稲刈りが終わって、なんだかすっかり 秋 な気分です。

9月の半ばからは朝露が出ていて、刈り取りの開始時刻をどうしようか悩んでいたのを思い出します。

明日からは雨。大雨の噂もありますが、稲刈りが終わった後なのでホッとしています。


さて、秋と言えばやっぱり


 秋の田の 仮庵の庵の 苫をあらみ 
 わが衣手は 露にぬれつつ

 天智天皇


百人一首の1番歌を思い出します。

2番歌の持統天皇が初夏を歌い、その青空に秋への期待を抱きます。

一方の、1番歌では夜露になるのですが、それでも一仕事終わった後の何ともいえぬ趣を感じます。

もちろん、天智天皇が本当にこんな歌を歌ったのかは定かではありませんが、季節感をひしひしと感じるので好きな歌です。

さぁ、ボヤボヤしていると、あっという間に寒くなってしまいます。

秋の仕事の段取りを終わらせて、来年へ向けた一歩を踏み出していこうと考えています。