私の住む街にはゴミの焼却施設が田園地帯の真ん中にあります。
いつも揉めていましたが、この施設の移転が決まったそうです。

そうすると、この焼却施設の跡地がどんなものになるのか気になるところです。

で、ちょっと妄想。
かなり広い施設なので、出来たらお米の乾燥調整施設を作ることは出来ないだろうか。
今そびえているのは煙突だけれど、そこに大型サイロが出来たらすっごく気持ちが良いだろう。
一見して、強い農業が行われていると思えるのでは無いだろうか?

近隣の農家は、一番お金のかかる乾燥調整施設を個人で持たなくても済みます。
そうすればきっと近隣の水稲生産にパワーが戻ってくると思う。

なにしろ一番お金のかかる施設を自前で用意しなくて済むことになるんですから。

あの場所に大型サイロ(カントリーエレベーター)が稼働すれば、どんなことになるだろう。
千葉みなとには受け入れ倉庫があるんだから、組合を作って自分たちで市場と向き合えれば、きっと価格交渉力を有することが出来るだろう。

もちろん、ダイオキシンなどの問題もあるだろうけれど、どんな施設を作ってもそれはついて回る。
それに、遊興施設を作るくらいなら、絶対に地域農業の起爆剤になる可能性のあるカントリーエレベーターを作った方が良い。

なんて妄想ちゆw 

ブログランキング・にほんブログ村へ