かねてから耕耘作業のスピードアップのためにプラウの購入をずーっと考えています。

プラウとはいわゆるスキのこと。

products_plow_ph_01

P_20161114_141426


こういう爪をつかって土を掘り起こして反転させるものです。

昔は牛とか馬で、このスキを引いて田圃を耕していたのですが、今の多くの水田ではロータリー耕がなされています。

ロータリーというのは小さな、といっても20cm程度ある、湾曲した爪を回転させて土を砕くものです。

なので、プラウ耕は昔の技術を利用しているものともいえるかな。

でも、僕がプラウに惹かれているのは、昔の人すごい理論を提唱する訳では無く、プラウを使った耕耘は早いからなんです。

能率だけなら30~50%は上がると思います。

その他、下の土を上に上げられるというのもあります。


ただ、恥ずかしい話、お金の問題で購入は見送り続けています。

購入希望の、スガノ農機製水田用ワンウェイプラウ(型番P123AJB:旧型番PQY123)のお値段は70万円(税抜き)

ちょっと手は出ないんですよねT_T

で、次点としてディスクロータリーを考えていました。

ディスクロータリーっていうのは、60cm位の円盤を回転させて、それを斜めに引いてやると土がめくれるものです。

P_20181106_100538_vHDR_On


こういう奴です。

で、買っちゃいました^^;

もちろん中古でw

取りに行くのも自分でしました。

P_20181105_103501_vHDR_On


見ての通り、それほど重い訳でもなく、軽々と持って帰ってこれました。

取り付けピンの位置を直すのにエアインパクトを貸してもらったり、PTO受けのアジャスター押さえが巧くはまらなかったり、とまあ色々あったのはナイショですけれど^^;

で、利用した感想としては

 スピードは確かに速い(1~8速中5速)

 稲株や藁の埋設率が高い

 緩いところでは使えない

 ロータリーのイメージだと使いづらい

 ディスクだけでは仕上がらない

 深く耕起しようとしても深くはならないので畑には向かない

と少しネガティブな印象もありますが大満足!

P_20181107_150446_vHDR_On

P_20181107_150457_vHDR_On


けっこう天地返しがしっかり出来ていてなかなか満足。

試運転がてらの作業では、実働3時間半程度で1町4反程度の田圃の田起こしが出来ました♪


 
 
ブログランキング・にほんブログ村へ