こんばんは。

ここ数日は、暗渠埋設を行っておりました。

暗渠というのは、地中にもうけた水路のことを指します。

田圃は水をぬけば、いつもカチカチでトラクターもなんでもどんとこい、という場所ばかりではありません。

緩い場所では、水の抜けている時期でも水が湧いてきてトラクターがストンと田圃に落ちてしまって抜け出すことが出来なくなります。

昨年も、ずいぶんと落っことしました^^;

で、それを改善するために地中に排水管を埋設して、田表を固くする方法がとられます。

僕も、この八年間で田圃七枚設置しました。

今年も田圃三枚で合計170mほど設置しています

ユンボで管を埋設する場所を掘り、今回は約二週間ほど待機しました。

これで水の道が出来たはずなので、そこに穴が空いている管(コールゲート管)を設置。


P_20180224_152440_vHDR_On


その上から、今年はウッドチップを敷き詰めます。

P_20180226_112000_vHDR_On


途中まではトラクターで運んだのですが、場所的に難しくなってきたので写真上にみえる一輪車でエッチラオッチラと運んでいきます。

約90mほどの設置で、このトラックに三台分のウッドチップを敷き詰めました。

P_20180226_112006_vHDR_On


簡単そうに書いていますが、これが大変なんです。

でも、始めた頃は本当にお金が無かったので、穴掘りも全部自分でやっていました。

あれに比べればたいしたことは無いですね^^;


ブログランキング・にほんブログ村へ