ファームさきくませ -くりやまさん家のコシヒカリ-

千葉県四街道市でコシヒカリを作っている水稲専業農家です。 日々のことを書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

【備忘録】2020/1 食糧需給の動き(出所:米国農務省)

備忘録として、世界の穀物需給についてアナウンスをしています。

全体の需給見通しは「生産量は消費量を下回る見込み」。


出所:農林水産省大臣官房食料安全保障課国際需給動向把握担当

   米国農務省、1月10日(現地時間)
   2019/20年度の9回目の世界及び主要国の穀物・大豆に関する需給見通し


2019/20年度の穀物の生産量は消費量を上回る見込み


世界の穀物全体の需給の概要(見込み)
(1)生産量   26億6,286万トン(対前年度比 1.4%
(2)消費量   26億6,981万トン(対前年度比 1.0%増)
(3)期末在庫量 7億9,283万トン(対前年度比 0.9%
(4)期末在庫率 29.7%(対前年度差 0.6ポイント減)

 
《主な品目別の動向》
 
〈小麦〉
 世界の生産量は、干ばつの影響の継続により、豪州では5ヶ月連続で下方修正され、2007/08年度以来の低水準となり、ロシア等でも下方修正されたものの、前年度を上回る見通し。
 一方、世界の消費量は増加する見通し。
 世界の生産量が消費量を上回り、期末在庫量は前年度より増加し、史上最高となる見通し。

(1)生産量 7億6,439万トン(対前年度比 4.5%
EU、ウクライナインド、中国等で増加、カザフスタンで減少
(2)消費量 7億5,437万トン(対前年度比 2.4%
EU、中国、インド等で増加
(3)期末在庫量 2億8,808万トン(対前年度比 3.6%
中国、インド等で増加、米国で減少
(4)期末在庫率 38.2%(対前年度差 0.4ポイント


〈とうもろこし〉
 世界の生産量は、米国で単収の引き上げにより生産量がわずかに上方修正されたものの、前年度を下回る見通し。
 世界の消費量は、米国で飼料向け需要が上方修正されたものの前年度より減少する見通し。
 世界の生産量が消費量を下回り、期末在庫量は前年度より減少する見通し。

(1)生産量 11億1,084万トン(対前年度比 1.0%
中国、ロシア、南ア等で増加、米国、メキシコ等で減少
(2)消費量 11億3,341万トン(対前年度比  0.9%
中国等で増加、EU 等で減少
 (前月に比べ米国で上方修正)
(3)期末在庫量 2億9,781万トン(対前年度比 7.0%減)
中国、米国、メキシコ等で減少
 (前月に比べ中国で下方修正)
(4)期末在庫率 26.3%(対前年度差 1.7ポイント減)

〈米(精米)〉
 世界の生産量は、タイで乾季米の減産見通しにより下方修正され、前年度を下回る見通し。
 世界の生産量は消費量を上回り、期末在庫量は前年度より増加する見通し。

(1)生産量:4億9,667万トン(対前年度比0.5%減)
 (前月に比べタイで下方修正)
(2)消費量:4億9,400万トン(対前年度比1.4%増)
インド等で増加
(3)期末在庫量:1億7,705万トン(対前年度比1.5%増
中国等で増加
(4)期末在庫率:35.8%(対前年度差0.1ポイント

2.世界の大豆需給の概要(見込み)
 世界の生産量は、米国で単収の引き上げにより生産量がわずかに上方修正されたものの、前年度より減少する見通し。
 世界の生産量が消費量を下回るため、期末在庫量は前年度より減少する見通し。

(1)生産量 3億3,770トン(対前年度比 5.7%減)
ブラジル、中国等で増加、米国、アルゼンチンで減少
(2)消費量 3億5,011万トン(対前年度比 1.9%増)
アルゼンチン等で増加。
(3)期末在庫量 9,667万トン(対前年度比 12.3%
米国、アルゼンチン等で減少。
(4)期末在庫率 27.6%(対前年度差 4.5ポイント


