ファームさきくませ -くりやまさん家のコシヒカリ-

千葉県四街道市でコシヒカリを作っている水稲専業農家です。 日々のことを書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

【備忘録】2020/7 食糧需給の動き(出所:米国農務省)

備忘録として、世界の穀物需給についてアナウンスをしています。

全体の需給見通しは「生産量は消費量を上回る見込み」。


出所:農林水産省大臣官房食料安全保障課国際需給動向把握担当

   米国農務省、7月10日(現地時間)
   2020/21年度の3回目の世界及び主要国の穀物・大豆に関する需給見通し


2019/20年度の穀物の生産量は消費量を上回る見込み


世界の穀物全体の需給の概要(見込み)
(1)生産量   27億3,034万トン(対前年度比 2.4%
(2)消費量   27億370万トン(対前年度比 2.0%増)
(3)期末在庫量 8億4,722万トン(対前年度比 3.2%
(4)期末在庫率 31.3%(対前年度差 0.4ポイント

 
《主な品目別の動向》
 
〈小麦〉
 世界の生産量は、EU や米国、ロシアでの冬小麦の減産により前月より下方修正されたものの、豪州やインドで増産となること等から、史上最高となる見通し。
 世界の消費量も EU で減少も、中国、インド等で増加し史上最高となる見通し。
 世界の生産量が消費量を上回り、期末在庫量は、中国、インドで積み増しされ、前年度より増加し、史上最高となる見通し

(1)生産量 7億6,931万トン(対前年度比 0.6%
豪州、インド、ロシア、中国、カザフスタン等で増加EU、ウクライナ、米国等で減少
(2)消費量 7億5,159万トン(対前年度比 0.5%
・中国、インド等で増加、EU等で減少
(3)期末在庫量 3億1,484万トン(対前年度比 6.0%
中国、インド等で増加、米国等で減少
(4)期末在庫率 41.9%(対前年度差 2.1ポイント


〈とうもろこし〉
 世界の生産量は、米国で 6 月の作付面積調査により収穫面積が下方修正されたものの、依然として生産量が史上最高となること等から史上最高となる見通し。
 世界の消費量は、前月より米国で飼料需要が下方修正されたが、前年度より増加すること等から前年度より増加する見通し。
 世界の生産量が消費量を上回り、期末在庫量は前年度より増加する見通し。 

(1)生産量 11億6,321万トン(対前年度比 4.5%増)
米国ブラジル、ウクライナメキシコ等で増加、南ア等で減少
 (前月に比べ米国で下方修正)
(2)消費量 11億6,012万トン(対前年度比  3.4%
米国、EU中国等で増加
 (前月に比べ米国で下方修正)
(3)期末在庫量 3億1,504万トン(対前年度比 1.0%増)
米国、ブラジル等で増加、中国等で減少
 (先月に比べ
米国、中国で下方修正)
(4)期末在庫率 27.2%(対前年度差 0.7ポイント増)

〈米(精米)〉
 
 世界の生産量は、タイと中国等で増加することから史上最高となる見通し。
 世界の生産量は消費量を上回り、期末在庫量は前年度より増加する見通し。

(1)生産量:5億263万トン(対前年度比 1.5%増)
タイ、中国等で増加
(2)消費量:4億9,847万トン(対前年度比 1.7%増)
・中国等で増加
(3)期末在庫量:1億8,583万トン(対前年度比 2.3%増
インド等で増加
(4)期末在庫率:37.3%(対前年度差 0.2ポイント

2.世界の大豆需給の概要(見込み)
 世界の生産量は、米国で6月の作付面積調査により収穫面積が上方修正されたこと等により増加しブラジル、アルゼンチンでも増産となることから史上最高となる見通し。
 一方、世界の消費量は、中国等で飼料需要が回復すること等により増加することから、前年度より増加する見通し。
 期末在庫量は前年度より減少する見通し。

(1)生産量 3億6,252トン(対前年度比 7.5%増)
米国、ブラジル、アルゼンチン等で増加
(2)消費量 3億6,356万トン(対前年度比 4.3%増)
・中国米国、アルゼンチン等で増加
(3)期末在庫量 9,508万トン(対前年度比 4.6%
米国等で減少
 (前月に比べブラジルで下方修正)
(4)期末在庫率 26.2%(対前年度差 2.5ポイント


