先日、農業機械の展示会に行ってきました。

P_20181028_101628_vHDR_On


これが私のほしかったスタブルカルチ

五本の爪で土を破砕して後ろのローラーでさらにそれを均すという道具。

作業スピードは圧倒的に速いので、これなら役に立ちそうと思っていたのですが・・・。

実際にこれを効率よく使うには プラウ耕 が前提になる。

なのでロータリー耕がメインの自分にはちょっともてあましてしまうので残念ですが見送り。

P_20181028_101635_vHDR_On


で、こちらの機械はあこがれのレーザーレベラー

レーザー測距により耕盤の均平を数センチ単位で計る最強の道具です。

でも、トラクターの車重が2トン以上ないと利用できません

残念ですが我が家のトラクターの車重は1.6トン。

軽すぎますねT_T

重くて沈まないトラクター・・・ハーフクローラーのトラクターがないとこの先には進めません。

お金貯めてハーフクローラーの60馬力以上を購入しましょう。

まずはそれからですね(>_<)

なお、お値段は600万円弱

トラクターより高いんじゃねーか?

P_20181028_102958_vHDR_On


で、こちらは超小型の1トンパック計量器。

これで1トン計量までできる優れもの。

しかも100万円チョイチョイというお安いモデル。

P_20181028_103009_vHDR_On


こちらは処理能力が高くなったモデル。

約140万円しますが、こちらも写真のものだけで計量が出来る優れもの。

正直、前者ならこちらを選ぶべきです!

それから5インチ対応の色彩選別機が250万円(税込み)を切る価格で登場していました。

これは購入を真剣に考えてしまった一品です。

でも、結局こんなことを書きながらも私が買ったものは

 2サイクルのエンジンオイル2L



 長靴

の二つだけ。

がんばりまっす(>_<)

ブログランキング・にほんブログ村へ