ブログランキング・にほんブログ村へ
 

2020 麦・・・上手くいくか心配

昨年末、12月半ばに麦の種まきをしました。

週末度の雨に恐れおののいて・・・というかトラクターを入れることが出来なかったので、延び延びになっていました。

結局、播種予定圃場のうち何枚かは見送ることになりました。

なので、今年は昨年から2反増えて約9反歩。

しかし

IMG_20200105_171517_534


年明けすぐの状態でこれ。

麦がちゃんと成長するのか何ともですT_T

また、大雨が降りましたし、どーなるもんかぜっさん心配中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
 




【備忘録】2019/12 食糧需給の動き(出所:米国農務省)

備忘録として、世界の穀物需給についてアナウンスをしています。

全体の需給見通しは「生産量は消費量を下回る見込み」。


出所:農林水産省大臣官房食料安全保障課国際需給動向把握担当

   米国農務省、12月10日(現地時間)
   2019/20年度の8回目の世界及び主要国の穀物・大豆に関する需給見通し


2019/20年度の穀物の生産量は消費量を上回る見込み


世界の穀物全体の需給の概要(見込み)
(1)生産量   26億6,550万トン(対前年度比 1.4%
(2)消費量   26億6,418万トン(対前年度比 0.6%増)
(3)期末在庫量 7億9,877万トン(対前年度比 0.2%
(4)期末在庫率 30.0%(対前年度差 0.1ポイント減)

 
《主な品目別の動向》
 
〈小麦〉
 世界の生産量は、干ばつの影響の継続により、豪州では4ヶ月連続で下方修正され、2007/08年度以来の低水準となり、アルゼンチン等でも下方修正されたが、中国、ロシア、EU等で上方修正されたこと等から前年度を上回る見通し。
 一方、世界の消費量は増加する見通し。
 世界の生産量は消費量を上回り、期末在庫量は前年度より増加し、史上最高となる見通し。 

(1)生産量 7億6,541万トン(対前年度比 4.7%
EU、ウクライナ、ロシア、インド、中国等で増加、カザフスタンで減少
(2)消費量 7億5,376万トン(対前年度比 2.3%
EU、中国、インド等で増加
(3)期末在庫量 2億8,950万トン(対前年度比 4.2%
中国、インドEU等で増加、米国で減少
(4)期末在庫率 38.4%(対前年度差 0.7ポイント


〈とうもろこし〉
 世界の生産量は、中国で単収、面積の引き上げにより上方修正されたものの、カナダでの下方修正等による減産から、前年度を下回る見通し。
 世界の消費量は前年度より減少する見通し。
 世界の生産量が消費量を下回ることから期末在庫量は減少する見通し。

(1)生産量 11億862万トン(対前年度比 1.4%
中国、ロシア、南ア等で増加、米国、メキシコ等で減少
 (前月に比べ中国で上方修正)
(2)消費量 11億2,723万トン(対前年度比  1.7%
中国等で増加、米国、EU 等で減少
(3)期末在庫量 3億56万トン(対前年度比 5.8%減)
中国、米国、メキシコ等で減少
 (前月に比べ中国で下方修正)
(4)期末在庫率 26.7%(対前年度差 1.2ポイント減)

〈米(精米)〉
 世界の生産量は、中国で上方修正されたものの、前年度を下回る見通し。
 世界の生産量は消費量を上回り、期末在庫量は前年度より増加する見通し。

(1)生産量:4億9,840万トン(対前年度比0.2%減)
(2)消費量:4億9,383万トン(対前年度比1.1%増)
(3)期末在庫量:1億7,780万トン(対前年度比2.6%増
中国等で増加
(4)期末在庫率:36.0%(対前年度差0.6ポイント

2.世界の大豆需給の概要(見込み)
 世界の生産量は、ブラジルに加え、単収、面積の引き上げにより上方修正された中国で史上最高となるものの、米国やカナダ等で減産となること等から、前年度より減少する見通し。
 世界の生産量が消費量を下回るため、期末在庫量は前年度を下回る見通し。

(1)生産量 3億3,748トン(対前年度比 5.8%減)
ブラジル、中国等で増加、米国、アルゼンチンで減少
(2)消費量 3億4,967万トン(対前年度比 1.8%増)
アルゼンチン等で増加。
(3)期末在庫量 9,640万トン(対前年度比 12.2%
米国、アルゼンチン等で減少。
(4)期末在庫率 27.6%(対前年度差 4.4ポイント


ブログランキング・にほんブログ村へ
 
ブログランキング
ブログ村
  • ライブドアブログ