みなさん、おはようございます。
さて、農業以外の話が続いていますが、今日は今夏の三大目標の最後、夏コミのことを書きます。

8/12-14の三日間、同人誌の即売会としては世界最大級の コミックマーケット に行ってきました。
知っている方もいるかも知れませんが、ボクは競馬が好きです。
その中でも、地方競馬で大活躍をしていたアングロアラブという種類の馬が大好きでした。

しかし、気がつけば2009年に廃止され、今ではそんな馬達が居たことなど知られておりません。

競馬マスコミはやはり経済の中に組み込まれているわけで、毎日行われるレースにこそ資本を集約しています。
だから、すでに過去のモノとなったアングロアラブに割く資本など持ち合わせているわけはありません。
その為、彼らのことを記憶だけでは無く、記録の形で残すにはこういった草の根の活動が不可欠になるわけです。

ということで、北海道の友人と一緒にブースを構え、3冊の本を用意いたしました。

P8130603


友人が用意したのは、福山競馬最強の称号を持つローゼンホーマ号のこと。
ボクは、南関東最後の怪物の称号を持つトチノミネフジ号のこと。 
それから、3年前に発刊したアングロアラブの歴史を綴った本をラインナップしました。

3年前にエントリーしたときは、多くの方からアングロアラブの話を耳にすることが出来ました。
しかし、今回はアングロアラブのことを全く知らない人が多くなっていることを痛感しました。

友人と話していたのは、サラブレッドも含めた競馬の風景の中にどうアラブを組み込んでいくか、そういう方向転換がもう必要になっているんだということでした。

やっぱり現場に行って 感じる ということが非常に重要だということを実感しました。

それから、なんと途中で福山の 弓削先生 の勝負服(本物)が到着。
友人と一緒にはしゃいでしまいました^^;

P8130606




ブログランキング・にほんブログ村へ