ファームさきくませ -くりやまさん家のコシヒカリ-

千葉県四街道市でコシヒカリを作っている水稲専業農家です。 日々のことを書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

近況報告

ご無沙汰いたしております。
今日は思いの外、雨が強くて種まきを予定していましたが見送り。

悔しい思いもあるのですが、そのおかげで事務仕事がはかどっています。
でも、全然終わらない・・・orz

後回し後回ししていたツケですね。
週明けには、役所に提出できそうです。 

H29年度スタート!

春になると、雨が降るわけで、今日はちょっとお休み。
とはいえ、雨が上がったらしごとしまっせ( ´▽`)

さてさて、最近のニュースは国会の話題がにぎやかです。
とはいえ、みている方にわかりやすい話ばかり。
ボクは農業新聞を購読しているのですけれど、農業新聞紙上では農政関係の話がかなりの紙面を割かれています。

その中で、そんなの出来るわけないよねと思っていることがありました。


平成55年度から日本国内の農業生産物を順次オーガニック化。
平成80年度には生産量ベースで9割をオーガニック農産物とする。


なんていう話がありました。

と こ ろ が 

今国会会期中に、超党派による議員連盟を中心として農政と総務、財務の省庁間で合意形成が出来たとの発表がありました。
それに伴い先々の農業補助金についても

オーガニック農産物の末端価格が高くなることを極力抑える為に、農業補助金の配分を価格対策に重点的に割り振る

そうです。
そして事務次官の方からは低成長が続いたとして

店頭価格は現状の2倍程度におさえたい

とのことです。

ボク自身は規模拡大を最優先としていました。
ですが、国の方からこのような指針が出た今となっては考え方を変える必要が出てきています。
もちろん各農薬メーカーもオーガニックで利用可能な薬剤や肥料を用意していますが、生産規模は経費の面からも縮小する必要があると思います。

もしかすると、農家で組合を作って海外に移住した方が良いのかも知れませんね。



※みなさん今日は4月1日ですよ~( ´▽`)


ブログランキング・にほんブログ村へ
 
  


 

【雑感】おにぎりが小さくなる!?日本農政のひずみ

今日の大雨でまたしばらく田んぼに入れなくなりました。
あと少しで畦塗りが終わって、5日ほどかけて最後の田起こしをして代掻きにのぞもうと思っていたのですが、ちょっとヤバそうです。

まぁ、なんとかしますよ。

さて、今日はちょっと気になった記事があったので、少し書かせて頂きます。

NHK NEWS WEB 記載の記事

 おにぎりが小さくなる!?日本農政のひずみ (H29/3/23

無題


内容としては

 ・店頭販売されているおにぎりが小さくなっている

 ・農家は消費者がもとめる米を作っていない

 ・消費者を無視する農業政策が間違っている

 
というようなものです。
個人的には非常に大きな違和感を抱いています。

この記事からは、

 牛の餌にするような米なんて作らないで、もっと安い米をドンドン流通させれば良いだろう。

というコトになると思います。 
そして、

 減反政策のような補助金による市場の歪みを作り出す政策は良くないのではないのか。 

というコトもあわせて出てくると思います。
でも、本当にそうなのでしょうか。

そもそも、なんで農業って助成金が必要なんだろう。
それって儲からないからだよね。

 じゃあ辞めれば良い。

でも、そうはいかないよ。
なんでかっていったら農業には特殊性があって、普通の商品とは違うから。
農作物って

 日本人の胃袋を満たすもの

でしょ。
国内である程度の生産を維持出来ないと、それはつまりボクたちの胃袋を満たすことが難しくなるかもしれないということ。
たとえば、食べ物を海外に頼ったときに、ボクたちの胃袋を満たす量を維持することが出来るのかというのが大きな問題になる。

現在、アジアの人口が多い地域に食料が集まっています。
それは経済成長が著しいからだし、人口増加もあってのこと。
そのため、海外に日本が農作物を求めたとして、ボクたちが求める種類と品質の農作物を安定的に確保することが出来るのかが不透明です。

一方で、日本国内では現状、どんどん農家がいなくなっています。
ボクの住んでいる地域でも、そりゃあ凄い勢いで農家は居なくなっています。
どうやったら、そんな中で農作物の生産を確保できるのか。
ものすごく厳しい状況に居ると思います。
だからこそ政策が必要とも言えるんです。

そしてもうひとつ、

 そんなにお米って高いですかね。

正直、こんなに安いものってあります?
1.5kgで大体600円程度。
それで20膳。

そもそも、お米の卸売価格は20年をかけて3分の2まで減少しています。
でも、おにぎりの価格って3分の2になっていますか。
スーパーで販売しているお米も3分の2になっていないですよね。

この問題って、お米の問題だけとはいえないと思います。
人件費や、設備費、米以外の材料費、それら全ての話でしょ。
それを無視して、米政策のみにスポットライトを当てていることに違和感を持ちます。

ただ、だからこそ思うんです。
米農家が弱いからこんなことになっているんじゃないのか。
バカにされているんだよ。
もっと強くなって、自分たちで価格交渉力を有して、市場への影響力を持つ。

小麦は米が消費を落としている中で消費を伸ばしている。
まだ日本人の胃袋は大きいんだから、やりようがある。
チャンスはあると思う。



ブログランキング・にほんブログ村へ
 
  
ブログランキング
ブログ村