田植えが終わり、ちょっと体調を崩したりなんやかや。

少しホッとしていたのもつかの間。暑くなってきたために、絶賛雑草日和でございます。

ということで、草刈りを始めました。

やり始めてみると、やっぱり時間がかかるもので、ヒーヒーいいながら額に汗しています。

そんなおり空を見上げると、真っ青な空が広がっているときもあり、ふと


  春すぎて 夏来にけらし 白妙の 
  衣ほすてふ 天の香具山

  (持統天皇)

を思い浮かべます。

ちょっと時期的に遅いのかとも思うのですが、あの空の青さに生えるのはやっぱりこの歌かな、とも。

空の青さと洗濯物の白の対比がクッキリハッキリと目に浮かびます。

そして、いつも万葉集の方もいいんだよな~と必ず思い至るわけです。


  春過ぎて 夏来たるらし 白妙の
  衣ほしたり 天の香具山

うーん、ホントに良い歌。

とはいえ、水回りがおざなりになったり、雑草の強さにタジタジになったり、トホホなことも多いです。

反省。

さて、明日も朝から頑張りまっす!!