みなさん、おはようございます。
本日は雨でスタート。
休む理由が出来ているので、大手を振ってPCの前に鎮座しております。

さて、ほんの少し前になりますが我孫子市まで足を伸ばして、大型圃場への作付勉強会に行ってきました。
私の地域の田んぼの大きさは1反(≒1,000㎡)ですが、今回見学したのは2.5町歩(≒25,000㎡)の超巨大な田んぼでした。

そうなると機械も違いますし、作業工程も全然違います。

普通はロータリーで田んぼを耕して、水を入れてから代掻きをして、田植機で苗を植え付けていきます。

ですが、そこでは異なりました。


1:プラウでスキ耕をする。
 時速10kmくらいまで出ます。早い!

products_plow_ph_01

※スガノ農機webサイトより


2:バーチカルハローで表層を細かく砕く。

products_vertical_ph_01

※スガノ農機webサイトより


3:レーザーレベラーで平らにする。

products_leveler_ph_01

※スガノ農機webサイトより

高低差25cm程度はなんとかしちゃいます。


4:ドリルシーダーで種を蒔き。

products_mascar_ph_01

※スガノ農機webサイトより

これも高速種まき可能。2.5町歩で3時間未満。


5:鎮圧ローラーで鎮圧。

products_press_img_02

※スガノ農機webサイトより


6:水を入れる前に、除草剤を散布。
7:ようやく芽が出てきて苗の大きさが5cm程度になって入水。


正直、田んぼというよりは畑といったほうがいいように感じました。

でも、トラクターも大型のものになりますし、そもそも圃場が大きくないと使うことが出来ません。
ちょっと我が地域では導入が難しく感じられました。
それに、高額なのでほしくても手が出ません・・・トホホ(-_-;)

先頭が、どこまで行っているのかを確認することが出来ました。
ボクはといえば、一足飛びでそこまではいけないので、まずは圃場の改善事業を行い。
出来る範囲でコストの抑制をし、資本蓄積をして次を目指そうと気持ちを新たにしました。

がんばるよ~