いきなりですが、ときおり

 なんで、そんなに頑張れるんですか?

と聞かれることがあります。
聞かれるとかなりビックリするのですが、あんまり考えたことも無かったので、ちょっと考えてみました。 

頑張るって、けっこう苦行ですよね。
上手く行くのかどうかなんて、わかならないです。
報われるかどうかなんて、たとえ強く信じていても、あっけなくフラれることも沢山。

ホント、運命の女神に愛されたいモノです。

じゃあ、頑張らないでいれば、そういうことに傷つかなくていいのかな。
頑張らなくても楽しいことは一杯有るし。
そうやって日々を過ごすのも、実際にはアリだと思います。
なんの問題も無い。


ただ、これまで

 頑張って、
 失敗して、
 たまに上手く行って、

というのを経験してきた中で思ったことは

 頑張るって積み重ね

なんだということ。
つまり、失敗しても、その頑張った過程はなくならない。
目指したモノがゼロになったとしてもね。

それに、残念だけれど運も相当に大きい。
努力不足の時もあるけれど、運によるものもかなり多い。 

だから、頑張るって数式で書くと

無題2

   l=運
   x=頑張ること

になると思うんです。

Σは積、つまり積み重ねね。
単純に頑張ったことの積み重ねでは無くて、運に左右された頑張りの積み重ねだと思う。
より細かく言えば


無題

   i=想像力
   e=努力

になると思うんです。
頑張るって、想像力を働かせた努力のこと。
単に、努力するだけでは無く、そこに想像力が入ってこそ、さらに意味のある頑張りになります。


だから、失敗しても頑張り続けた方が得
失敗すれば、成功したときよりもより考えるでしょ。
なら失敗した後の努力こそ、より意味のある頑張りになります。

そして、運に見放されていたとしても、積み重ねがどこかで生きる。

まぁ、途中で死んじゃったら仕方が無いけれど、諦めて世の中を恨むなんて全く損。
失敗に意味がないわけじゃない、それさえも積み重ねになる。

だから、頑張った方が絶対に得

とくに、自分になんにも無いならね(^_-)-☆ 
 


ブログランキング・にほんブログ村へ