ファームさきくませ -くりやまさん家のコシヒカリ-

千葉県四街道市でコシヒカリを作っている水稲専業農家です。 日々のことを書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

備忘録】2017/12 食糧需給の動き(出所:米国農務省)

備忘録として、世界の穀物需給についてアナウンスをしています。
精米付いては、北米等での作付面積の拡大等もあり需給は改善。


出所:農林水産省大臣官房食料安全保障課国際需給動向把握担当

   米国農務省、12月12日(現地時間)
   2017/18年度の8回目の世界及び主要国の穀物・大豆に関する需給見通し


2017/18年度の穀物の生産量は消費量を下回り、大豆の生産量は消費量を上回る見込み

世界の穀物全体の需給の概要(見込み)
(1)生産量   25億6,259万トン(対前年度比 1.7%減)
(2)消費量   25億7,695万トン(対前年度比 0.0%減)
(3)期末在庫量 6億4,138万トン(対前年度比 2.2%減)
(4)期末在庫率 24.9%(対前年度差 0.6ポイント減)

 
《主な品目別の動向》
 
〈小麦〉
 生産量は、米国で冬小麦の収穫面積が記録的な低水準になること等から減少、豪州でも東部の乾燥により減少するものの、ロシアで冬小麦・春小麦ともに作柄が極めて良好であることから史上最高、EU等でも増加が見込まれることから、世界全体では前年度を上回る見込み。
 消費量は、中国等で減少するものの、ロシア、インド等で増加が見込まれることから前年度を上回る見込み。
 世界全体の生産量は消費量を上回り、期末在庫率は前年度より上昇。
 なお、カナダでは、主産地の単収の上方修正により、生産量が前月から300万トン上方修正された。

(1)生産量 7億5,521万トン(対前年度比 0.2%増)
インド、ロシア、EU等で増加、米国、豪州、ブラジル等で減少
(前月に比べ、カナダ等で上方修正)
(2)消費量 7億4,212万トン(対前年度比 0.3%増)
・ロシア、インド等で増加、中国等で減少
(3)期末在庫量 2億6,842万トン(対前年度比 5.1%増)
・中国、ロシア等で増加、米国、豪州等で減少
(4)期末在庫率 36.2%(対前年度差 1.7ポイント増)

〈とうもろこし〉
 生産量は、米国、南アフリカ、中国、ブラジル、ウクライナ等で減少が見込まれることから、世界全体では前年度を下回る見込み。
 消費量は、中国、米国等で増加が見込まれることから前年度を上回る見込み。
 世界全体の生産量は消費量を下回り、期末在庫率は前年度より低下。

(1)生産量 10億4,475万トン(対前年度比 2.9%減)
米国、南アフリカ、中国、ブラジル、ウクライナ等で減少
(2)消費量 10億6,801万トン(対前年度比  0.5%増)
・中国、米国等で増加
(3)期末在庫量 2億408万トン(対前年度比 10.2%減)
米国等で増加、中国等で減少
(4)期末在庫率 19.1%(対前年度差 2.3ポイント減)

〈米(精米)〉
 生産量は、米国で作付期にアーカンソー州北東部及びミズーリ州南東部で洪水が発生、カリフォルニア州では土壌水分過剰により収穫面積が減少し、生産量が1997/98年度以来最低となること、インド等でも減少が見込まれることから、世界全体では前年度を下回る見込み。
 消費量は、インド、
中国等で増加するものの、米国、タイ等で減少が見込まれることから前年度を下回る見込み。
 世界全体の生産量は消費量を上回り、期末在庫率は前年度より上昇。
 
(1)生産量 4億8,347万トン(対前年度比 0.7%減)
・インド等で減少
(前月に比べ、中国等で上方修正)
(2)消費量 4億8,076万トン(対前年度比 0.1%減)
(3)期末在庫量 1億4,073万トン(対前年度比 2.0%増)
・中国等で増加、インド等で減少
(前月に比べ、中国等で上方修正)
(4)期末在庫率 29.3%(対前年度差 0.6ポイント増)
 

