ファームさきくませ -くりやまさん家のコシヒカリ-

千葉県四街道市でコシヒカリを作っている水稲専業農家です。 日々のことを書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

Fly Away

今日から麦の刈りのお手伝い。
僕は乾燥場にいるので麦畑には行っていませんが、駐機場に止まっていたコンバインは大きいこと大きいこと。
デカすぎて重すぎて、ウチの田んぼには入れませんねw

で、帰宅したところ、2週間ほど前に保護した小鳥が窓から飛び立っていました。

IMG_20170526_221357_144


昨日あたりから、随分と飛べるようになっていたので ソロソロ放鳥の時期かな と思っては居たのですが、ヤッパリちょっと寂しいです。

さきくませ!


ブログランキング・にほんブログ村へ
 


田植え終了しました~

ご無沙汰いたしております。
恥ずかしいことに、田植えに随分と難儀していました。

遅くとも5/25には終わるだろうと思っていたのですが、全く段取りが立てられずに6/1までかかってしまいました。

中干しまで、あと15日。
分けつが間に合うはずも無く、低収量に陥ることは間違いなし。
試しに、中干し直前くらいに追肥を実施してみようかと思うのですが、どんなものかな~。

振り返ってみると、機械のパワーを求めることによって、何とかしようと思っていました。
けれど、それよりも人が必要だということを強く意識させられました。

全部は一人じゃ出来ないよね(´Д`)

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

【備忘録】2017/5 食糧需給の動き(出所:米国農務省)

備忘録として、世界の穀物需給についてアナウンスをしています。
精米付いては、北米等での作付面積の拡大等もあり需給は改善。


出所:農林水産省大臣官房食料安全保障課国際需給動向把握担当

   米国農務省、5月11日(現地時間)
   2017/18年度の1回目の世界及び主要国の穀物・大豆に関する需給見通し


2016/17年度の穀物の生産量は消費量を下回り、大豆の生産量は消費量を上回る見込み
※現時点では、北半球は作付作業中、南半球では未だ作付作用が始まっていないため、本報告は極めて暫定的なものである

世界の穀物全体の需給の概要(見込み)
(1)生産量   25億3,095万トン(対前年度比 2.4%減)
(2)消費量   25億6,491万トン(対前年度比 0.1%減)
(3)期末在庫量 5億9,944万トン(対前年度比 5.4%減)
(4)期末在庫率 23.4%(対前年度差 1.3ポイント減)

 
《主な品目別の動向》
 
〈小麦〉
 生産量は、インド、EU、中国等で増加するものの、米国で冬小麦の収穫面積が100年以上ぶりの低水準となることから減少、豪州、ロシア等でも減少が見込まれることから、世界全体では前年度を下回る見込み。
 また、消費量は、インド等で増加するものの、
中国等で減少することから前年度を下回る見込み。世界全体の生産量は消費量を上回り、期末在庫率は前年度より上昇。

(1)生産量 7億3,783万トン(対前年度比 2.0%減)
・インド、EU、中国等で増加米国豪州ロシア等で減少
(2)消費量 7億3,489万トン(対前年度比 0.7%減)
・インド等で増加、中国等で減少
(3)期末在庫量 2億5,829万トン(対前年度比 1.2%増)
・中国等で増加、米国、カナダ等で減少
(4)期末在庫率 35.1%(対前年度差 0.6ポイント増)

〈とうもろこし〉
 生産量は、EU、カナダ等で増加するものの、米国で収穫面積の減少により減少、中国、南アフリカ等でも減少が見込まれることから、世界全体では前年度を下回る見込み。
 また、消費量は、中国、EU
等で増加することから史上最高となる見込み。世界全体の生産量は消費量を下回り、期末在庫率は前年度より低下。

(1)生産量 10億3,366万トン(対前年度比 3.0%減)
EU、カナダ等で増加、米国、中国、南アフリカ等で減少
(2)消費量 10億6,230万トン(対前年度比  0.8%増)
・中国、EU等で増加
(3)期末在庫量 1億9,527万トン(対前年度比 12.8%増)
中国、米国等で減少
(4)期末在庫率 18.4%(対前年度差 2.9ポイント減)

〈米(精米)〉
 生産量は、タイ、ベトナム等で増加するものの、エジプト、米国、インド等で減少が見込まれることから、世界全体では前年度をわずかに下回る見込み。
 また、
消費量は、インド等で増加することから史上最高となる見込み。世界全体の生産量は消費量を上回り、期末在庫率は前年度より上昇。
 
(1)生産量 4億8,130万トン(対前年度比 0.0%減)
(2)消費量 4億8,009万トン(対前年度比 0.3%増)
・インド等で増加 
(3)期末在庫量 1億1,977万トン(対前年度比 1.0%増)
・中国等で増加
(4)期末在庫率 24.9%(対前年度差 0.2ポイント増)
 

2.世界の大豆需給の概要(見込み)
 生産量は、中国等で増加するものの、ブラジル、米国等で減少が見込まれることから、世界全体では前年度を下回る見込み。
 また、消費量は、中国、
米国等で増加することから史上最高となる見込み。世界全体の生産量は消費量を上回るものの、期末在庫率は前年度より低下。

(1)生産量 3億4,468万トン(対前年度比 1.0%減)
・ブラジル等で増加
(2)消費量 3億4,421万トン(対前年度比 3.9%増)
・中国等で増加 
(3)期末在庫量 8,881万トン(対前年度比 1.5%減)
(4)期末在庫率 25.8%(対前年度差 1.4ポイント減)


ブログランキング・にほんブログ村へ
 
ブログランキング
ブログ村