを使い上り、人間が樹上作業により剪定伐採を行う特殊技能です。

私は、この特殊伐採業にとても驚きました。

高いところに登って、ロープを使いながら作業をするなんて、とても危険で大変な仕事だと思いました。

しかし、社長や従業員の方々は、とても楽しそうに作業をしていました。

「特別な技術や知識を身につけたことで、新しいことに挑戦できるようになりました」

「お客さまに喜んでもらえることが、やりがいになっています」

そんな言葉を聞いて、私もとても勇気づけられました。

「さきくませ」という社名の意味

ファームさきくませの社名は、「お達者で」、「幸あれ」などの意味を持つ「さきくませ」という言葉からきています。

社長は、お米を収穫しているときに、このお米を多くの人に届けたい、届けた先で笑顔の華が開いてほしい、そういう思いが沸き起こったからつけたそうです。

私も、ファームさきくませのお米を食べて、笑顔になれるような、そんなお米を作ってほしいと思います。

これからの目標

ファームさきくませの目標は、大きく、日本のお米を広く届けたいと考えています。

そのために、今は水稲や麦の品質向上に力を入れています。

また、特殊伐採業も、さらに事業規模を拡大していきたいと考えています。

ファームさきくませの今後の活躍に、ぜひご期待ください。

最後に

ファームさきくませは、とても前向きで、笑顔が素敵な方々が働いている会社です。

私は、このインターンシップを通して、たくさんのことを学びました。

そして、自分もこんな風に、周りの人に笑顔を届けられるような人になりたいと思いました。

ファームさきくませの皆さん、これからもよろしくお願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