●-------------------●
   田圃開放日 3月7日(土)13:00~
       
お米の注文はこちら
  出資者(クラウドファンディング)募集中   
●-------------------●

Readyfor?
の方にも書いたのですが、今日は旧正月!

Happy Chinese New Year 2015!

と言っても、今の日本では旧暦なんてパッとしないですよね。
冬至とか夏至なら日の長さに関係するので少しは気になるかもしれませんが、ほとんど気にしていないと思います。
私も農家を始める前は、

 旧暦なんて意味あるのかな? 

なんて思っていました。

 が

農家を始めてみると、とにかく天気が、日の長さが気になります。
もちろん、田植え時期をゴールデンウィークに合わせる面もあるため、旧暦ばかりを気にすることも出来ません。
けれども、天気を単に恨めしく眺めるだけでは、天に祈りを捧げるだけでは、精神衛生上よろしくありません。
毎年、天気ひとつで笑顔になったり、怒ったり、

 ともかく、収穫の時は近寄らない方が良いです^^;


ということで、太陽暦ではあんまり季節感が違うので、より季節感があらわれる旧暦に注目することになりました。

その中でも特に気になっているのが、次の雑節。

6月頭の入梅(にゅうばい)。
6月に入ると田んぼの水を止めます。この時期に雨が降らないと田んぼには地割れが発生し、その後に水を入れても全然田んぼに水がたまらないことがあります。水がたまらないと高温障害が発生することもあるので、雨の動向はとても気になります。
この辺りから気象庁の長期予報をチェックし始めます。
 
7月頭の半夏生(はんげしょう)。
半夏生の期間は農作業をしてはいけないという地域もあると聞きます。
夏の草刈り作業で倒れそうになるので、この時期は夏休みと思っています

9月頭の二百十日、その十日後の二百二十日
どちらも台風の当たり日といわれています。
一昨年は9月頭に台風があって、しばらく田んぼに入れなかったのを思い出します。
遅くとも二百二十日までには刈り取りたいと思っています。


とはいえ、毎年おんなじ頃なので太陽暦とはあんまり変わらないかな?

さてさて、旧正月が明けたのでますます忙しなくなってきました
頑張ります!!