ブログランキング・にほんブログ村へ
 

2020 梅雨の長雨~気が抜けてましたT_T

九州、東海での豪雨被害。

他人事とは思えず、なんとも言えない気持ちになっています。

九州は昨年のラグビーワールドカップで訪れで俄然、親近感も強くなり、かつご飯が美味しくて好きな土地です。

まだまだ予断を許しませんが、一日も早く落ち着いてくれることを祈ります。


さて、関東も梅雨の長雨が続き、まったく日照も確保できない状態。

出穂も始まっていますので、そろそろ日照が欲しいところです。

IMG_20200709_125233


4/23植えのふさこがね

写真は7/9のもの。

この分で行くと ふさこがね は8/20頃の刈り取りになりそうです。

IMG_20200703_115751_498


こちらは稲を縦に割ったもの。

真ん中の辺りに白い筆先のようなものが幼穂(ようすい)。

この写真は7/3のもの。

追肥の時期としてはバッチリだったのですが雨が降ってばかりで コシヒカリ までは手が回らなかったです。

さらに、追肥が終わってから最後の除草剤(ワイドアタックSC)が、なんとか撒けたな~、と思ったらまた雨。

前回、撒いたバサグラン(粒剤)も雨のせいで効果がほとんど出ず。

正直、気が抜けていたのもあって、タイミング良く撒けなかった、と反省。

もちろん、この雨の影響もあるのだけれど、だったら他のやり方もあったのじゃ無いのかと言うこと。

でもさ、梅雨の時期にこう毎回毎回あんなに強い雨が降るってのは勘弁して欲しいです。

結局、中干し期間中に地面が割れるところはほとんど無く、秋の刈り取りの時期に影響が出るのは間違いなし。

8月には暑くてかまわないから高く高く青い空が現れて下さいますように!!!



おまけ

IMG_20200712_104535


千葉名産の落花生(おおまさり)。

この後、花が落ちて地中に潜り込んでいき実を付けてくれます♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

【備忘録】2020/6 食糧需給の動き(出所:米国農務省)

備忘録として、世界の穀物需給についてアナウンスをしています。

全体の需給見通しは「生産量は消費量を上回る見込み」。


出所:農林水産省大臣官房食料安全保障課国際需給動向把握担当

   米国農務省、6月11日(現地時間)
   2020/21年度の2回目の世界及び主要国の穀物・大豆に関する需給見通し


2019/20年度の穀物の生産量は消費量を上回る見込み


世界の穀物全体の需給の概要(見込み)
(1)生産量   27億6,013万トン(対前年度比 3.6%
(2)消費量   27億842万トン(対前年度比 2.3%増)
(3)期末在庫量 8億7,253万トン(対前年度比 6.3%
(4)期末在庫率 32.2%(対前年度差 1.2ポイント

 
《主な品目別の動向》
 
〈小麦〉
 世界の生産量は、EU、ウクライナで生育期の乾燥により生産量が減少する一方、2年間干ばつが連続した豪州で生産量が回復することに加え、インドで生産量が史上最高となること等から、史上最高となる見通し。
 世界の消費量も中国、インド等で増加し史上最高となる見通し。
 世界の生産量が消費量を上回り、期末在庫量は前年度より増加し、史上最高となる見通し。

(1)生産量 7億7,343万トン(対前年度比 1.2%
豪州、インド、ロシア、中国、カザフスタン等で増加EU、ウクライナ等で減少
 (前月に比べインド、豪州で上方修正、EUで下方修正)
(2)消費量 7億5,319
万トン(対前年度比 0.6%
・中国、インド等で増加、EU等で減少
(3)期末在庫量 3億1,609万トン(対前年度比 6.8%
中国、インド、豪州等で増加
 (先月に比べインドで上方修正)
(4)期末在庫率 42.0%(対前年度差 2.4ポイント


〈とうもろこし〉
 世界の生産量は、米国で収穫面積の増加により生産量が初めて4億トンを上回ること等から史上最高となる見通し。
 世界の消費量は、米国でコロナウイルスの感染拡大による前年度のバイオエタノール向け及び飼料需要減から回復すること等から前年度より増加する見通し。
 世界の生産量が消費量を上回り、期末在庫量は前年度より増加する見通し。

(1)生産量 11億8,848万トン(対前年度比 6.7%増)
米国ブラジル、ウクライナメキシコカナダ等で増加、南ア等で減少
(2)消費量 11億6,351万トン(対前年度比  3.8%
米国中国、EU等で増加
(3)期末在庫量 3億3,787万トン(対前年度比 8.0%増)
米国、ブラジル等で増加、中国等で減少
 (先月に比べ中国で下方修正)
(4)期末在庫率 29.0%(対前年度差 1.1ポイント増)

〈米(精米)〉
 
 世界の生産量は、タイと中国等で増加することから史上最高となる見通し。
 世界の生産量は消費量を上回り、期末在庫量は前年度より増加する見通し。

(1)生産量:5億209万トン(対前年度比 1.6%増)
タイ、中国等で増加
(2)消費量:4億9,799万トン(対前年度比 1.7%増)
・中国等で増加
(3)期末在庫量:1億8,535万トン(対前年度比 2.3%増
インド等で増加
(4)期末在庫率:37.2%(対前年度差 0.2ポイント

2.世界の大豆需給の概要(見込み)
 世界の生産量は、米国で収穫面積の増加により増加し、ブラジル、アルゼンチンでも増産となることから史上最高となる見通し。
 一方、世界の消費量は、中国等で飼料需要が回復すること等により増加することから、前年度より増加する見通し。
 期末在庫量は前年度より減少する見通し。

(1)生産量 3億6,285トン(対前年度比 8.2%増)
米国、ブラジル、アルゼンチン等で増加
(2)消費量 3億6,174万トン(対前年度比 3.8%増)
・中国、アルゼンチン等で増加。
(3)期末在庫量 9,634万トン(対前年度比 2.9%
米国等で減少。
(4)期末在庫率 26.6%(対前年度差 1.8ポイント


ブログランキング・にほんブログ村へ
 
ブログランキング
ブログ村
  • ライブドアブログ