2.世界の大豆需給の概要(見込み)
 生産量は、米国で史上最高の収穫面積、中国でも収穫面積の拡大により増加するものの、ブラジル等で減少が見込まれることから、世界全体では前年度を下回る見込み。
 消費量は、
中国等で増加が見込まれることから史上最高となる見込み。
 世界全体の生産量は消費量を上回るものの、期末在庫率は前年度より低下。

(1)生産量 3億4,847万トン(対前年度比 0.8%減)
・米国等で増加、ブラジル等で減少
(2)消費量 3億4,472万トン(対前年度比 4.6%増)
・中国等で増加 
(3)期末在庫量 9,832万トン(対前年度比 1.8%増)
・米国等で増加、ブラジル等で減少
(4)期末在庫率 28.5%(対前年度差 0.8ポイント減)

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

競馬からお米まで農家の話す品種の話

おはようございます。
そろそろトラクターが入れられそうなので、試しにトラクターを田んぼに入れてみました。
ちょっとゆるめの田んぼでしたが、何とか入ることが出来ました。
今週はトラクター作業が本格化できそうです!

さて、先日の話になりますが、某所でお話をさせていただく機会がありました。
今回は 品種 のことをお話しさせていただきました。

received_1123548077782733

※これは、なぜか競艇について語っているところ。


農業の世界は品種という概念に随分と縛られています。
でも、それは特徴が画一的に現れることによりコストの低減が図れるからです。
縛られるから楽になるという感じですかね?

で、それが固定化とよばれるものです。
品種改良により、ある特徴を示す種だけを選りすぐって、その特徴が固定化するといったらいいですかね。

そして、20世紀に入る頃になるとメンデル法則から、雑種強勢というものが現れます。
F1なんて呼ばれているのですが、品種の違うものを掛け合わせると、それぞれの良いところが出るというやつです。
豚の世界では、一歩進めて三元豚ハイブリッド豚なんてのが出ています。

さらにもう一歩進めると、クローン技術が21世紀頃に登場しています。
これもすごいよね。
それでも、外見的には牛の模様が違うこともあるそうですが、白と黒の割合は変わらないとか。
ホント?

で、最後に遺伝子組み換えのコトについて考えました。
遺伝子組み換えについては、なんともいえません。

という感じで、質疑応答も含めてだいたい30分ぐらい話させていただきました。
おもしろかったのかどうか、ちょっと気になるところです^^;


received_1123548081116066

※デブだなオレ^^;



ブログランキング・にほんブログ村へ
 

勉強しなおし中

本日も野焼きをしていました。
が、午前中は農業事務所まで伺って、来期の作付、ならびに営農計画について相談をしてきました。

本年までは、年間の目標を 面積 においていました。
が、一応の目標が達成できましたので、来年からは 収穫量 が目標になります。

というわけで、かなりこまかく話をしてきました。
その中で、

 早期に播種を行い、葉齢4葉程度まで短い苗で成長させる。
 それを移植することによって分けつを早めることは出来ないか?

という話をしてみました。
ちょっと、かみ砕きますと

 田植えのことを移植といいます。
 
 そして、田植え後に葉っぱの数が7枚(7葉といいます)に達すると、茎が新たにつくられます。

 これを分けつといいます。

 分けつによって、茎数が増えるということは、稲穂の数が増えます。

 なので、分けつが促進されれば収穫量が増えます。

田植えが遅れることや、水の管理でトラブル可能性がぬぐえないので、早急に茎数を確保することができないかと思ってのこと。
でしたが、

 いや、それはダメだね。
 やっぱり2葉程度で早急に移植するのが一番いい。
 老齢苗だと、成長に問題がある。
 なので茎数の確保を目指すのなら逆に伸ばして2葉程度で植えること。

とバッサリorz
全然勉強が出来ていない・・・はぁ~。

というわけで、あらためて勉強し直しています。
やっぱり日々勉強ですね^^;

がんばりまっす!!


ブログランキング・にほんブログ村へ
 



ブログランキング
ブログ村