今年は、地元自治会の役員をしています。
色々大変ですけれど、僕個人はやっていてよかったと思っています。

が、全国的に自治会の構成員は減り続けています。
さらに、

 まだ自治会なんてやってるの?

と言われてしまうことも・・・。
確かに、自治会に入っていなければ出来ないことなんてほとんどないと思います。
また、子育て世代ならPTAなどの学校行事にかり出されることもあって、自分の時間なんて本当になくなってしまいます。
そういう意味では、自治会のような組織が毛嫌いされるコトに納得しているのも事実。

しかも、自治体(市町村)からの要望も多くて、悩むところもしばしば。
盆踊りや子供神輿なども、自治会役員の負担になっています。

ただ、負担が全部悪いとは思っていません。
自治会だから出来ることも多く存在していると思います。

特に、次世代がいないと嘆かれている自治組織において、次世代がなにかを行いたいと思えばチャンスはあると思います。

もちろん、前例に縛られてしまっていては、そういうことにオープンになることは出来ません。
が、それを打ち破って自らが変わり続けることをいとわない、いうなれば攻める自治会にかわれば、それは非常におもしろい団体になると思います。

現在、会社勤めをしている人ならば、地方が抱えている問題の縮図を見ることも出来ます。
各自治体(市町村)がどんな課題を、どう解決しようとしているのか、そういうことを目にすることも出来ます。
お祭りの際には議員の方も来ますので、お話を伺うことも出来るでしょう。

それぞれがチャンスだと思います。

まぁ、大変なことも多いですけれど、おもしろいことも多いですよ。