今日は、中古で購入した田植機の後輪車軸ボックスのオイル漏れ修理とあわせてエンジンオイルの交換をチャッチャと行うはずでした。

ですが、エンジンのドレンボルトがかなり固くて、本来ボルトがまわるはずなのにエクステンション部分がまわってしまいました。
この時点で、嫌な予感がしていました。

そして、真っ黒なオイルが抜けたのでエクステンション部分にシールテープをして、元の部分にねじ込みました。
外す際にかなり固かったのでしっかりねじ込んだところ

 ピシッ

という嫌な音が・・・オイルパンに亀裂が入りました。
応急手当としてエポキシパテを塗りたくりましたが、それでもしっかり漏れてきます。

で、部品を発注。
部品代は1万円程度ですが、かなり凹みました。
手早くやっていただけに、悔しいです。

でもって、後軸のシールパッキンの交換を続けて行います。
マイナスドライバーでこねて、取り出すことに成功。

P_20170429_161117


P_20170429_161135


左の二つに分離しているのが取り外したモノ。
右のが新品。
新品時は一つになっています。

なお、作業としてはかなり大変でした。
その後、オイルを入れて車輪をはめ直して一段落。
こちらは成功かな?

というわけで、けっこう崖っぷちです^^;